新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

オペラに足を踏み入れるきっかけに!超有名作『カルメン』の新春公演@新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

音楽、演劇、文学、美術、とあらゆる芸術が一体となったオペラ。だからオペラの劇場には、クラシック音楽好きはもちろん、読書好き、美術巡りが楽しみという人など、それぞれに楽しみをもった人たち集まる。

そして、高尚でとっつきにくいと思われがちなオペラの世界に、一歩足を踏み入れるきっかけとなるだろう超有名作の「カルメン」が、新春1月19日から、東京・初台の新国立劇場オペラパレスで上演される。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

オペラの人気作品に多いのが、魅力的なヒロインの人生をドラマチックに描いた“女性の物語”。誰もがその名を知るビゼーの「カルメン」は、その代表的な一作だ。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

スペインのセビリアを舞台に、魔性の女カルメンと軍人である伍長ホセの破滅的な愛を描いた物語「カルメン」の原作は、プロスペル・メリメの小説だが、小説よりオペラの方がはるかに有名になった。それは、エキゾチックで切れのいいビゼーの音楽が、多くの人を魅了したからに他ならない。

作曲家ジョルジュ・ビゼーは、36歳という短い生涯の中で17本のオペラの作曲をしたが、実は、生前には高い評価を受けなかった。この「カルメン」も例外ではなく、ウィーンで大成功を収めたのは、ビゼーの死から4か月後のことであったという。舞台で繰り広げられる物語の背景に、こんな作者の物語もある。そんな裏話を知ることも、オペラの楽しみのひとつと言えるかもしれない。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

新国立劇場での鵜山仁演出による「カルメン」は、スペインの香りに満ち満ちた正統派の舞台。カルメンの登場で歌われる「ハバネラ」や花形闘牛士エスカミーリョのバリトンが色気を放つ「闘牛士の歌」など、数々の有名曲によってドラマチックに展開していく。大迫力の大人数による合唱やエキゾチックなダンスの見せ場もあり、オペラの醍醐味を存分に味わうことができる満足度の高い舞台だ。

カルメン役は“ロシアの名花”と讃えられるエレーナ・マクシモワ。カルメンを得意とする彼女は、ミラノスカラ座やウィーン国立劇場など、世界の有名劇場でも高い評価を得ている。そして、情熱的な歌声と甘いマスクで人気のテノール、マッシモ・ジョルダーノが演じるドン・ホセの登場にも、期待が高まる。

新春のひとときを、日本を代表するオペラハウス新国立劇場で極上のオペラ「カルメン」を堪能する。全3幕の舞台、休憩時間にはゆったりとしたホワイエ(休憩、社交の場として使われるスペース)で、ジャンパンを楽しむのもいいだろう。

【新国立劇場2016/2017シーズンオペラ ジョルジュ・ビゼー『カルメン』[全3幕/フランス語上演 日本語字幕付]】
■公演日/2017年1月19日(木)~1月31日(火)
■会場/新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

※公演についての問い合わせ/電話03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
PAGE TOP