新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

オペラに足を踏み入れるきっかけに!超有名作『カルメン』の新春公演@新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

音楽、演劇、文学、美術、とあらゆる芸術が一体となったオペラ。だからオペラの劇場には、クラシック音楽好きはもちろん、読書好き、美術巡りが楽しみという人など、それぞれに楽しみをもった人たち集まる。

そして、高尚でとっつきにくいと思われがちなオペラの世界に、一歩足を踏み入れるきっかけとなるだろう超有名作の「カルメン」が、新春1月19日から、東京・初台の新国立劇場オペラパレスで上演される。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

オペラの人気作品に多いのが、魅力的なヒロインの人生をドラマチックに描いた“女性の物語”。誰もがその名を知るビゼーの「カルメン」は、その代表的な一作だ。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

スペインのセビリアを舞台に、魔性の女カルメンと軍人である伍長ホセの破滅的な愛を描いた物語「カルメン」の原作は、プロスペル・メリメの小説だが、小説よりオペラの方がはるかに有名になった。それは、エキゾチックで切れのいいビゼーの音楽が、多くの人を魅了したからに他ならない。

作曲家ジョルジュ・ビゼーは、36歳という短い生涯の中で17本のオペラの作曲をしたが、実は、生前には高い評価を受けなかった。この「カルメン」も例外ではなく、ウィーンで大成功を収めたのは、ビゼーの死から4か月後のことであったという。舞台で繰り広げられる物語の背景に、こんな作者の物語もある。そんな裏話を知ることも、オペラの楽しみのひとつと言えるかもしれない。

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

新国立劇場での鵜山仁演出による「カルメン」は、スペインの香りに満ち満ちた正統派の舞台。カルメンの登場で歌われる「ハバネラ」や花形闘牛士エスカミーリョのバリトンが色気を放つ「闘牛士の歌」など、数々の有名曲によってドラマチックに展開していく。大迫力の大人数による合唱やエキゾチックなダンスの見せ場もあり、オペラの醍醐味を存分に味わうことができる満足度の高い舞台だ。

カルメン役は“ロシアの名花”と讃えられるエレーナ・マクシモワ。カルメンを得意とする彼女は、ミラノスカラ座やウィーン国立劇場など、世界の有名劇場でも高い評価を得ている。そして、情熱的な歌声と甘いマスクで人気のテノール、マッシモ・ジョルダーノが演じるドン・ホセの登場にも、期待が高まる。

新春のひとときを、日本を代表するオペラハウス新国立劇場で極上のオペラ「カルメン」を堪能する。全3幕の舞台、休憩時間にはゆったりとしたホワイエ(休憩、社交の場として使われるスペース)で、ジャンパンを楽しむのもいいだろう。

【新国立劇場2016/2017シーズンオペラ ジョルジュ・ビゼー『カルメン』[全3幕/フランス語上演 日本語字幕付]】
■公演日/2017年1月19日(木)~1月31日(火)
■会場/新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

※公演についての問い合わせ/電話03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
  2. 【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門…
  3. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  4. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  5. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
PAGE TOP