新着記事

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

文/鈴木拓也

隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。

その1つが富士山の山頂と東側5kmほどの斜面。隣接する山梨県か静岡県かで長い間揉め、今は公式には「富士山の山頂付近については境界未定地」ということになっている。

もっとも、山梨県庁のホームページには「富士の国」というキャッチフレーズがあり、静岡県庁のホームページには「ふじのくに」とあって、両者とも一歩も譲らない。県民たちも、「富士山といえば山梨県側から見た姿。千円札の裏にも描かれているくらい美しい」(山梨県民)、「静岡側から見た富士山を表富士という。山梨側から見るのは裏富士。つまりB面」(静岡県民)などと対決姿勢をあらわにする。

こうした隣接する県同士の対抗心の数々をまとめたのが、10月に刊行された『犬猿県 絶対に負けられない県が、隣にいる!』(ワニブックスPLUS)だ。

本書では、「栃木VS茨城」、「千葉VS埼玉」、「岩手VS宮城」など、歴史的経緯もからんで容易に決着がつきそうもない、けれど、「絶対に負けられない」バトルが綴られている。

他県民からすれば「どっちだっていい」ものでも、県民性や名物自慢まで踏み込んで、読み応えは十分。以下、例を挙げよう。

■互いに張り合う栃木と茨城の共通のライバルは埼玉!?

栃木と茨城は、どちらも「北関東ナンバーワン」を自認していることから、様々な事柄についてライバル関係にあるという。

人口については、栃木は199万人に対し、茨城は296万人と明白な差がついている。が、栃木には世界遺産の日光東照宮を含む「日光の社寺」があり、「宇都宮の餃子」や「佐野ラーメン」といった食べ物自慢がある。それを言うなら、茨城には日本三大名園の偕楽園があり、有名な「水戸の納豆」があるという具合。

そして両県は、埼玉にも対抗意識を燃やしているというが、埼玉は埼玉で千葉を相手に、「1都3県の最下位をめぐる熾烈な争い」を繰り広げる。こちらは、長年東京のベッドタウンとして発展してきたせいか、「どちらが都会か」という尺度で争ってきたが、昨今は観光資源という軸が加わって、埼玉が押され気味のようだ。

■鳥取VS島根は「どっちもどっち」?

お互いをライバル視することでは、全国でもダントツなのが鳥取県と島根県。これは、都道府県別人口で最下位の2県(鳥取=57.5万人、島根=69.6万人)で、何かと地味な印象をもたれることが根底にあるらしい。

島根は、2011年から「自虐カレンダー」を発売。カレンダーには、「世界遺産があると言っても、信じてもらえない」、「また来るぜと言っていたバンドが二度と来ない」といった自虐性あるキャッチが載り、これがウケている。そして、都道府県で唯一スターバックスコーヒーのない鳥取は、「スタバはないけど日本一のスナバ(砂丘)はある」という鳥取県知事のダジャレが話題を呼ぶなど、ちょっとすねたアピール要素が取り上げられている。

もっとも、島根には国宝の出雲大社、世界遺産の石見銀山があり、鳥取には日本最大の砂丘や名物の豆腐ちくわがあるなど、なにも自虐しなくてもよさそうなものだが…

*  *  *

このほか、明治維新期の戦乱で遺恨がいまだにある熊本VS鹿児島、四国ナンバーワンの座を争う香川VS愛媛などが紹介されている。

県民性研究の第一人者である著者によれば、こうしたライバル関係は「DNAに染み込んでいる」と述べるが、少子化や封建的な価値観の消滅とともに「『敵対』『対立』という図式は少しずつゆるくなってきている」とも見る。そして、「対抗心をうまくコントロールしながら、新たな協力関係を作っていく」ことを期待している。

確かに、人口減少を迎えるこれからの時代、いがみ合うよりも仲良くする方が得策だ。一方で、酒の肴的にお国自慢をしながら隣県をちょっといじってみるのもアリだろう。そのネタ帳としても、本書はおすすめの1冊といえそうだ。

【今日の面白くてためになる1冊】
『犬猿県 絶対に負けられない県が、隣にいる!』
https://www.wani.co.jp/event.php?id=5991
(矢野新一著、本体896円税込、ワニブックスPLUS)
犬猿県 絶対に負けられない県が、隣にいる!

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  2. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  3. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  4. 失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』 40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」…
  5. 一日一文 英知のことば 平成最後の日に読みたい名言|『一日一文 英知のことば』
PAGE TOP