新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

大人同士だからこそ叶う「晩婚/シニア婚」の素晴らしい点3つ

文/鈴木拓也

日本人の晩婚化が止まらない。最近の人口動態統計を見ると、平均初婚年齢は男女ともに約30歳。世界で見てもかなり遅いほうだ。そして、50歳まで一度も結婚をしたことがない生涯未婚率も、男性は23%、女性は14%と上昇中。1980年代までは数%に過ぎなかったのだから、隔世の感がある。

ただ、少子化問題は別にして、晩婚はいちがいに悪いことではないと力説するのは、フリーライターの大宮冬洋さん。大宮さんも、32歳に結婚するも1年で破局、その後35歳で再婚した晩婚派(?)だ。

大宮さんは、出産・子育てを考えれば20代での結婚が正解と前置きしつつ、「人は何歳であっても結婚できる」と晩婚化の趨勢に前向きだ。これはなにも、一個人の体験から出た言葉ではなく、仕事を兼ねのべ1,600人以上の30~40代の独身男女と飲み交わし、晩婚カップル80人以上を取材した経験にもとづく、地に足のついた見解だ。

大宮さんが、著書の『人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方』(講談社)にて、晩婚の素晴らしい点として挙げているのは、以下の3点。いずれも、未熟さが否めない若い夫婦には、なかなか実現が難しいものだろう。

・支え合うけれど依存はしない
・現実を受け入れて変化を楽しむ
・お互いを尊重して機嫌よく生活できる

また総括的に以下のようにも語られている。

晩婚さんの穏やかな新婚生活は、思い描いていた「理想の結婚」とは違っても大丈夫だ。現実を受け入れながら心地よい環境を作っていける。見知らぬ土地に住む場合も大人の適応能力を発揮できたりする。

お互いに責任を感じるからこそ、仕事にも迷いなく取り組める。それぞれが一人暮らしのときよりも、はるかに豊かで安心な生活を送れる。 (本書64pより引用)

とは言うものの、「子どもは作らない」のか「不妊治療を受けてでも作る」のか、目の前に控えた老親の介護をどうするかなど、ヘビーな問題もあるのが「晩婚さん」。全てがバラ色に包まれた話ではないことにも留意は必要だ。

そして、それ以前の問題として、「30代半ばを過ぎてからの婚活ははっきり言って楽ではない」と大宮さんは釘を刺す。楽ではないながらも、晩婚に成功する人は成功するのだが、そういう人たちには「身ぎれいで爽やかな印象を受ける」、「笑顔が多くて感じがいい」、「主体的な努力を惜しまない」の共通点があるという。

なかでも最も重要なのが3つめの「主体的な努力を惜しまない」で、要するに積極的に婚活に励めるかどうかが、成否の分かれ目になるようだ。実際の話、大宮さんが取材した80人の「晩婚さん」のうち3割は、結婚相談所などを活用して相手を見つけている。

大宮さんは、晩婚を「35歳以上での結婚」と定義し、本書ではおおむねアラフォー世代のカップルの話を軸に展開しているが、それよりも一回り上の結婚についても1章を割いて論じている。

そこでは、「男女ともに相手に『若さ』を強く求める日本社会において、アラフィフ以降のいわゆる『シニア婚』のイメージは決して良くない」としつつも、63歳の文筆家と69歳の元大学教授が結婚した「阿川佐和子ショック」を引き合いにし、「いま、『シニア婚』への古臭いイメージが消えていくのを感じている」と所感を述べている。

阿川さんの結婚は「晩婚」「シニア婚」の暗いイメージを葬り、「人はいつでも愛し合って結婚ができる」という希望をもたらした。今後、日本社会でも大人同士の美しい恋愛と結婚が増えていく気がする。(本書199pより引用)

結婚相談所でも、今後のシニア婚の需要増加を見込んで、例えば「男性50歳以上、女性45歳以上」を条件に掲げるサービスが出てきている。結婚願望があるのなら、「もういい年だから」と憶する必要のない時代に突入していると言えそうだ。

【今日の人生を考えさせられる1冊】
『人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方』
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000211375
(大宮冬洋著、本体840円+税、講談社)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
  2. 「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できるこ…
  3. 世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ
  4. ポイントは「目線」ネコを可愛く撮影する秘儀をプロが伝授!
  5. おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ
PAGE TOP