新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「スコープにすぐ鳥を入れる」「鳥に近づく」|日本でただ1人のプロ・バードウォッチャーが教える「スゴ技」

文/鈴木拓也

プロのバードウォッチャーが教える、初心者がすぐに使えるテクニック

一説には「100万人はいる」とされる日本のバードウォッチング人口。言われてみれば、河川敷や公園で、双眼鏡を覗いている人をよく見かけるようになった。

高価な撮影機材が必要といった、バードウォッチングの敷居の高いイメージはひと昔前の話。今は、ちょっとした自然のある近場へ軽装で出かける、カジュアルなバードウォッチングがはやっている。日本野鳥の会やSNSを通じた初心者向けの集まりも充実しており、様々なガイドブックも書店に並んでいる。

そうしたガイドブックの中でもお役立ちなのが、11月刊行の『バードウォッチング&野鳥撮影スキルアップのコツ115 鳥説』(♪鳥くん/主婦の友社)。著者の“♪鳥くん”(本名は永井真人)は、日本でただ1人のプロバードウォッチャーで、1年の半分以上を野鳥観察の旅にあてるという、この道の第一人者。

本書は、類書とはまた異なった視点の、初心者も実践できるテクニックやコツが満載。幾つか紹介してみよう。

■スコープにすぐ鳥を入れるコツ

特に海上のように近くに目標物がない場合、スコープやカメラのファインダーに鳥の姿を入れるのに苦労しがち。

♪鳥くんのアドバイスは、「いつも同じ高さ、姿勢で入れる癖をつける」。

これだけで、鳥をスコープに入れる感覚を覚えられるという。

♪鳥くん自身は、身体を機材に対してまっすぐ向け、直立姿勢でレンズやファインダーが目の高さになるようにしているという。機材をより低い位置で構えるときも、「足を広げたり座ったりして」レンズやファインダーが目の高さになるように調整。
これを習慣化すれば、すぐに鳥を入れられるそうだ。

■鳥に近づくテクニック

鳥の警戒心をあおることなく近づけるかどうかは、バードウォッチングの大事なスキルの1つ。

本書でも、幾つかのテクニックが載っている。例えば、「さえずっているときこそ、近づくチャンス」と述べてあるのは、さえずり中の鳥は警戒心が緩むから。

また、「絶対におすすめのシンプル技」として取り上げられているのが、「しゃがむ」。これだけでも、立って近づく場合に比べ、鳥に近づける距離は倍になるという。

ついでに気をつけたいのは、しゃがんでバードウォッチングをしている人に話しかけようと、立ったまま急速接近すること。鳥だけでなく、その人のひんしゅくも買うことになるのでNGだ。

そして、「究極の技!」というのが「半眼で見る」。田畑に大きな目を模した鳥よけがあることからわかるように、鳥が気にするのは生き物の目。なので、薄目にするか、帽子のつばで目を隠しておくのは、鳥にうまく接近するテクニックになる。

薄目(半眼)あるいは帽子のつば越しに鳥を見るとより近づける

薄目(半眼)あるいは帽子のつば越しに鳥を見るとより近づける(本書26pより/イラスト:富士鷹なすび)

■寒さ対策はレイヤリングで万全に

冬のバードウォッチングは、寒さが辛いという問題があるが、♪鳥くんは「防寒具をしっかり着ていない場合が多く見受けられます」と指摘する。

♪鳥くんがすすめる寒さ対策は、次のようなものだ。

「上半身は、体にぴったりフィットしたインナーレイヤー(発熱・保温機能つきの下着など)を着て、(必要があれば次にシャツなどを着て)その上にミドルレイヤーの毛糸のセーターやフリース、またはネルシャツを着て、最後にアウターレイヤーとしてダウンを着ればばっちりです」(本書11pより)

下半身も同じく、インナーを2枚重ねにしてから防寒用のズボンを履き、靴下も重ね履きをしてハイカットで防寒性の高い靴を履く。頭部は、耳まで隠れる毛糸の帽子にネックウォーマーを着ける。

さらに、「温かい飲料やスープ、汁ものなどの食事」を事前に摂っておき、現地でも保温力のある水筒に入れたホットドリングを飲めるようにしておけば万全とも。

■巣から落ちた雛は拾わない

何かの拍子に巣から落ちて道ばたにいる雛を「拾ってはいけない」のは、経験のあるバーダーの間では常識。

持ち帰って保護したところで、雛に採食方法や飛び方は教えられず、結局死なせてしまうだけだと、♪鳥くんは説く。

もし、そんな雛を見つけた場合の正解は「見つけた場所近くのできるだけ安全な場所、たとえば葉の多い枝上や木の幹の上方の横枝に置く。あるいは、できれば巣を探して巣に戻す」。つまり、親鳥のもとに戻れるようにし、それが難しい場合はそのままにしておく。雛をずっと見ていると、親鳥が近づけないので、その点にも注意したい。

*  *  *

以上、本書の第1章「バーダーのためのコツ<基本編>」から、すぐに実践できるコツをピックアップした。残りの章では、船上バードウォッチング、野鳥の習性、撮影テクニックなど、初心者から一歩踏み出す内容が盛りだくさん。バードウォッチングはこれからという方から多少経験を積んでいる方まで、参考になる1冊に仕上がっている。

【今日の趣味を充実させる1冊】
『バードウォッチング&野鳥撮影スキルアップのコツ115 鳥説』
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b376133.html
(♪鳥くん著、本体1,480円+税、主婦の友社)
『バードウォッチング&野鳥撮影スキルアップのコツ115 鳥説』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六…
  2. R東日本 東京近郊路線図(車内掲出版) 最高峰は「JR東日本 東京近郊路線図」|「路線図」愛好家が教える…
  3. 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』
  4. 無理なく運動習慣が!|『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』 無理なく運動習慣が身につく!|『医師に「運動しなさい」と言われた…
  5. 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』
PAGE TOP