新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

短命家系なら繰り上げ受給もあり?みんなが知らない年金の話【大人のマネー指南3】

文/中山遥希

サライ世代の皆さんは「年金」というキーワードを聞くと不安になる方も多いのではないしょうか。いくら貰えるのか、いつから貰えるのか。厚労相が「年金は75歳から」と発言したことから「75歳にならないと年金がもらえない」と思い込んではいませんか?

「わからない」不安を払拭するためにも、今から正しい知識を身に着けておく必要があります。

まず、意外と知られていないのが、国民年金の受給時期は自分で調整できるということ。65歳からの受給が標準ですが、希望すれば時期を60歳からに早めたり、70歳からと遅くしたりすることができます。

受給開始を1カ月早めると貰える額が0.5%少なくなる

20歳から60歳までの40年間保険料を納めた場合、2018年度は779,300円の老齢基礎年金が受給できます。老齢基礎年金の受給開始にともなう額の増減を下表にまとめました。

受給開始は月単位調整できます。65歳より早める場合は月あたり0.5%(年6.0%)減額され、65歳より遅くする場合は月あたり0.7%(年8.4%)増額されます。表では簡易的に65歳での支給額に支給率をかけて計算しています。

年あたりで計算しますと、60歳になった時点で受給開始した場合は、本来の受給額の70%の支給額となります。一方70歳まで受給を遅くした場合は、本来の受給額の142%の支給額となります。受給額は一生支給され続ける金額となりますので、65歳を過ぎたとしても減額された金額が戻ってくることはありません。

繰り上げ受給すると金額以外のデメリットがある

繰り上げ受給すると金額が少なくなる一方で、早めに現金が受け取れるので、老後資金が準備しきれていない場合には貴重な収入源として重宝します。また、受け取り開始までにインフレが発生した場合にはお金の価値が下がってしまうので、なるべく早く現金を手に入れておくという経済学的視点のメリットもあります。また、老齢年金は亡くなるまで受給し続けられるので、家系に短命の親族が多ければ早めに受給してしまうのも一つの手だと言えます。

ではデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。以下にまとめます。

(1)障害基礎年金が請求できない

繰り上げ受給を開始した後に病気やケガによる障害が発生した場合には、障害基礎年金を受給することができません。またすでに受給していた場合でも老齢基礎年金の繰り上げ受給を開始すると障害基礎年金の支給が停止します。

(2)寡婦年金が受給できない
寡婦年金は夫を亡くしてしまった妻が65歳まで受け取れる年金ですが、その妻が繰り上げで老齢基礎年金を受給してしまった場合は支給が停止します。もし夫が老齢基礎年金を繰り上げで受給していた場合も妻は寡婦年金を受け取ることができません。

(3)65歳になるまで遺族厚生年金・遺族共済年金の併給ができない
配偶者に先立たれてしまい、遺族厚生年金・遺族共済年金(以下、「遺族年金」)を受給している状態で老齢基礎年金の繰り上げ受給をしてしまうと、65歳まで遺族年金の支給が止まります。

(4)国民年金の任意加入被保険者になれない
60歳の段階で40年の納付済期間がなく、老齢基礎年金が減額されることがわかっている場合には、60歳以降に国民年金に任意加入できます。しかし、繰り上げ受給を開始してしまうと、その時点で受給額が決まってしまうので任意加入することはできません。

年金の繰り上げ受給は緊急時の最後の手段

これまでお話ししてきたとおり、早く年金をもらいはじめると支給額が減額され、障害基礎年金や寡婦年金、遺族年金が受け取れないデメリットがあります。年金の繰り上げ受給は、60歳以降の生活費がどうしても足りないときなど緊急時の最後の手段としてとっておきましょう。

取材・文/中山遥希
銀行と証券会社でのプロとしての商品サービス企画経験と、自らの投資活動の経験とを通して、金融機関と消費者の双方の目線からマネーについての記事を執筆している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実は定期預金に近い「債券」知っておきたい選択基準は?【大人のマネ…
  2. 投資信託を選ぶときは「シャープ・レシオ」をチェック【大人のマネー…
  3. 「リバースモーゲージ型住宅ローン」で老後のお金と住まいの悩みを一…
PAGE TOP