新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの哀感【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

ラピュタ阿佐ヶ谷特集上映「鬼才・奇才・キ才 岡本喜八」より
江分利満氏の優雅な生活(昭和38年)
選・文/川本三郎

平凡な会社員の江分利満(小林桂樹・左)は、妻(新珠三千代・右)たちとの家庭生活を小説に書こうと決意する。(C)1963東宝

原作は、御存知、昭和三十七年下半期の直木賞を受賞した山口瞳の随筆風小説。『婦人画報』誌に連載されたもので、当時三十七歳の山口瞳は、まだ一冊も本を出していなかった新人。異例の受賞といっていい。

「江分利満(えぶりまん)」はevery manをもじっている。平均的なサラリーマンのこと。山口瞳は当時、寿屋(現在のサントリー)の宣伝部員だった。同僚には開高健がいた。江分利満はサラリーマンである自身をモデルにしている。

原作では、会社は架空の東西電機だが、映画でははっきりサントリーとしている。江分利満を演じるのは小林桂樹。『裸の大将』(昭和33年、堀川弘通監督)の山下清に続いて名演技を見せる。

江分利満の語りで進んでゆく。妻子のこと、両親のこと、会社のこと。戦後の混乱期に結婚し(妻は新珠三千代)、当初は苦労したが、高度経済成長期になると次第に暮しも落着いてくる。

東急東横線、元住吉駅近くの社宅に住む。二階建てのテラスハウス。庭もある。恵まれている。

ただ江分利満は、サラリーマン生活に疲れも感じている。若い社員についてゆけなくなっている。

事業に失敗し、多額の借金を抱えながら他人ごとのように安閑と同居している父親( 東野英治郎)には困り果てている。

「優雅」とは言えない小市民の暮しがユーモアを交え、日記風に描かれてゆく。

鬼才と評された岡本喜八だけにイラスト(山口瞳の同僚だった柳原良平)やストップモーションを取り入れているのは大胆。新婚夫婦の愛情を、下駄で表現する場面など意表を突く。

いつもは飄々としている江分利が、苦労の多かった母親(英百合子)が死に、その実直簡潔な遺書を読んで男泣きする場面は出色。

江分利は戦中派。戦争末期に兵隊に取られた。直木賞を受賞し、会社の若者たちが祝ってくれる。その席で酔い、戦中派の心情を吐露するのだが、二人の若い社員( 二瓶正也、小川安三)は白けてしまう。世代の差が哀しい。

岡本作品の常連の一人、砂塚秀夫演じるテキヤの口上がみごと。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『江分利満氏の優雅な生活』
昭和38年(1963)日本
監督/岡本喜八
原作/山口瞳
出演/笠小林桂樹、新珠三千代、東野英治郎、ジェリー伊藤ほか
上映時間/1時間42分

【上映スケジュール】
期間:上映中〜6月30日(土)
*上映日時は要問い合わせ
会場:ラピュタ阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐谷北2-12-21
JR中央線阿佐ヶ谷駅より徒歩約2分
電話:03・3336・5440

http://www.laputa-jp.com

※ラピュタ阿佐ヶ谷では6月30日(土)まで特集「鬼才・奇才・キ才 岡本喜八」を上映。卓越したアイディアや独特の映画術を駆使して描き出す、娯楽映画の粋を極めた喜八ワールドをご堪能になれます。

※この記事は『サライ』本誌2018年7月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご…
  2. 【インタビュー】今井恭司さん(写真家)「サッカーと歩んで半世紀。…
  3. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  4. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  5. 新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった
PAGE TOP