新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

骨が弱ると免疫も下がる!健康長寿と「骨」との知られざる関係【予防医療の最前線】

文/中村康宏

骨は体を支える骨格としての役割がありますが、実はその他にも2つの大きな役割を果たしているのをご存知でしょうか? 一つは「重力のセンサー」としての役割、もう一つは「免疫機能のコントロール」としての役割です。そしてこれらはともに、健康に長生きするためには欠かせないものなのです。

そこで今回は、人体にとって骨が果たしている、知られざる機能について紹介します。

*  *  *

実は、骨は生涯を通じて常に生まれ変わっています。骨には「骨芽細胞(骨を作る)」と「破骨細胞(骨を壊す)」の2つの異なる細胞が存在し、骨を壊した分だけ新しく作るという不思議な現象があります。そうして骨はいつも一定量に保たれているのです。

このバランスは、ホルモンや他の組織・細胞によって複雑に制御を受けて保たれています。このバランスが崩れると、骨粗しょう症といった骨折しやすい状態が発生するのです。

■骨は重力のセンサー

骨は体を支える骨格としての機能の他に、重力を感じるセンサーとしての役割もあります。その役割がわかる典型例は、宇宙飛行に伴う骨密度の減少です。

宇宙飛行を1ヶ月行うと、腕の骨の骨密度は変化しませんが、足の骨は骨密度が1.5%減少するといいます(※1)。これは実に、骨粗しょう症の10倍のスピードです。

つまり、もともと地上において重力による負荷があまりかからない上半身の骨については、宇宙飛行で重力が取り除かれた場合でも骨密度に及ぼす影響はわずかですが、いっぽうで重力の付加がかかっている下半身の骨は、重力負荷がなくなると著しい骨密度の減少をもたらすのです。このことから、骨は重力のセンサーとしての役割があることがわかります。

■骨は負荷をかけると強くなる

体を支える下半身の骨が上半身の骨と比較し大きく形成されます。このことから「重さ」が骨組織の形成に影響していることが分かります。さらに負荷をかけることで、骨量が増加することも実験的に知られています(※2)

しかも興味深いことに、運動の種類(骨にかかる負荷)の違いによって、アスリートの骨密度は異なるのです。バスケットボールやバレーボールの選手は、一般人と比較し骨密度が高いことが知られていますが、重力による負荷が少ない水泳選手は、筋肉量が多いにもかかわらず、骨密度は一般人と変わらないと報告されています(※3)

逆に、骨に負荷がかからないと骨は劣化します。長期の入院は、起立姿勢や歩行によって生じる骨への刺激を減らすため、宇宙環境にいるのと同様に骨量が減少します。それだけでなく、筋力低下も招くため、転倒しやすくなり、骨折での再入院率や寝たきりになる状態を著しく増加させる悪循環に陥ります。

そのため、運動不足・長期入院・寝たきり状態は、ともに健康寿命を短縮させる要因として臨床的に大きな問題となっているのです。

■骨と免疫は関係する

骨を作る「骨芽細胞」は筋肉や脂肪と同じ類の細胞ですが、骨を壊す「破骨細胞」は血液の細胞と親戚同士です。骨の代謝と免疫反応のメカニズムは共通するところが多いのです。

骨粗しょう症患者には免疫異常があるのではないかという仮説が20年も前から存在し、加齢による変化に加えて骨粗鬆症が免疫機能の低下に関与している可能性が指摘されていました(※4)。そして2000年代に、関節リウマチにおける骨破壊メカニズムが明らかにされたことで、骨と免疫系の関係がクローズアップされ「骨免疫学」という研究分野が誕生し注目を集めています。

■骨が弱ると免疫力が落ちる

さらに宇宙飛行士や寝たきり状態では、免疫不全(免疫力低下)が引き起こされることがわかっています。つまり、骨の「重力センサー」に刺激が入らないと、骨の異常だけでなく免疫異常や代謝異常も合併する可能性があるのです。

これを裏付けるように、近年の研究で、骨芽細胞や破骨細胞といった細胞が、骨髄の中にある造血幹細胞にも影響を与え、血液を作る細胞(幹細胞)のコントロールしていることが明らかになっています(※5)。さらに、リンパ球の免疫反応においても、骨芽細胞の関与が示唆されています(※6)

今回は骨が備えている「重力のセンサー」と「免疫機能のコントロール」という2つの役割について説明しました。骨が弱ると全身も弱ります。日々の重力や運動などの負荷が骨全体に張り巡らされた骨細胞を刺激することで、強い免疫と健全な骨格の保持が可能となるのです。

健康寿命を伸ばすための秘訣は「骨」にあります。運動を心がけて、健全な体を手に入れましょう。

【参考文献】
1.N Engl J Med 1994: 331; 1056-61.
2.Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 2003: 129; 889-93.
3.理学療法 2014: 41; 456-461.
4.日本老年医学界誌 1983: 20; 485-90.
5.Cell Stem Cell 2013: 12: 737-47.
6.J Bone Mine. Res 2012: 27; 1451-61.

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  2. もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう
  3. 5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ
  4. 医学的に見た「瞑想」|グーグルの福利厚生にも採用!その効果とは
  5. ため息のススメ|イライラ・不調を上手に逃がす秘訣は「ため息」だっ…
PAGE TOP