新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

西郷隆盛が贋札「西郷札」を発行した理由【西郷隆盛よもやま話4】

文/矢島裕紀彦

明治10年(1877)、鹿児島の私学校の生徒の暴発から、政府軍と薩摩軍との衝突が起こった。薩摩軍の大将の座には、かつぎあげられる形で西郷隆盛(さいごう・たかもり、1828-1877)がすわった。西南戦争である。

薩摩軍3万に対して政府軍は6万。装備の近代性にも格段の差がある。西郷らは次第に劣勢に追い込まれ、鹿児島を退却。熊本方面からさらに宮崎方面へと向かった。

このころには薩摩軍は軍資金にも窮するようになり、ついに独自の紙幣を贋造するに至った。これがいわゆる「西郷札」である。発行総額14万円余り。種類は10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭の6種だった。これを使って、必要な物品を調達しようとしたのだった。

中には「西郷さんの御札ならお守りにしたい」といって喜んでものを売る商人もいたが、それは一部のこと。もとより正式な紙幣ではなく、戦争終結のあと政府に補償を求めた商人らは、賊軍発行のものは認められないと一蹴されてしまったという。(※このあたりの話は、紀田順一郎著『明治事件簿』に詳しい。)

明治政府は一銭の価値も認めなかった西郷札だが、熱烈な西郷隆盛びいきには別の値打ちがある。また、歳月の経過とともに少しずつ骨董的価値も生じていった。

明治13年(1880)には、大阪で西郷札をめぐるちょっとした騒動も起こった。

徹底した西郷好きのある男が、難波の料亭で芸妓相手に西郷の話に花を咲かせていたところ、急に腹痛を覚え、薬屋に薬を買いに走らせた。その際、ついうっかりして秘蔵の西郷札を渡してしまった。あとでこのことに気がつき薬屋に赴いたが、薬屋もかねてからこれを欲しいと願っていた口。嬉しさの余り、神棚に上げて、御神酒とお菓子を備えている、返すことはできない、とはねつける。

大喧嘩の末、もとの持ち主の手元に西郷札が返るまで、幾日もの時間を要したという。

ちなみに、昭和26年(1951)になって、この「西郷札」をテーマに小説を書き、懸賞小説に応募した人物がいる。その人こそ、のちに社会派推理小説の大御所となる松本清張。西郷の贋札は、70余年の時を経て、日本の文壇史に意外な貢献をしていたのだ。

もちろん、西郷の波瀾にみちた生涯そのものが、海音寺潮五郎、司馬遼太郎、池波正太郎らの歴史小説に結実していることも、言うまでもない。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

※本記事は「まいにちサライ」2015年3月21日配信分を転載したものです。

【関連記事】
【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」
【西郷隆盛の名言】「日本中が雨漏りしている。わが家だけ直すわけにはいかぬ」
【西郷隆盛の名言】「人に推すに公事至誠を以てせよ」
西郷隆盛が説いた「人の上に立つ者が心すべきこと」とは【西郷隆盛の名言】
西郷隆盛の最後の戦いは372人vs.5万人という悲愴すぎる戦いだった
西郷隆盛の銅像が履いている「足半草履」の長所とは【西郷隆盛よもやま話5】
西郷隆盛が贋札「西郷札」を発行した理由【西郷隆盛よもやま話4】
西郷隆盛の本当の愛犬は薩摩犬ではなく洋犬だった!【西郷隆盛よもやま話3】
写真を一枚も残さなかった西郷隆盛の本当の顔は?【西郷隆盛よもやま話2】
西郷隆盛が犬との散歩を欠かさなかった理由【西郷隆盛よもやま話1】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」
  2. 【西郷隆盛の名言】「日本中が雨漏りしている。わが家だけ直すわけに…
  3. 【西郷隆盛の名言】「人に推すに公事至誠を以てせよ」
  4. 西郷隆盛が説いた「人の上に立つ者が心すべきこと」とは【西郷隆盛の…
  5. 西郷隆盛の最後の戦いは372人vs.5万人という悲愴すぎる戦いだ…
PAGE TOP