新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石100の言葉』が刊行された(宝島社刊)。おなじみ漱石先生の言葉がぎっしりつまった、珠玉の名言集である。

文豪・夏目漱石がその生涯に書き、そして語った100の名言が、「悩む」「励ます」「見通す」「生きる」という4つの章に分類されて収録されている。見開きごとに一つの言葉が収められ、ページを繰るごとに、読み手の心にしみこんでくる。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

「私は淋しい人間ですが、ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか」

「どうぞ偉くなって下さい。しかしむやみにあせってはいけません」

「叩いても駄目だ。独りで開けて入れ」

「落第のいっぺんくらいは心地よきものに候。ますます発憤しておやりなさるべく候」

「自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない」

「一人ぼっちは崇高なものです」

……などなど、人間心理と世間とを深く見通す漱石の言葉は、どれも悩める現代人にとって大いなる指針となるに違いない。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』
監修:矢島裕紀彦、宝島社刊
四六判並製、223ページ
定価:本体1000円+税
出版社による紹介ページはこちら

※ 矢島裕紀彦さんによる連載「日めくり漱石」の記事一覧はこちら

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 猫のつく古書店ばかり大集合!古本市「猫ノフルホン市」東京・雑司ヶ…
  2. 漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫で…
  3. 夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10
  4. 死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/…
  5. 入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/1…
PAGE TOP