新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石100の言葉』が刊行された(宝島社刊)。おなじみ漱石先生の言葉がぎっしりつまった、珠玉の名言集である。

文豪・夏目漱石がその生涯に書き、そして語った100の名言が、「悩む」「励ます」「見通す」「生きる」という4つの章に分類されて収録されている。見開きごとに一つの言葉が収められ、ページを繰るごとに、読み手の心にしみこんでくる。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

「私は淋しい人間ですが、ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか」

「どうぞ偉くなって下さい。しかしむやみにあせってはいけません」

「叩いても駄目だ。独りで開けて入れ」

「落第のいっぺんくらいは心地よきものに候。ますます発憤しておやりなさるべく候」

「自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない」

「一人ぼっちは崇高なものです」

……などなど、人間心理と世間とを深く見通す漱石の言葉は、どれも悩める現代人にとって大いなる指針となるに違いない。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』
監修:矢島裕紀彦、宝島社刊
四六判並製、223ページ
定価:本体1000円+税
出版社による紹介ページはこちら

※ 矢島裕紀彦さんによる連載「日めくり漱石」の記事一覧はこちら

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1964年を振り返り、2020年に思いを馳せる 東京オリンピックが舞台の小説ランキング 1964年を振り返り、2020年に思いを馳せる|東京オリンピック…
  2. 猫のつく古書店ばかり大集合!古本市「猫ノフルホン市」東京・雑司ヶ…
PAGE TOP