新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石100の言葉』が刊行された(宝島社刊)。おなじみ漱石先生の言葉がぎっしりつまった、珠玉の名言集である。

文豪・夏目漱石がその生涯に書き、そして語った100の名言が、「悩む」「励ます」「見通す」「生きる」という4つの章に分類されて収録されている。見開きごとに一つの言葉が収められ、ページを繰るごとに、読み手の心にしみこんでくる。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』 監修:矢島裕紀彦、宝島社刊

「私は淋しい人間ですが、ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか」

「どうぞ偉くなって下さい。しかしむやみにあせってはいけません」

「叩いても駄目だ。独りで開けて入れ」

「落第のいっぺんくらいは心地よきものに候。ますます発憤しておやりなさるべく候」

「自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない」

「一人ぼっちは崇高なものです」

……などなど、人間心理と世間とを深く見通す漱石の言葉は、どれも悩める現代人にとって大いなる指針となるに違いない。

『夏目漱石100の言葉 こころがふと軽くなる大文豪の人生訓』
監修:矢島裕紀彦、宝島社刊
四六判並製、223ページ
定価:本体1000円+税
出版社による紹介ページはこちら

※ 矢島裕紀彦さんによる連載「日めくり漱石」の記事一覧はこちら

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 猫のつく古書店ばかり大集合!古本市「猫ノフルホン市」東京・雑司ヶ…
  2. 漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫で…
  3. 夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10
  4. 死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/…
  5. 入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/1…
PAGE TOP