サライ.jp

酸化と糖化を防いでアンチエイジング

ふたつめが、老化の抑制、いわゆるアンチエイジング効果だ。
人間の肉体的な老化は、「酸化」と「糖化」が原因である。前者は、人間の蛋白質が大気中の酸素によって徐々に酸化することで、身体機能や形態を衰えさせる要因となる。抗酸化の研究は進んでおり、ビタミンEが効くということは広く知られている。アーモンドは、このビタミンEの含有量が他の食物と比較して突出している。

一方、後者の「糖化」については未解明な点が多く、世界中で競って研究されている。糖化の要因となる老化物質にAGE(※)がある。AGEは、体内で蛋白質と糖が結びつき、時間をかけて生成されるほか、食物から多く吸収される。一度蓄積されると減らすのはなかなか難しく、糖尿病やアルツハイマーと深い関わりがあることも判明している。

治験でアーモンドを5か月間食べ続けた男女8名は、AGEの平均値が半減した(左ページ右下グラフ参照)。これには井上教授も驚いたという。 「コーラや醬油、味噌などの茶色や黒い部分にAGEが含まれます。それらとアーモンドを一緒に食べると、ある成分がAGEに結合し、吸収させません。また、体内でAGEを生成させない働きもしています」

※Advanced Glycation Endproducts(終末糖化産物)の略。

食物繊維と良質脂肪が便秘解消に一役

3つめの効果が、便秘の解消だ。アーモンドの食物繊維は薩摩芋の約5倍。腸内の水分を含んだ食物繊維が便のかさを増し、脂肪分が便通を滑らかにする。その結果、便秘が改善されるという仕組みだ。

「男性でも、歳をとると代謝が悪くなり、便秘になる人が増えます。南瓜や薩摩芋を食べてもいいのですが、調理の手間がかかりますし、余計な炭水化物まで摂ってしまいます。食物繊維の摂取は大腸がんの予防にもなります。アーモンドならいつでもどこでも食べられて、コレステロールもゼロ。優秀な食材だと思いませんか?」

サラダのトッピングとしてナッツを振りかけると栄養バランスもよくなり、食感も楽しめる。井上教授は毎日25粒、食事と一緒、または食後のデザート代わりにナッツを食べることを推奨している。
「ただし、無塩のものにしてください。ナッツはカリウムが豊富なので、よく噛むと塩味を感じてきます。それがじつに味わい深いことを、皆さんに知ってほしいですね」

13456

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア