サライ.jp

文/川口陽海

自宅で出来る! 腰痛改善トレーニング 骨盤を安定させる大腿・殿部のトレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第40回】

・自宅で腰痛を改善することは十分可能
 
・効果的なのが骨盤を安定させるトレーニング
 
・誰でも簡単にできる殿筋、ハムストリング、内転筋のトレーニング 

新型コロナウィルスの流行により、外出もままならない状況が続いていますが、運動不足やストレスから腰痛がひどくなったりしていませんか?

運動不足やストレスにより筋力や体力が低下したり、血行が悪くなったりすると、痛みが悪化してしまうことがあります。

でも大丈夫!自宅で軽い運動をおこなうことで、腰痛を改善させることができます。

こんな時だからこそ、自宅で自分で腰痛を治していきましょう!

今回は、誰でも簡単にできて効果的な、骨盤を支える大腿・殿部のトレーニングをご紹介します。

前回、前々回の記事もぜひご覧ください。

腰痛・坐骨神経痛を自宅で改善!(その2)手軽に出来る3つの殿筋ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第39回】

腰痛・坐骨神経痛を自宅で改善! 自宅で出来る“殿筋ほぐし” 【川口陽海の腰痛改善教室 第38回】

骨盤を支える筋肉と腰痛

骨盤を支える筋肉はたくさんありますが、その中でも殿筋、ハムストリング、内転筋群などの筋力が弱くなったり、固くなったりすると腰痛の原因になることがあります。

殿筋とはお尻の筋肉のことで、大殿筋、中殿筋、小殿筋など、たくさんの筋肉があります。

ハムストリングとは太ももの裏側の筋肉で、大腿二頭筋、半腱半膜様筋などを言います。

内転筋群とは内ももの筋肉で、大内転筋、長内転筋、短内転筋などの総称です。

下の図は、右脚を後ろから見た際の筋肉の透視図です。

それぞれの筋肉がどのような配置にあるか、おおよそのイメージがわかりますでしょうか。

これらの筋肉は骨盤だけでなく、股関節や膝関節などを支えたり動かしたりする働きがあります。

しかしこれらの筋肉が弱くなると、骨盤や腰を十分に支えられなくなり、腰痛の原因となってしまいます。

また筋肉は様々な原因によりこり固まってしまうことがあり、これが長期間続くと、筋肉の中に発痛点“トリガーポイント”ができてしまいます。

この“トリガーポイント”も腰痛の大きな原因となります。

トリガーポイントについては本連載でもたびたび触れていますが、より詳しくお知りになりたい方は以下のページもご覧ください。

腰痛・坐骨神経痛のトリガーポイント治療

殿筋・ハムストリング・内転筋のトレーニング

殿筋、ハムストリング、内転筋のトレーニングは様々なやり方があります。

しかし腰痛がある場合、いきなり強い負荷のトレーニングをおこなうと、かえって症状が悪化してしまうことがあります。

腰痛などの慢性痛を改善する場合のトレーニングは、なるべく症状が悪化せず、安全におこなえるトレーニング法を選ぶ必要があるのです。

今回は、筆者の腰痛トレーニング研究所で指導している、誰でも安全に簡単にできるワイドスクワットトレーニングをご紹介します。

殿筋・ハムストリング・内転筋が強くなるワイドスクワット

ワイドスクワットは、殿筋、ハムストリング、内転筋が同時にトレーニングできる優れたトレーニング法です。

また、誰でも簡単にどこでもできて、膝など他の関節を痛める可能性が低く、安全におこなえます。

以下の画像を参考にやってみましょう。

自宅で出来る!腰痛トレーニングDVDより

足を広めに開き、つま先を45度くらいに外に向けます。
下腹を引っ込めるようにお腹を締めます。

膝に手を置くようにしながら腰を落とします。

できれば太ももが床と平行になるくらいまで腰を落とします。
そこまで落とすのが無理な場合は、膝が45度曲がるくらいまで頑張ってみましょう。

そこから腰を上げていきますが、内ももとお尻を締める力で戻るようにおこないます。

膝で踏ん張ってしまうと、殿筋、ハムストリング、内転筋に効きづらくなってしまいます。
内ももやお尻を意識して使うようにすると、それらの筋肉に効いてきます。

一動作をゆっくり5~10秒くらいかけ、はじめは1日に10~20回程度、慣れて来たら少しずつ回数を増やし、40~60回を目標に頑張ってみましょう。

はじめのうちは筋肉痛が出るかもしれません。その場合は1~3日に1回程度から様子を見て、徐々にトレーニング日数を増やしましょう。

※ご注意)
痛みのためにこの動作ができない、またはこの動作をおこなうと症状が悪化する時はやめてください。

これらのトレーニングをする前に、前回ご紹介した殿筋ストレッチや、前々回ご紹介した“殿筋ほぐし”などをおこなうとより効果的です。

腰痛・坐骨神経痛を自宅で改善!(その2)手軽に出来る3つの殿筋ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第39回】

腰痛・坐骨神経痛を自宅で改善! 自宅で出来る“殿筋ほぐし” 【川口陽海の腰痛改善教室 第38回】

こちらもぜひおこなってみてください。

また、拙著「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」が、全国書店にて発売となっています。

こちらでも腰痛を改善する方法を多数ご紹介しておりますので、お読みいただけると幸いです。

以下の記事でも様々な腰痛・坐骨神経痛改善エクササイズをご紹介しております。
ぜひお読みください。

腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰痛改善教室 第37回】

【腰痛・坐骨神経痛】痛みがある時に運動しても大丈夫? しない方が良い?【川口陽海の腰痛改善教室 第36回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 しつこい足の痛み・しびれを改善するには『すねの外側』をゆるめる【川口陽海の腰痛改善教室 第29回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】

文・指導/川口陽海
厚生労働大臣認定鍼灸師。腰痛トレーニング研究所代表。治療家として20年以上活動、のべ1万人以上を治療。自身が椎間板へルニアと診断され18年以上腰痛坐骨神経痛に苦しんだが、様々な治療、トレーニング、心理療法などを研究し、独自の治療メソッドを確立し完治する。現在新宿区四谷にて腰痛・坐骨神経痛を専門に治療にあたっている。著書に「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(発行:アスコム)」がある。

【腰痛トレーニング研究所/さくら治療院】
東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301
TEL:03-6457-8616
http://www.re-studio.jp/index.html

腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(健康プレミアムシリーズ)川口陽海(著/文) 永澤守(監修) 発行:アスコム

腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(健康プレミアムシリーズ)川口陽海(著/文) 永澤守(監修) 発行:アスコム

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア