サライ.jp

文/柿川鮎子

狂犬病を克服した日本だからこそできる、死の病との戦い方

死に至る病との闘いは、今にはじまったことではありません。目に見えない敵との闘いの歴史の中で、日本人が勝利をおさめた病気のひとつが、狂犬病です。世界では毎年約5万5000人が命を落としていますが、日本では1957年以降、国内での発症例はゼロに抑えられています(帰国者を除く)。日本は世界でたった8カ国しかない狂犬病清浄国として、死の病をコントロールすることに成功しています。

発症したら致死率は100%で、現在でも発症後の治療薬がない、恐ろしい狂犬病。先人たちの苦難の道のりを振り返ると、希望の光が見えてきます。歴史に学びつつ、病との戦いを勝利に導く手がかりを、さぐってみましょう。

■約4000年にも及ぶ人類と狂犬病の戦い

狂犬病ウイルスは犬、猫や野生動物など、感染した生物の唾液などから、人間の体内に侵入し、脳炎を引き起こします。強い神経症状から、水すら飲めなくなるので恐水病(症)、あるいは風にあたっても痛みを感じるので、恐風病(症)とも言われました。

現在、新型コロナウイルスの影響により、各地で狂犬病の集合接種が延期となっています。何となく、このまま接種しなくても良いと思ってしまいがちですが、狂犬病はある意味、新型コロナウイルスよりも恐ろしい病気でした。

狂犬病に関する最も古い記録は、紀元前1930年頃に発令された、エシュヌンナ法典です。有名なハムラビ法典(ハムラビ王在位紀元前1729~1686年)にも、狂犬病に関する罰則規定が載っています。狂犬病と人類の戦いの歴史は約4000年。約100年前までは原因不明の不治の病でした。

196・197条の「目には目を、歯には歯を」で有名なハムラビ法典

196・197条の「目には目を、歯には歯を」で有名なハムラビ法典

■狂犬病も新型コロナウイルスも海外から

日本で狂犬病に関する最も古い記録は717年に発布された「養老律令」で、「其(そ)れ狂犬(たぶれいぬ)有らば所在殺すことを聴(ゆる)せ」と書かれていました。藤原不比等(659~720年)らが養老2 (718) 年に制定した法律で、狂犬病の犬は殺処分すると定められていました。

大流行したのは享保17(1732)年、長崎の出島に上陸した狂犬病は九州全土に広まり、江戸から下北半島に至るまで猛威を振るいました。特に九州一帯の被害は甚大で、家畜や野生動物が死に絶え、見るも恐ろしい光景が広がっていたと伝えられています。

明治時代、横浜が開港され、来日した外国人が連れてきた猟犬から、狂犬病が再び大流行します。グローバル化が流行の背景にあった点は、今回の新型コロナウイルスによく似ています。

■狂犬病撲滅に貢献したコッホとパスツール

現在でも約9割が犬からの感染ですが、4000年前から、犬に咬まれて狂犬病になることは知られていました。ギリシャの哲学者アリストテレス(紀元前384~322年)は「動物誌」に「犬は3種類の病気にかかる。このうち狂犬病は狂気を起こし、咬まれた動物はヒト以外はみな狂気になる」と書いています。

身近な恐ろしい病気でしたが、それが目に見えない細菌やウイルスなどが原因であると証明したのが、細菌学者のロベルト・コッホ(1843~1910年)でした。

1885年にはルイ・パスツール(1822~1895年)が狂犬病ワクチンを開発します。ワクチンは狂犬病の予防と同時に、感染しても発症前の早期ならば、病気を抑えることができます。人類と狂犬病との戦いにとって、大きな前進でした。

パスツールの時代、犬に咬まれると、患者は鍛冶屋へ行き、焼けたアイロンで傷口を焼きました。パスツールは鍛冶屋の近くで皮なめし業を営んでいた家に生まれます。鍛冶屋が傷口を焼く時の悲鳴を聞きながら育った、と伝えられています。

パスツール研究所の正門の横には、羊飼いの少年、ジャンーバプテイスト・ジュピエが犬と戦う銅像が建っています。ジュピエは狂犬から5人の仲間の少年を救い、深い咬み傷を負っていました。パスツールは彼にできたばかりの狂犬病ワクチンを投与し、ジュピエの命を救ったのです。

■長崎病院の内科医・栗本東明とGHQのサムス

日本の狂犬病の歴史を変えたのが栗本東明とGHQのサムスでした(日本を狂犬病の清浄国にした二人のキーマンと無名の人々)。

1894~95年にかけて、長崎県全域に狂犬病が大流行しました。長崎病院内科医長だった栗本東明(本名亀五郎、1853~1921年)はパスツールの開発した方法で、ウサギの脳を使って狂犬病ワクチンを完成させ、62名に接種したところ、60名の命を救うことができました。

さらに徹底した感染ゼロの撲滅作戦を行ったのはクロフォード・F・サムス(1902~1994年)、米国陸軍軍医准将兼、GHQ公衆衛生福祉局長でした。

野犬を一掃させ、国民向けに「狂犬病撲滅」の大々的な広告・宣伝を実施。1950年には「狂犬病予防法」を制定し、現在も行われている犬の登録と予防接種の義務化がスタートしました。

そしてついに1956年、6頭の犬を処分したのを最後に、日本から狂犬病が一掃されました。以来、60年以上、海外からの帰国者を除いて、狂犬病は日本から姿を消したのです。

■病の克服には人々の協力が必須

わたしたち日本人は狂犬病を克服し、世界でも8カ国しかない狂犬病清浄国となりました。動物、特に犬からの感染を避けるために、法律で犬の予防接種を定め、犬の発症を抑えることで、ヒトを守る作戦が成功したのです。

病気の元を断つというやり方は、現在の新型コロナ対策で行われている感染源をたたくクラスター作戦に、少し似ている気がします。

犬の飼い主さんが狂犬病予防接種に協力し、毎年、コツコツ接種してきたからこそ、狂犬病の大流行を抑えることができています。飼い主さん一人一人の協力がなければ、国内感染者ゼロの名誉ある記録を守ることは不可能なのです。

新型コロナウイルスも同じで、一人一人が感染しないように努力することでしか、病気を防ぐ術はないように思われます。私達一人一人が予防することが、いかに大切か、狂犬病との闘いが教えてくれているような気がします。

狂犬病をコントロールした日本人が、新型コロナウイルスをコントロールできないはずがないと、私は信じています。マスクを着けずに犬と散歩ができる日を、必ず取り戻すことができるでしょう。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア