新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

片目だけに負担をかけるのは危険!気づきにくいクセが目を悪くする

shutterstock_150429548

前回の記事「実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリスト」では、目のはたらきの低下していないか、チェックしてみました。

しかし、目のはたらきが悪くなる原因には、間違った目の使い方をしている場合があります。

目は誰でも同じように使っているのではなく、実は利き手のように利き目があったり、それぞれにクセがあります。

以下のような方法で、目の使い方にクセがないか、チェックすることができます。

■目の使い方のクセをチェックする方法

 まず、両手を揃えて、親指の付け根が鼻につくようにします。

【近くを見る】

50センチほど離れた机やパソコンの画面の線など水平な線を目標にします。

【遠くを見る】

3メートル以上離れた家具やカレンダーの線など水平な線を目標にします。

i12

いかがでしたか?

遠くを見るときも、近くを見る時も左右の高さにズレがなければ、左右の目を上手く使っています。

左右の高さにズレがあったり、まばたきをするとき一瞬ズレたりする人は、左右どちらかの目に負担をかけている可能性があります。

■片目だけに負担がかかると出る支障

 どちらかの目だけに負担をかけ続けていると、目のはたらきが悪くなり、さまざまな支障がでてきます。例えば……

(1)本を読むとき、行を飛ばして、読んでしまう

(2)まっすぐな線を描けない

(3)文字を書く時に右肩上がりなど斜めになる

(4)階段を下りるときに転げ落ちそうな不安に駆られる

読んでいる行を飛ばしたり、階段を転げ落ちそうになったりするのは、目標物との距離感や立体感が正確でないことが原因と考えられます。

走り方や投げ方なら、他人と比較して使い方を間違えていることに気づくことができます。

しかし、普段の生活では使い方にクセがあってもズレを調整しながら見ているので、なかなか自分の間違った目の使い方に気付きません。

自分だけ見え方が違うなんて、考えたこともないですよね?

ましてや「目の使い方を間違えている」とも思ったことはないはずです。そのような気付きの遅れが目のはたらきを低下させてしまう原因のひとつなのです。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 衰えると事故につながやすい「動体視力」を高める3つの簡単トレーニ…
  2. 1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」
  3. 眼精疲労を防ぐ「目のピント機能」老化度かんたん診断
  4. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリ…
  5. 現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が…
PAGE TOP