サライ.jp

shutterstock_150429548

前回の記事「実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリスト」では、目のはたらきの低下していないか、チェックしてみました。

しかし、目のはたらきが悪くなる原因には、間違った目の使い方をしている場合があります。

目は誰でも同じように使っているのではなく、実は利き手のように利き目があったり、それぞれにクセがあります。

以下のような方法で、目の使い方にクセがないか、チェックすることができます。

■目の使い方のクセをチェックする方法

 まず、両手を揃えて、親指の付け根が鼻につくようにします。

【近くを見る】

50センチほど離れた机やパソコンの画面の線など水平な線を目標にします。

【遠くを見る】

3メートル以上離れた家具やカレンダーの線など水平な線を目標にします。

i12

いかがでしたか?

遠くを見るときも、近くを見る時も左右の高さにズレがなければ、左右の目を上手く使っています。

左右の高さにズレがあったり、まばたきをするとき一瞬ズレたりする人は、左右どちらかの目に負担をかけている可能性があります。

■片目だけに負担がかかると出る支障

 どちらかの目だけに負担をかけ続けていると、目のはたらきが悪くなり、さまざまな支障がでてきます。例えば……

(1)本を読むとき、行を飛ばして、読んでしまう

(2)まっすぐな線を描けない

(3)文字を書く時に右肩上がりなど斜めになる

(4)階段を下りるときに転げ落ちそうな不安に駆られる

読んでいる行を飛ばしたり、階段を転げ落ちそうになったりするのは、目標物との距離感や立体感が正確でないことが原因と考えられます。

走り方や投げ方なら、他人と比較して使い方を間違えていることに気づくことができます。

しかし、普段の生活では使い方にクセがあってもズレを調整しながら見ているので、なかなか自分の間違った目の使い方に気付きません。

自分だけ見え方が違うなんて、考えたこともないですよね?

ましてや「目の使い方を間違えている」とも思ったことはないはずです。そのような気付きの遅れが目のはたらきを低下させてしまう原因のひとつなのです。

1 2 3

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア