新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

眼精疲労を防ぐ「目のピント機能」老化度かんたん診断

shutterstock_223658050

前回の記事「片目だけに負担をかけるのは危険!実は普段気づきにくいクセが目を悪くする」では、目のはたらきが悪くなるのは目の間違った使い方が原因だとお話ししました。

そして目のはたらきが悪くなるもうひとつの理由に、老化があげられます。眼球運動やピント合わせを支えるのは筋肉であり、筋肉に指示を出すのは脳です。加齢とともに衰えるのは筋肉も脳も同じこと、なのです。

今回は、老化によって衰えやすい目のピント機能に着目してみましょう。

■目のピント合わせ機能をチェックしよう

すでに実感のある方も多いでしょうが、老化によって目に現れる症状が老眼です。

老眼は水晶体が弾力性をなくし、焦点合わせのためにはたらく毛様体筋が衰えることで、手もとが見えにくくなります。

視力がいい人も近視も遠視の人も45歳前後から老眼がはじまるとされ、現代ではスマホ老眼といった若者でも老眼になる現象が増えてきているので、若い人でも油断できません。

それでは自分のピント合わせの機能がどれくらい衰えてきているか、チェックしてみましょう。ふだんメガネやコンタクトレンズを使っている人は着用し、文庫本1冊を用意してください。

(1)文庫本を手にし、腕を伸ばして文字がはっきりみえる一番遠い距離で開きます。

(2)どれかひとつの文字にピントを合わせます。

(3)本を少しずつ近づけます。文字がわずかにボケはじめたところでストップ。

(4)本と目の距離が何センチか測ります。

この(4)で計った数字で100を割ります。20センチなら、5、10センチなら10、5センチなら20、これが目の調整量。片目ずつでもやってみます。

若い人ほど数値が大きくなり、40歳を過ぎると小さくなります。

若くても数値が悪い人はすでにピント合わせの機能が衰えているということですので、日々、私の眼球体操をするなどトレーニングが必要です。10以下であれば、日常生活では問題ないといえます。

■つらい眼精疲労も目のはたらきが原因

目のはたらきが低下すると眼精疲労がでやすくなります。

毎日仕事で苦しむ人が多い眼精疲労。少し休むとラクになるくらいならいいのですが、目の疲れがなかなかとれないと、体全体にさまざまな影響がでてきます。

頭が痛い、肩がこる、吐き気がする、全身の疲れが抜けない、朝起きるのがつらいなど目だけの問題では片付けられなくなってくるのがやっかいなところ。

目が疲れるのは、メガネの度数が合っていないとか、左右の視力にバラつきがあるとか、乱視だとか、緑内障や白内障といった目の病気を患っているなど、いろいろな理由が考えられます。

そして目のはたらきの低下も眼精疲労のもとになっているのです。

目のはたらきを支える筋肉も、体の筋肉がそうであるように使わなければ、硬くなるし、細くなります。

それだけ眼球の動きが鈍くなるのです。放っておくと、加齢とともに衰えるのですから、日頃から筋肉を維持するトレーニングが欠かせませんね。次回は基本の眼球体操をご紹介していきます。

 

文/庄司真紀
監修/松島雅美

 

指導/松島雅美(まつしま・まさみ)
1972 年、広島県に生まれる。京都女子大学大学院修士課程修了。 臨床心理士。メンタルビジョントレーニングスペシャリスト。一般社団法人国際メンタルビジョントレーニング協会代表理事。Je respire 株式会社代表取締役社長。精神神経科クリニックや教育機関などで、のべ20,000 人以上をカウンセリングしてきた実績がある。視覚機能とメンタル機能を同時に鍛えるアイパフォーマンスメソッドを日本ではじめて構築し、スポーツ選手や子どもなどのパフォーマンス向上に向けた取り組みを行っている。

 

【参考図書】
『1日5分でアタマとココロがすっきりする眼球体操』
(松島雅美・著、本体1,000円+税、セブン&アイ出版)

20160903_02

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 衰えると事故につながやすい「動体視力」を高める3つの簡単トレーニ…
  2. 1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」
  3. 片目だけに負担をかけるのは危険!気づきにくいクセが目を悪くする
  4. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリ…
  5. 現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が…
PAGE TOP