新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」

shutterstock_83222059

視力だけでなく、物を正確に見る力や瞬時に見極める力など、目のはたらきは多様。

この目のはたらきはひと昔前までは遺伝に左右されると考えられてきましたが、目の使い方のクセや老化が大きく影響されることがわかってきています。

今回は、目のはたらきを回復する簡単な基本の体操をご紹介します。効果は年齢に関係なく現れますから、何歳でも1日5分、毎日続けましょう。

眼球体操も、ダイエットや筋力トレーニングなどと同じように継続することが肝心です。

まずは、基本体操を毎日続けることから。基本体操は動きが悪くなっている眼球の筋肉をほぐし、衰えている筋肉を鍛えることで、眼球運動をスムーズにするのが目的です。

最初は動きを確認しながら行い、慣れてくると5分以内で終わるようになりますよ。

■1:ぎゅっとまばたき

この体操の目標は、5回×2セットです。

(1)目を少し強めにつぶります。

(2)目をつぶったまま、眼球をできるだけ大きく左右、上下、右回り、左回りに動かします。

(3)10回程度、少し涙が出るくらい強くまばたきします。

最後に目のまわりを骨に沿って軽く押しながらマッサージしましょう。

■2:追従性眼球運動

この体操の目標は、5往復×2セット。まず、視点を一点に固定したまま首を動かします。

(1)上下に動かします。

(2)左右に動かします。

(3)斜めに動かします。

(4)円を描くように動かします。

視点が動かないように、見る場所、見るものを決めておきましょう。

■3:跳躍性眼球運動

最後の体操も、目標は5往復×2セットです。まず、顔の前30センチくらいのところに両親指を立てて交互に見ます。

(1)左右を交互に見ます。

(2)上下を交互に見ます。

(3)斜めを交互に見ます。

(4)前後を交互に見ます。

最初はゆっくりでもいいので、指にしっかりピントを合わせてから、次の指を見るようにしてください。

*  *  *

目のはたらきを回復する簡単な基本の体操をご紹介しました。眼球体操では硬くなった目の筋肉をほぐし、どのような動きにも対応できる筋肉をつくっていきます。

しかし、腕立て伏せや腹筋運動などのように、いったんトレーニングを中断したら、それまでに得たものをすべて失ってしまうわけではありません。

自転車の乗り方をいったん覚えると、しばらく乗らなくてもまた乗れるように、一定期間トレーニングを続けると正しい目の使い方が身に付けられます。

ただし身についてしまっているクセを矯正し、目の基本動作の正しい使い方が身につくまでは数カ月かかる場合もあります。

クセが取り去られ、見え方が変わると、眼精疲労の軽減や物の見え方など、生活の中で成果が感じられることでしょう。

効果は年齢に関係なく現れますから、何歳でも1日5分、毎日続けましょう。

文/庄司真紀
監修/松島雅美

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 衰えると事故につながやすい「動体視力」を高める3つの簡単トレーニ…
  2. 眼精疲労を防ぐ「目のピント機能」老化度かんたん診断
  3. 片目だけに負担をかけるのは危険!気づきにくいクセが目を悪くする
  4. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリ…
  5. 現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が…
PAGE TOP