新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

santen2

スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのストレスがかかっているもの。しかし、目の違和感やトラブルを意識してはいても、なにか適切なアイケアをしているという方は、現実的に少ないのではないだろうか?

そんな現状を打開すべく、これまでにないユニークな動画がネットで公開された。参天製薬が製作した「立川らく朝のアイケア噺」がそれである。

この動画は、医学博士であり、落語家でもあるという立川らく朝師匠が、3本の小噺と落語動画によって、目の構造や、疲れ・乾きの原因、ケア方法などについて解説したもの。

従来のお堅い解説とは違い、落語家ならではの笑いがふんだんに盛り込まれているからこそ、リラックスしながら楽しく知識を得ることができる。

santen3

「私たちがものを見るというのは、外界の光を瞳に取り込んで、眼の奥で像を結んでいる状態、いわば眼がビデオカメラと同じ役割を果たしているんですね」

santen4

「涙というのはなんと三層構造でできているんです。これが絶妙な配合で瞳をうるおしているんですね」

santen5

「疲れ目は、休めば治る一時的な症状にすぎません。意識してまばたきの回数を増やすのも効果的なんですよ」

らく朝師匠の軽妙な語り口を楽しみながら、目についての基本のキが自然におさらいできるという、まさに目からウロコ、面白マジメなこの動画。早速、ご覧いただこう!

■第一回「ひとみのフシギ」

■第二回「見過ごさないで。目の乾き」

■第三回「疲れ目に注目!」

これを期に、大切な目の健康を維持する方法について、あらためて考えてみてはいかがだろうか。

【参考リンク】
「立川らく朝のアイケア噺」特設サイト: http://eye-rakugo.jp

取材・文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 糖尿病の血糖値コントロールに有効な「かんたん体操」のメニューとは…
  2. 内臓温度を上げて健康に!話題のスパイス「ヒハツ」の上手な食し方
  3. 冒険家・三浦雄一郎さんが教える「夏のトレッキング」注意点とおすす…
  4. 国循直伝の「マインド食+かるしおレシピ」で認知症を予防【名医に聞…
  5. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
PAGE TOP