新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

santen2

スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのストレスがかかっているもの。しかし、目の違和感やトラブルを意識してはいても、なにか適切なアイケアをしているという方は、現実的に少ないのではないだろうか?

そんな現状を打開すべく、これまでにないユニークな動画がネットで公開された。参天製薬が製作した「立川らく朝のアイケア噺」がそれである。

この動画は、医学博士であり、落語家でもあるという立川らく朝師匠が、3本の小噺と落語動画によって、目の構造や、疲れ・乾きの原因、ケア方法などについて解説したもの。

従来のお堅い解説とは違い、落語家ならではの笑いがふんだんに盛り込まれているからこそ、リラックスしながら楽しく知識を得ることができる。

santen3

「私たちがものを見るというのは、外界の光を瞳に取り込んで、眼の奥で像を結んでいる状態、いわば眼がビデオカメラと同じ役割を果たしているんですね」

santen4

「涙というのはなんと三層構造でできているんです。これが絶妙な配合で瞳をうるおしているんですね」

santen5

「疲れ目は、休めば治る一時的な症状にすぎません。意識してまばたきの回数を増やすのも効果的なんですよ」

らく朝師匠の軽妙な語り口を楽しみながら、目についての基本のキが自然におさらいできるという、まさに目からウロコ、面白マジメなこの動画。早速、ご覧いただこう!

■第一回「ひとみのフシギ」

■第二回「見過ごさないで。目の乾き」

■第三回「疲れ目に注目!」

これを期に、大切な目の健康を維持する方法について、あらためて考えてみてはいかがだろうか。

【参考リンク】
「立川らく朝のアイケア噺」特設サイト: http://eye-rakugo.jp

取材・文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  2. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
  3. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
  4. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  5. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
PAGE TOP