新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

実は国内きってのマグロ天国!沖縄・那覇で味わう「沖縄美ら海まぐろ」の贅沢【沖縄ぬちぐすい紀行6】

クロマグロの大トロ、中トロ、赤身の切り身を1パックに。それぞれの部位の美味しさを味わえます。

色鮮やかで、まるで熱帯魚のよう――沖縄の魚と聞くと、そんなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

実際、那覇市の牧志(まきし)公設市場に行っても、ターコイズブルーのようなイラブチャー(アオブダイ)、真っ赤なミーバイ(スジアラ)などが並んでいます。

ところが、沖縄県で最も多く漁獲されているのは、実は「まぐろ類」なのです。平成26年の魚種別漁獲量(沖縄農林水産統計年報)によると、全漁獲量のうち、まぐろ類が58.9%を占めています。

これらのまぐろは沖縄近海で獲れ、その約半数は那覇市で水揚げされています。沖縄県の県魚はグルクン(和名:たかさご)ですが、那覇市の市魚といえばまぐろ、というわけです。

沖縄・那覇市の泊漁港に水揚げされたまぐろ。この漁港の水揚げ量は1日平均で20トン、多いときには50トンに及び、そのうちまぐろが70%を占める。

沖縄・那覇市の泊漁港に水揚げされたまぐろ。この漁港の水揚げ量は1日平均で20トン、多いときには50トンに及び、そのうちまぐろが70%を占める。

この沖縄産まぐろの一大拠点となるのが、那覇市の泊(とまり)漁港にある市場『泊いゆまち』です。「いゆ」は魚、「まち」は市場の意味。まぐろ専門店を中心に、水産物仲卸業者の23店舗が軒を連ね、一般客でも買い物ができます。また、その日に水揚げされたまぐろを解体する処理室も併設され、時間が合えば、ガラス越しに見学することもできます。

仲買人で、この市場の広報担当もしている當山清伸(とうやま・きよのぶ)さんに話を伺いました。

「まぐろの水揚げ量では、まぐろ遠洋漁船の基地となる静岡県の焼津漁港が有名ですね。でも、それは船内で急速冷凍した冷凍まぐろが主となります。一方、冷凍しないまぐろの水揚げ量となると、和歌山県那智勝浦の勝浦漁港、宮城県塩竈市の塩釜漁港などが上位に挙げられます。

しかし、実際に漁場としている場所は沖縄周辺だったりするのです。案外知られていませんが、沖縄近海は日本有数のまぐろの漁場なのです。

沖縄はまぐろの漁場が近いので、その水揚げ量でも全国トップクラスを誇っています。漁船内で冷凍せずに、マイナス1℃のチルド状態で港まで運びます」

この當山さんの言葉通り、『泊いゆまち』には冷凍していない“生鮮まぐろ”がずらりと並んでいます。

『泊いゆまち』に入る23店舗の多くが、まぐろ専門店。売り切れ次第、店を閉める店もあるので、早めに行くことをお勧めします。

『泊いゆまち』に入る23店舗の多くが、まぐろ専門店。売り切れ次第、店を閉める店もあるので、早めに行くことをお勧めします。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国内旅行ランキング 2019年夏休みの国内旅行予約ランキング|6年連続で沖縄が1位!…
  2. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ
  3. タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行…
  4. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ
  5. 滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おと…
PAGE TOP