サライ.jp

クロマグロの大トロ、中トロ、赤身の切り身を1パックに。それぞれの部位の美味しさを味わえます。

色鮮やかで、まるで熱帯魚のよう――沖縄の魚と聞くと、そんなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

実際、那覇市の牧志(まきし)公設市場に行っても、ターコイズブルーのようなイラブチャー(アオブダイ)、真っ赤なミーバイ(スジアラ)などが並んでいます。

ところが、沖縄県で最も多く漁獲されているのは、実は「まぐろ類」なのです。平成26年の魚種別漁獲量(沖縄農林水産統計年報)によると、全漁獲量のうち、まぐろ類が58.9%を占めています。

これらのまぐろは沖縄近海で獲れ、その約半数は那覇市で水揚げされています。沖縄県の県魚はグルクン(和名:たかさご)ですが、那覇市の市魚といえばまぐろ、というわけです。

沖縄・那覇市の泊漁港に水揚げされたまぐろ。この漁港の水揚げ量は1日平均で20トン、多いときには50トンに及び、そのうちまぐろが70%を占める。

沖縄・那覇市の泊漁港に水揚げされたまぐろ。この漁港の水揚げ量は1日平均で20トン、多いときには50トンに及び、そのうちまぐろが70%を占める。

この沖縄産まぐろの一大拠点となるのが、那覇市の泊(とまり)漁港にある市場『泊いゆまち』です。「いゆ」は魚、「まち」は市場の意味。まぐろ専門店を中心に、水産物仲卸業者の23店舗が軒を連ね、一般客でも買い物ができます。また、その日に水揚げされたまぐろを解体する処理室も併設され、時間が合えば、ガラス越しに見学することもできます。

仲買人で、この市場の広報担当もしている當山清伸(とうやま・きよのぶ)さんに話を伺いました。

「まぐろの水揚げ量では、まぐろ遠洋漁船の基地となる静岡県の焼津漁港が有名ですね。でも、それは船内で急速冷凍した冷凍まぐろが主となります。一方、冷凍しないまぐろの水揚げ量となると、和歌山県那智勝浦の勝浦漁港、宮城県塩竈市の塩釜漁港などが上位に挙げられます。

しかし、実際に漁場としている場所は沖縄周辺だったりするのです。案外知られていませんが、沖縄近海は日本有数のまぐろの漁場なのです。

沖縄はまぐろの漁場が近いので、その水揚げ量でも全国トップクラスを誇っています。漁船内で冷凍せずに、マイナス1℃のチルド状態で港まで運びます」

この當山さんの言葉通り、『泊いゆまち』には冷凍していない“生鮮まぐろ”がずらりと並んでいます。

『泊いゆまち』に入る23店舗の多くが、まぐろ専門店。売り切れ次第、店を閉める店もあるので、早めに行くことをお勧めします。

『泊いゆまち』に入る23店舗の多くが、まぐろ専門店。売り切れ次第、店を閉める店もあるので、早めに行くことをお勧めします。

1 2 3

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア