新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工

千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや)』を経営する斎藤健次さんは、元まぐろ漁船のコック長だ。若き日にまぐろ漁船に乗り込み1770日の航海を体験している。斎藤さんが乗ったのは高知の遠洋漁業まぐろ延縄漁船。ミナミマグロを追って主に南半球を操業した。このときの乗船経験を『まぐろ土佐船』という本に上梓し、第7回小学館ノンフィクション大賞を受賞している。

そんな斎藤さんにまぐろ漁船流の、豪快なまぐろ料理を伝授してもらおう。

※この記事は『サライ』本誌2016年12月号の特集「旨きは“まぐろ”を畢竟とす」より一部転載しました。年齢・肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工)

斎藤健次さん/昭和22年、東京生まれ。昭和51年、まぐろ漁船に乗り込むために高知に赴く。以来、3度の遠洋航海を経験する。昭和59年、現在地にまぐろ料理店を開く。まぐろ漁船の体験を描いた『まぐろ土佐船』で第7回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

■まずは基本――サクの見方と刺身の切り方

まぐろのサクを見る場合は、色と形だ。鮮やかな赤色で、正確な四角形をしているものがよい。台形になっているのは尾に近い部分で、噛か み切れない筋がある場合がある。また表面がなめらかで、血の塊などがついていないこと、筋の入りが均等なことも目安になる。

パックされているサクは赤い水分(ドリップ)が出ていないか確認しよう。新鮮なまぐろのサクならドリップはほとんど出ない。半解凍のものがあればそれを選ぶようにしたい。

●赤身は右から平切りに
まぐろのサクを切る前にまな板の下に濡らして絞った布巾を敷くと、まな板が安定する。また切る前に手を水で冷やしておくとまぐろの味がおちない。赤身は右側から少し厚めに切る。

●中トロは左からそぎ切りに
中トロや大トロなど脂の強い部位はサクの左側から薄くそぎ切りにする。この部分は筋が多いので、筋を断ち切るように斜めに包丁を入れる。切り身を手で押さえて引くように切る。

ではいよいよ、このまぐろを使った料理をご紹介していこう。

■1:まぐろステーキ
――まわりだけ火を通し中は生に仕上げる

まぐろ1サクをバターで焼いて、ステーキにしようという贅沢な料理だ。まぐろは程よく脂の乗った中トロがお薦め。焼くといっても両面に焼き目がつく程度にし、バターと白ワインの風味をからませる。レモンを絞ってもいい。

焼き方は超レアが原則。バターと白ワインの風味が相まって、刺身とは全く違った味わいになる。冷えた辛口の白ワインと相性がよい。もちろん吟醸酒を合わせても美味しい。

【材料(2~3人前)】
まぐろ中トロ・・・1サク
舞茸・・・80g程度
バター・・・30g
白ワイン・・・50㏄
塩・・・適量
胡椒・・・適量
醬油・・・適宜

【作り方】

(1) フライパンを熱し、バター15gを入れ溶かす。バターが溶けたところで、まぐろを入れ、両面に焼き色がつく程度まで焼く。

(2)まぐろを取り出したフライパンにバター10gを入れ、ほぐした舞茸を炒める。炒めながら塩、胡椒を振り、最後に白ワインとバター5g、醬油で味を調える。

(3)焼いたまぐろを平切りにして、(2)の舞茸ソースを添える。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ
  2. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ
  3. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ
  4. 何だコレ!? マグロで有名な大間町で見つけた世にも珍しい「マグロ…
  5. 【口福みやぎ丸 第6回】気仙沼のメカジキ――刺身でも火を通しても…
PAGE TOP