新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工

千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや)』を経営する斎藤健次さんは、元まぐろ漁船のコック長だ。若き日にまぐろ漁船に乗り込み1770日の航海を体験している。斎藤さんが乗ったのは高知の遠洋漁業まぐろ延縄漁船。ミナミマグロを追って主に南半球を操業した。このときの乗船経験を『まぐろ土佐船』という本に上梓し、第7回小学館ノンフィクション大賞を受賞している。

そんな斎藤さんにまぐろ漁船流の、豪快なまぐろ料理を伝授してもらおう。

※この記事は『サライ』本誌2016年12月号の特集「旨きは“まぐろ”を畢竟とす」より一部転載しました。年齢・肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工)

斎藤健次さん/昭和22年、東京生まれ。昭和51年、まぐろ漁船に乗り込むために高知に赴く。以来、3度の遠洋航海を経験する。昭和59年、現在地にまぐろ料理店を開く。まぐろ漁船の体験を描いた『まぐろ土佐船』で第7回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

■まずは基本――サクの見方と刺身の切り方

まぐろのサクを見る場合は、色と形だ。鮮やかな赤色で、正確な四角形をしているものがよい。台形になっているのは尾に近い部分で、噛か み切れない筋がある場合がある。また表面がなめらかで、血の塊などがついていないこと、筋の入りが均等なことも目安になる。

パックされているサクは赤い水分(ドリップ)が出ていないか確認しよう。新鮮なまぐろのサクならドリップはほとんど出ない。半解凍のものがあればそれを選ぶようにしたい。

●赤身は右から平切りに
まぐろのサクを切る前にまな板の下に濡らして絞った布巾を敷くと、まな板が安定する。また切る前に手を水で冷やしておくとまぐろの味がおちない。赤身は右側から少し厚めに切る。

●中トロは左からそぎ切りに
中トロや大トロなど脂の強い部位はサクの左側から薄くそぎ切りにする。この部分は筋が多いので、筋を断ち切るように斜めに包丁を入れる。切り身を手で押さえて引くように切る。

ではいよいよ、このまぐろを使った料理をご紹介していこう。

■1:まぐろステーキ
――まわりだけ火を通し中は生に仕上げる

まぐろ1サクをバターで焼いて、ステーキにしようという贅沢な料理だ。まぐろは程よく脂の乗った中トロがお薦め。焼くといっても両面に焼き目がつく程度にし、バターと白ワインの風味をからませる。レモンを絞ってもいい。

焼き方は超レアが原則。バターと白ワインの風味が相まって、刺身とは全く違った味わいになる。冷えた辛口の白ワインと相性がよい。もちろん吟醸酒を合わせても美味しい。

【材料(2~3人前)】
まぐろ中トロ・・・1サク
舞茸・・・80g程度
バター・・・30g
白ワイン・・・50㏄
塩・・・適量
胡椒・・・適量
醬油・・・適宜

【作り方】

(1) フライパンを熱し、バター15gを入れ溶かす。バターが溶けたところで、まぐろを入れ、両面に焼き色がつく程度まで焼く。

(2)まぐろを取り出したフライパンにバター10gを入れ、ほぐした舞茸を炒める。炒めながら塩、胡椒を振り、最後に白ワインとバター5g、醬油で味を調える。

(3)焼いたまぐろを平切りにして、(2)の舞茸ソースを添える。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  3. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  4. 粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR…
  5. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ
PAGE TOP