新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

明治生命館

現在の明治生命館。

昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的な名建築だ。

設計者の岡田信一郎(1883〜1932)は、病弱で一度も海外旅行をしたことがなかった。にもかかわらず、ギリシャ神殿と見まがうばかりの質の高いビルを造り出してしまった。そこには岡田の卓越した力量を見て取ることができる。

Okada_Shinichiro's_Portrait_from_Kenchiku_Zasshi-No289

岡田信一郎(1883年-1932年、建築家)

さて、「明治生命館」はコンペで岡田の案が採用された。当初は、「三菱二号館」の西側にビルを建設する予定だったが、岡田の提案で「二号館」を取り壊して大規模なビルとすることになった。この「二号館」を設計したのが、コンペの審査員であり、明治建築界を代表する曾禰達蔵であった。しかも曾禰は岡田の師匠にあたる。

岡田は建設に際して曾禰に直談判し、許しを得たという。この「二号館」も、現存していれば重要文化財級の建築で、曾禰の代表作と呼ぶに相応しい名作であった。曾禰にとってもお気に入りの作品であったに違いないが、許可を出したところに、岡田との強い信頼関係がうかがえる。彼の才能を高く評価してのことだったろう。

そんな経緯があるから、岡田にとっても一世一代の大プロジェクトであったに違いない。しかし、「明治生命館」の建設が始まると、程なくして岡田は病に倒れる。毎日、現場の様子を8ミリビデオで撮影させ、病棟から指示を出し続けていたが、ついには完成を見ることなく亡くなってしまった。いま見ることができる「明治生命館」は、岡田の意志を受け継いだ弟の岡田捷五郎らが中心となって完成させたものなのである。

「明治生命館」は岡田の遺作であるとともに、日本を代表する様式建築のひとつである。館内外を見て回ると、細部にわたるまで抜かりないデザインが施され、目を奪われる。

「取り壊すからには、それを超えるものを造る」と情熱を抱き、そして病と闘いながら創作へ執念を燃やした岡田の、魂の結晶といえる傑作なのだ。

文・写真/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県出身のフリーライター。『サライ』では旅行、建築、歴史などの分野を中心に執筆中。47都道府県を取材やプライベートで歩き回った経験を生かし、各地にある歴史的な史跡や魅力的な建築などを紹介していきます。

サライ2016年7月号の大特集は、「和魂洋才の『東京』」です。日本橋を歩き、近代建築を訪ね、洋食に舌鼓を打ちます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大…
  2. 東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟
  3. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  4. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  5. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
PAGE TOP