新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー【私のお気に入り121】

ぽん多;ポークソテー_s

明治38年創業の「ぽん多 本家」(東京・上野)は、カツレツ(とんかつ)の生みの親の洋食店として有名です。もともとは西洋料理の“コートレット”(cotelette)が訛って“カツレツ”となりました。

「ぽん多」は、今では東京のとんかつの名店として名を馳せていますが、洋食屋の老舗でもあり、魚介のフライやシチューもお得意です。

ぽん多;はしら1_s

きす、あなご、小柱などはてんぷらに欠かせないてん種ですが、「ぽん多」はこれらもフライに仕立てます。てんぷらは薄い衣を通して、油と魚の水分を交換するわけですが、フライは小麦粉、卵、パン粉で衣を作り、素材をしっかりとガードします。揚げながら、蒸しているわけですね。ですから、てんぷらより、身がジューシーに仕上がっています。

なかでも、小柱は軽めに火が入って甘く、フライならではの味わいが楽しめます。

ぽん多;はしら2_s

小柱ばかりか、予約でお願いしておけば、平貝、しゃこなどもフライにしてくれます。これらの魚介を前菜とすると、この後の主菜がカツレツでは、揚げ物が続いてしまいます。

そんな時に注文するのが、冒頭写真の「ポークソテー」です。下拵えで、豚肉ロースの脂身を徹底的に落としたあと、ソテーにします。肉汁がたっぷりで、豚肉の香りが立ち昇り、カツレツとは全く違った傑作です。

「ぽん多」でカツレツを何度も召し上がられた方に、お勧めのメニューです。一人ではなかなか食べきれませんので、仲間を誘って出かけてみてください。

ぽん多;看板_s

【ぽん多 本家】

住所/東京都台東区上野3-23-3
TEL/03-3831-2351
営業時間/[火~土]11:00~14:00(L.O.13:45) 16:30~20:00(L.O.19:45)
[日・祝]11:00~14:00(L.O.13:45) 16:00~20:00(L.O.19:45)
定休日/月曜(祝日の場合は火曜休)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本独自の「洋食」を味わうならココへ!東京の「老舗洋食店」9軒の…
  2. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  3. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  4. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  5. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
PAGE TOP