サライ.jp

ぽん多;ポークソテー_s

明治38年創業の「ぽん多 本家」(東京・上野)は、カツレツ(とんかつ)の生みの親の洋食店として有名です。もともとは西洋料理の“コートレット”(cotelette)が訛って“カツレツ”となりました。

「ぽん多」は、今では東京のとんかつの名店として名を馳せていますが、洋食屋の老舗でもあり、魚介のフライやシチューもお得意です。

ぽん多;はしら1_s

きす、あなご、小柱などはてんぷらに欠かせないてん種ですが、「ぽん多」はこれらもフライに仕立てます。てんぷらは薄い衣を通して、油と魚の水分を交換するわけですが、フライは小麦粉、卵、パン粉で衣を作り、素材をしっかりとガードします。揚げながら、蒸しているわけですね。ですから、てんぷらより、身がジューシーに仕上がっています。

なかでも、小柱は軽めに火が入って甘く、フライならではの味わいが楽しめます。

ぽん多;はしら2_s

小柱ばかりか、予約でお願いしておけば、平貝、しゃこなどもフライにしてくれます。これらの魚介を前菜とすると、この後の主菜がカツレツでは、揚げ物が続いてしまいます。

そんな時に注文するのが、冒頭写真の「ポークソテー」です。下拵えで、豚肉ロースの脂身を徹底的に落としたあと、ソテーにします。肉汁がたっぷりで、豚肉の香りが立ち昇り、カツレツとは全く違った傑作です。

「ぽん多」でカツレツを何度も召し上がられた方に、お勧めのメニューです。一人ではなかなか食べきれませんので、仲間を誘って出かけてみてください。

ぽん多;看板_s

【ぽん多 本家】

住所/東京都台東区上野3-23-3
TEL/03-3831-2351
営業時間/[火~土]11:00~14:00(L.O.13:45) 16:30~20:00(L.O.19:45)
[日・祝]11:00~14:00(L.O.13:45) 16:00~20:00(L.O.19:45)
定休日/月曜(祝日の場合は火曜休)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア