新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

編集部員が乗って検証!クルーズ旅はシニア世代に本当に向くのか?【ダイヤモンド・プリンセス<横浜~釜山~長崎~横浜>5泊6日の旅・1】

ダイヤモンドプリンセス号。写真は長崎停泊中のもの。

ダイヤモンド・プリンセス。写真は長崎停泊中のもの。

サライ編集部のYです。豪華クルーズ船での旅が、日本でもメジャーになってきています。時間とお金に余裕のできたシニア世代こそ、クルーズ旅行の主たる客層と言われますが、なにしろ慣れない船上。本当に、シニア世代に向くのか。実際に乗って、検証してきました。

今回筆者が乗船したのは、プリンセス・クルーズ社のダイヤモンド・プリンセス。三菱重工長崎造船所で建造された、英国船籍の大型客船です。横浜を出港して、韓国釜山に上陸。長崎に立ち寄って、横浜に帰港する、5泊6日の旅です。

乗船初日は、出港する横浜の大さん橋国際客船ターミナルに向かいました。

ターミナルに近づくと、停泊中の船の大きさに圧倒されます。18階建てで、全長は約290メートル、総トン数は約11万6,000トン。

レストラン、シアター、カジノ、プールなどを備える。

レストラン、シアター、カジノ、プールなどを備える。

乗船には、出国手続きが必要になります。当然パスポートは必須。出国審査自体は国際空港のものとほぼ同じです。とはいえ、航空機よりかなりスムーズな印象。この日の乗船客は、満員の約2700人。ちなみに客室は1353室あります。

筆者の場合、荷物は、着替えやフォーマルスーツなど、大きいスーツケースいっぱいになりましたが、乗船前に、ターミナルでスーツケースを預けると、その日の夕方までに部屋に運び込んでくれます。最低限必要な手荷物以外は、預けてしまうと便利です。

筆者の部屋は、海側バルコニー付き。バルコニーには、デッキチェアとテーブルがあり、日がな一日海を眺めることができます。シャワールームもあり、アメニティも一通り揃っています。船内はバリアフリーのため、車椅子の人も快適に過ごせます。

クローゼットには、スリッパとふかふかのバスローブが備わり、大型テレビでは、NHKBSのほか、各種映画を無料で見ることができます。

P17_DI_15_JP_Cabin_1802

軽食や飲み物などルームサービスを頼むこともできる。

軽食や飲み物などルームサービスを頼むこともできる。

船内の会計は、クルーズカード(ルームキーや身分証明と船内でのクレジットカードを兼ねる)1枚で済みます。財布やクレジットカードなどの貴重品は、部屋の金庫にしまっておけば安心です。

さて、気になるクルーズ料金ですが、今回のツアーでは、8万7,300円~52万2,000円。主に、部屋のグレードで価格が異なりますが、海の見えるバルコニーで15万円前後となります。アルコール飲料や有料のレストランやスパ、各種チップと通信料金以外は全てこの中に含まれます。

ちなみに筆者の、全日程でのクルーズ料金以外の支出は、71.62ドルと日本円で8000円未満でした。お酒が大好きな筆者ですので、通常はもっと少なくて済むかもしれません。

さて、次回は、船内生活を詳しくレポートします。

プリンセス・クルーズ(www.princesscruises.jp)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  2. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  3. 上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP