新着記事

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

編集部員が乗って検証!クルーズ旅はシニア世代に本当に向くのか?【ダイヤモンド・プリンセス<横浜~釜山~長崎~横浜>5泊6日の旅・1】

ダイヤモンドプリンセス号。写真は長崎停泊中のもの。

ダイヤモンド・プリンセス。写真は長崎停泊中のもの。

サライ編集部のYです。豪華クルーズ船での旅が、日本でもメジャーになってきています。時間とお金に余裕のできたシニア世代こそ、クルーズ旅行の主たる客層と言われますが、なにしろ慣れない船上。本当に、シニア世代に向くのか。実際に乗って、検証してきました。

今回筆者が乗船したのは、プリンセス・クルーズ社のダイヤモンド・プリンセス。三菱重工長崎造船所で建造された、英国船籍の大型客船です。横浜を出港して、韓国釜山に上陸。長崎に立ち寄って、横浜に帰港する、5泊6日の旅です。

乗船初日は、出港する横浜の大さん橋国際客船ターミナルに向かいました。

ターミナルに近づくと、停泊中の船の大きさに圧倒されます。18階建てで、全長は約290メートル、総トン数は約11万6,000トン。

レストラン、シアター、カジノ、プールなどを備える。

レストラン、シアター、カジノ、プールなどを備える。

乗船には、出国手続きが必要になります。当然パスポートは必須。出国審査自体は国際空港のものとほぼ同じです。とはいえ、航空機よりかなりスムーズな印象。この日の乗船客は、満員の約2700人。ちなみに客室は1353室あります。

筆者の場合、荷物は、着替えやフォーマルスーツなど、大きいスーツケースいっぱいになりましたが、乗船前に、ターミナルでスーツケースを預けると、その日の夕方までに部屋に運び込んでくれます。最低限必要な手荷物以外は、預けてしまうと便利です。

筆者の部屋は、海側バルコニー付き。バルコニーには、デッキチェアとテーブルがあり、日がな一日海を眺めることができます。シャワールームもあり、アメニティも一通り揃っています。船内はバリアフリーのため、車椅子の人も快適に過ごせます。

クローゼットには、スリッパとふかふかのバスローブが備わり、大型テレビでは、NHKBSのほか、各種映画を無料で見ることができます。

P17_DI_15_JP_Cabin_1802

軽食や飲み物などルームサービスを頼むこともできる。

軽食や飲み物などルームサービスを頼むこともできる。

船内の会計は、クルーズカード(ルームキーや身分証明と船内でのクレジットカードを兼ねる)1枚で済みます。財布やクレジットカードなどの貴重品は、部屋の金庫にしまっておけば安心です。

さて、気になるクルーズ料金ですが、今回のツアーでは、8万7,300円~52万2,000円。主に、部屋のグレードで価格が異なりますが、海の見えるバルコニーで15万円前後となります。アルコール飲料や有料のレストランやスパ、各種チップと通信料金以外は全てこの中に含まれます。

ちなみに筆者の、全日程でのクルーズ料金以外の支出は、71.62ドルと日本円で8000円未満でした。お酒が大好きな筆者ですので、通常はもっと少なくて済むかもしれません。

さて、次回は、船内生活を詳しくレポートします。

プリンセス・クルーズ(www.princesscruises.jp)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コスタクルーズ提供 費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ…
  2. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  3. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  4. 上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ
  5. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
PAGE TOP