新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

土鍋で「蛸めし」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

土蛸は冷凍してから出汁に通し、
柔らかく仕上げる

土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、前回に引き続き、東京・代々木の割烹『高瀬』の高瀬亘さん(53歳)に学ぶ。

調理指導/高瀬亘さん  (『高瀬』店主)

調理指導/高瀬亘さん  (『高瀬』店主)

蛸飯は、刺身用の生の蛸足を用意する。今回は北海蛸だったが、入手できるもので構わない。

「生の蛸は一度、冷凍して組織を壊すことで柔らかくなります。その蛸を沸騰させた出汁に通して、最後の蒸らしの時に戻します。出汁に旨みを移すのです。蛸は脂が少ないので、オリーブオイルを加えて艶やかに仕上げていきます」

茹で蛸や蒸し蛸といった調理済みのものを購入した場合は薄く切り、米と一緒に炊き上げる。量も300gよりやや多めにするとよい。もし土鍋がない場合は、家庭にある炊飯器を使っても構わない。

【材料(6人分)】

右下:本しめじ大3個、左下:生の蛸足300g、その他左下から時計回りに生姜20g、オリーブオイル大さじ1、醤油大さじ1 、塩小さじ1、米3合、出汁540ml(昆布3cmを水に3時間浸す。弱火で沸かし、沸騰直前に取り出す。鰹節15gを入れて火をとめ、2分後に漉す)。

右下:本しめじ大3個、左下:生の蛸足300g、その他左下から時計回りに生姜20g、オリーブオイル大さじ1、醤油大さじ1 、塩小さじ1、米3合、出汁540ml(昆布3cmを水に3時間浸す。弱火で沸かし、沸騰直前に取り出す。鰹節15gを入れて火をとめ、2分後に漉す)。

 

【手順】

塩小さじ1(分量外)を生の蛸足全体に揉み込む。ぬめりが出たら水で洗い流す。水分を拭き取る。

蛸の足を冷凍庫に入れて凍らせる。凍ったまま2mm幅に切る。鍋に出汁と塩を入れて沸かしておく。

蛸の足を冷凍庫に入れて凍らせる。凍ったまま2mm幅に切る。鍋に出汁と塩を入れて沸かしておく。

沸騰した出汁に蛸を入れてさっと火を通し引き上げる。生姜を千切りに、本しめじを一口大に切る。

沸騰した出汁に蛸を入れてさっと火を通し引き上げる。生姜を千切りに、本しめじを一口大に切る。

土鍋に蛸以外の材料すべてを入れる。強火で沸騰させ弱火で7分炊く。10分蒸らし、蛸を加え5分蒸らす。

土鍋に蛸以外の材料すべてを入れる。強火で沸騰させ弱火で7分炊く。10分蒸らし、蛸を加え5分蒸らす。

蛸や本しめじ、生姜の風味が一体となった、旨みに満ちた味わい。きのこは椎茸やえのきなど、家庭にあるものを使って構わない。

蛸や本しめじ、生姜の風味が一体となった、旨みに満ちた味わい。きのこは椎茸やえのきなど、家庭にあるものを使って構わない。

 

高瀬

●高瀬
東京都渋谷区代々木1-27-5 市川ビル1階
電話 03・5371・8872
営業時間 11時30分~14時、17時~22時(最終注文)
日曜休、祝日休 24席

※この記事は『サライ』2018年12月号の「魚料理大全」特集より転載しました。本文中の年齢・肩書き等は掲載時のものです(取材・文/鳥海美奈子 撮影/多賀谷敏雄)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 手前から鮭と鱈のフレークをご飯にのせた二色丼、鱈のフレーク、鮭のフレーク。切り身が細かくなっているほど、口当たりがよくなる。 旨すぎる保存食「鮭と鯛の紅白フレーク」の作り方【プロ直伝の技とコ…
  2. 二夜干しにしたスルメイカを、わたも一緒に焼き上げると酒肴に最適な一品になる。噛むほどにイカの旨みが広がり盃が進む。 自宅でトライ「イカのわた入り二夜干し」を上手に作るコツ【プロ直伝…
  3. 西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。 「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】…
  4. 汁が沸騰してからハマグリとアサリを先に、崩れやすい切り身と貝柱を次に入れる。加熱すると赤くなる海老を上にすれば彩りがよい。 魚介の旨みぎっしり「和風ブイヤベース」の上手な作り方【プロ直伝の…
  5. 椀に鮭のアラとキャベツ、豆乳汁を盛り、仕上げにイクラをのせる。魚介と豆の蛋白質、野菜を同時に摂取できるため栄養価にも富む。 ヘルシーで旨い「鮭のアラの豆乳汁」の作り方【プロ直伝の技とコツ】…
PAGE TOP