新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

「地球最後の日」に人々が殺到した南仏の小さな村|謎多きカタリ派の里を訪ねる

文・写真 /レリソン田島靖子(海外書き人クラブ /フランス在住ライター)

フランス南西部の村、ビュガラッシュ。フランス人でも、その名を知る人は多くない。電車もバスも通らない。ピレネー山脈の山あいに位置する、小さな村だ。

ビュガラッシュ

数年前、人口わずか200人のこの村で起こったある出来事が、世界のニュースを駆け巡った。その発端は、2012年12月21日に地球が滅亡するという噂。古代マヤ文明の暦がこの日で終わっていることから広まったこの終末論を信じた人たちが、一斉にある行動をとった。「唯一生き残れる場所」であるビュガラッシュ村に殺到したのである。国内外から押し寄せた避難民やマスコミ関係者などで村は一時パニック状態となった。村の人口を超える300人の警察が派遣され、最終的には村が封鎖されたという。

そもそも一体なぜこの小さな村が、「生き残れる場所」に選ばれたのか。その理由は、この村の山が持つ摩訶不思議な地層にある。

ビュガラッシュ山全景

ビュガラッシュ山全景

ビュガラッシュ山の地層の年代を計ると、なぜか上の方が古く、下に行くほど新しくなるというのだ(これ自体は、れっきとしたとした事実である)。こうして「逆さまの山」の異名がつき、地下世界への入口ではないかと噂されるようになった。山頂で待てばUFOが来て助けてくれる――。地下世界を経由して、地球の外へ脱出できる――。そのようにして遠くアメリカや中国からも終末論者たちがひっそりと集い始めた。この騒ぎは、米航空宇宙局(NASA)が「滅亡説はでっち上げである。2012年12月21日になっても地球は滅亡しない」と異例の声明を出すまでに発展した。

もちろん惑星が衝突することも、地球が滅亡することもなく、事態は沈静化した。騒ぎから6年以上が経った今、この村はどうなっているのだろうか。現在の村の様子を探りに出かけた。世界遺産の城塞都市カルカッソンヌから南へ車を走らせること1時間弱。

カルカッソンヌ旧市街

カルカッソンヌ旧市街

道は見渡す限り山に囲まれ、みるみる秘境らしくなっていく。

ビュガラッシュビュガラッシュ

ビュガラッシュに入ると、この世の果てのような静けさが村を包んでいる。数年前の騒ぎなど嘘のように、とにかく人がいない。人口200人と発表されているが本当なのだろうか。村に存在する公共施設は郵便局、市役所、幼稚園のみで、パン屋は週に1度だけ開くという。

村の郵便局

村の郵便局

ビュガラッシュ

ビュガラッシュ

360度をなだらかな山に囲まれ、遠景に牛が点々と見える。2日間の滞在では出会えなかったが、キツネや鹿、野ウサギなども確実に生息しているだろう。澄んだ空気に響く鳥の声、野には春の花が咲き、人の気配がないせいか、天国に近い場所という気がしてくる。

この村でシャンブル・ドット(フランス版B&Bのこと)を営むオランダ人カップルは、この完璧な景色と静けさに惚れ込み、12年前に移住したという。料理と音楽を愛し、犬や猫と共に暮らす。le Presbytère(住所:Rue du Presbytère 11190 Bugarach)

シャンブル・ドットを営むオランダ人カップル

2012年の騒動については「この静かな村に血相を変えた人々が殺到するのは、あまり美しくない光景だったね。でも今は完全に元通り。よかった!」と笑う。

シャンブル・ドットの庭からはビュガラッシュ山が見える

シャンブル・ドットの庭からはビュガラッシュ山が見える

晴れた日は庭で朝食、雨の日は暖炉の前で読書。何はなくとも心満たされるここでの生活にやみつきになり、10年以上バカンスのたびにここに泊まっているという客もいた。

シャンブル・ドットシャンブル・ドット

前述の「逆さまの山」に話を戻そう。実はビュガラッシュに限らずこの地域一帯は、古くから知る人ぞ知るミステリーゾーンである。元々この辺りは、キリスト教の異端とされるカタリ派の里であり、小説「ダ・ヴィンチ・コード」で有名になった聖杯伝説と関わりの深い場所だ。逆さまの山、と聞いてルーヴル美術館の逆さピラミッドを連想した人はいるだろうか。

ルーヴル美術館 ルーヴル美術館

この形▽(逆三角形)は、小説では女性(または子宮)のシンボルである聖杯と関連づけられる形として、物語の鍵となっていた。偶然か運命か、ここに逆さまの山が存在することはこの村の神秘性を高める結果となった。

ビュガラッシュのすぐ隣の村、レンヌ・ル・シャトーには、マグダラのマリアに捧げられたいわくつきの教会がある。

聖マグダラ・マリア教会内部

聖マグダラ・マリア教会内部

カタリ派にとってマグダラのマリアは、正真正銘イエス・キリストの妻であり、崇められるべき聖なる女性である。だが、新約聖書においてマグダラのマリアは罪深い娼婦とされている。「イエスは単なる人間の預言者ではなく神の子である」と定めたカトリック教会にとって、イエスに人間の妻や子供が存在しては都合が悪いからだ。このようにして、イエスの血脈を守ろうとする秘密結社とカトリック教会との間には歴史上数えきれない対立があった。キリスト教をテーマとした作品の中に、異教の象徴を忍び込ませたレオナルド・ダヴィンチの絵と同じく、この教会にも数々の謎が存在する。

聖マグダラ・マリア教会入り口

これが教会の入り口である。「この場所は恐ろしい(TERRIBILIS EST LOCUS ISTE)」と彫られた異様な入口をくぐると、すぐ左側には聖杯を持った悪魔が出迎える。

悪魔アスモデウス像。2017年にイスラム教徒によって破壊される事件があり、現在はガラスケースに入っている。

悪魔アスモデウス像。2017年にイスラム教徒によって破壊される事件があり、現在はガラスケースに入っている。

この教会の謎のはじまりは、1885年にこの教会に赴任したソニエール司祭が、教会の柱の中から羊皮紙を発見したこと。それにより何らかの秘密を握ったソニエールが教会を脅し、莫大な財産を得たという伝説がある。この教会に隠された数々の謎については「レンヌ・ル・シャトーの謎」(「ダ・ヴィンチ・コード」の元ネタとなった)をはじめとし、数々の書籍や論文が世に出ている。一冊読んでから現地を訪れてみると面白い。

教会横にソニエールが作った邸宅の一部。天井には異教の象徴とされる五芒星が。

教会横にソニエールが作った邸宅の一部。天井には異教の象徴とされる五芒星が。

 

ビュガラッシュ 観光局オフィシャルサイト: http://www.bugarach.fr/
レンヌ・ル・シャトー観光局オフィシャルサイト: rennelechateau .com

【参考文献】
『レンヌ=ル=シャトーの謎 イエスの血脈と聖杯伝説』マイケル・ベイジェント、リチャード・リー、ヘンリー・リンカーン著、柏書房
『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン著、角川書店
『L’Héritage de l’Abbé Saunière』 Claire Corbu , Antoine Captier著、Editions de l’Oeil du Sphinx

文・写真/レリソン田島靖子(フランス在住ライター)
慶應義塾大学美学美術史学専攻卒。幼稚園教諭として働きながら、教育・アート系の記事の執筆をおこなう。月刊『美術の窓』(生活の友社)にて「ハリネズミのときどきパリ通信」連載中。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  2. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
  3. シャンパーニュ地方の知られざる実力派シャンパン生産者を巡る
  4. ドメーヌ・ビゾ|偉大なるグラン・ヴァンを生む秘訣とは【ブルゴーニ…
  5. シャンパーニュ地方の中心ランス周辺のシャンパンメゾンを巡る
PAGE TOP