新着記事

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った

■4軒目:やす竹(福井県福井市)
――太打ちと細打ちで弾力、歯切れの良さが変わる

福井在来を使った、『やす竹』の細打ちの「せいろ」。福井県は在来種を栽培する地域が県内全域に広がり、良質な蕎麦の実を使うことができる恵まれた地域だ。730円。

福井市で、昔からこの地で栽培されている品種・福井在来で打った蕎麦で評判なのが『やす竹』だ。創業は昭和54年。一本棒と三本棒による打ち方を自在に使い分ける、手打ち蕎麦の名手である2代目当主・北谷敏一さん(49歳)の店だ。

蕎麦は打ち方により味が変わる。北谷さんはそのことを熟知し、品書きによって蕎麦打ちの方法を変えている。それは、北谷さんがもり蕎麦の「歯ごたえ」を重視するからだ。福井県の郷土蕎麦である「越前おろし蕎麦」は、太打ちの
蕎麦に大根おろしや鰹節、刻み葱をかけ、噛んで「歯ごたえ」を味わう蕎麦だ。この蕎麦を美味しくするには、麺に心地よい「歯ごたえ」を付与する技術が欠かせない。

「細打ちで固めの蕎麦を打つときは、3本の麺棒を使う三本棒の打ち方をします。太い蕎麦にして、麺にもちもち感を与えたいときには一本棒で打ちます」(北谷さん)

『やす竹』では、ほとんどの品書きで蕎麦の太さを選ぶことができる。客は好みで、細打ちか太打ちを指定する。

一本棒は、古くから行なわれてきた伝統的な蕎麦打ちの技だ。1本の麺棒を駆使し、蕎麦の旨さをいかに引き出すかを考え、技が磨き抜かれてきた。

福井県伝統の蕎麦の打ち方は、一本棒・丸延(まるの)し。1本の太い麺棒に生地を巻き付け、転がしたり、打ちつけたりして丸く延す。一本棒で打つ店は少なくなったという。

一方、三本棒の打ち方は、狭い蕎麦打ち場で、効率よく大量の蕎麦を打つために考案された。比較的新しい技術と考えられている。

3本の麺棒で、生地を四角く延ばす三本棒の打ち方は、蕎麦粉の無駄が少なく、効率がよいため全国の手打ち蕎麦店に普及した。『やす竹』でも、三本棒で打つメニューは多い。

『やす竹』で細打ち、太打ち、2種類の「もりそば」を食べ比べてみた。

まずは、細打ちの「もりそば」から。口の中で跳ねるようなコシと弾力を感じる蕎麦だ。香りも生かされ、材料の良さと職人の腕の確かさが反映されている。

次に太打ちを味わう。噛みしめると、餅にも似た弾力で歯を押し返し、次の瞬間に、さっくりと小気味よく切れる。そして蕎麦の香りと甘みが口いっぱいに広がる。

食べ比べてみると、麺の太さによって「歯ごたえ」は異なり、蕎麦の印象もだいぶ変わることがわかる。

噛むほどに旨さが増す『やす竹』の太打ちの蕎麦。その断面からは、甘さ、香り、穀物の味わいなど、福井在来の魅力が溢あふれ出す。

それぞれに甲乙つけがたい魅力があるが「歯ごたえ」でいうと、太打ちのほうが噛み心地を楽しめるようだ。もちろん、どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。

名物の「おろし蕎麦」は鰹節や刻み葱、大根おろしをかけて食す。つゆの他に大根おろしの汁、とろろ汁の3類類の汁を組み合わせた「そばざんまい天ぷら付き」1660円。

【やす竹】
福井市文京7-9-35
電話:0776・26・7281
営業時間:11時~16時(最終注文15時30分)、17時~21時30分(最終注文21時)
定休日:水曜、第1・第3火曜の夜の部 40席。
アクセス:JR福井駅より車で約15分。えちぜん鉄道福大前西福井駅より徒歩約20分。

天ぷらなどの料理も自慢。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP