新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った

■3軒目:手打ち 梅蕎麦(山形県山形市)
――表面を覆う凹凸の粒子が、素麵やうどんと異なる旨さを生み出す

細切りの、爽やかな淡い緑色が食味を期待させる。見た目よりも風味を強く感じる。つゆは辛口で力強い味。「もりそば」750円。山形の地酒・五薫1合500円には「そば味噌」が付く。

『手打梅蕎麦』の創業は江戸時代に遡り、山形県でも屈指の老舗である。かつては街道沿いに大きな店を構えていたが、現在は4代目当主の山川純司さん(62歳)が、納得のゆく蕎麦を供する小体な店として人気を集めている。

山川さんは、もり蕎麦には「舌触り」が大事だと言う。

「私が打つ蕎麦は、すべて生粉(きこ)打ち(蕎麦粉100%)の細切りです。この作り方が蕎麦を美味しく、『舌触り』よく楽しめると思うからです」

山川さんは、しっかりした風味が楽しめる蕎麦を作ろうと、蕎麦粉100%の生粉打ちを始めた。山形県には、伝統的に生粉打ちをする店が多いが、これほど細切りの蕎麦は珍しい。

コクがあり、蕎麦の旨味もしっかり溶け込んで濃厚な蕎麦湯。蕎麦を打つときに出る、短く切れた蕎麦などを湯に溶かして作る。

蕎麦を細く切ると食感や味の印象が弱まってしまいそうに思えるが、山川さんは細く切ることで、蕎麦の魅力を強く訴えたいと考えている。

運ばれてきた「もりそば」は、糸のように細く、そして短い。茹で時間はわずか10秒。ごく短時間で茹で上がる細切りの蕎麦は、のびるのも、乾くのも早い。箸をとる間も惜しんで食したい。

山川さんが打つ極細の蕎麦は、舌に当たると蕎麦粉の粒子を心地よく感じ、口中を清々しい蕎麦の香りが涼風のように吹き抜ける。繊細な見た目からは想像もできない、強い印象を与える蕎麦だ。

蕎麦の食感が素麺やうどんと大きく異なる点は、表面を覆う凹凸の粒子にある。この舌触りが、蕎麦の旨さを生み出すのだ。

もり蕎麦に目を近づけると表面の粒子がよくわかる。これが「舌触り」の旨さであり、機械による製麺ではできない技だ。

また、山川さんは蕎麦を長くつなげることにこだわらない。

小麦粉などのつなぎを入れない生粉打ちの蕎麦は切れやすいが、切れた面から旨さが染み出し、そのもろい食感も魅力だからだ。

「つなぎを用いて蕎麦を無理につなげようとすると、生粉打ちで得られる折角の持ち味を殺してしまいます」(山川さん)

山川さんは毎日、硬い殻をむいた「抜き」と呼ばれる蕎麦の実を石臼で自家製粉している。それを篩(ふるい)にかけ、経験から導き出した粒の大きさに整える。

毎日、石臼で製粉した蕎麦粉を篩にかけて粒の大きさを調整する。細か過ぎず、粗過ぎず。篩の加減次第で、麵の状態が決まるというから気が抜けない。

その粉は、粗挽きというほど粗くはない。一般的に使われる蕎麦粉に、少し粗めの粉を混ぜたほどの蕎麦粉だが、それを生粉打ちで、ここまでの細切りにするのは至難のワザだ。

山川さんの奥義が、ここにある。

もり蕎麦とヨモギや柚子を練り込んだ変わり蕎麦の2種類を盛った「2色せいろ」も人気だ。変わり蕎麦は季節によって材料が異なり、写真は秋に供される菊切り。1000円。

【手打ち 梅蕎麦】
山形市東原町3-5-10
電話:023・622・8377
営業時間:11時30分~14時30分
定休日:火曜 24席
アクセス:JR山形駅より車で約10分、徒歩約30分。山形自動車道山形蔵王ICから車で約10分。

休日は近隣の町の常連客よりも、県外から訪れる客のほうが多い。その多くが「もりそば」を目当てに来店する。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1 2

3

4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP