新着記事

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った

■2軒目:藪蕎麦宮本(静岡県島田市)
――石臼で時間をかけて熱を出さずに挽く。粉は寝かせて味を引き出す

主人の宮本さんが試行錯誤の末に辿り着いた、香り高く、味のよい、するりと喉を滑り落ちる一枚。つゆは修業先の東京風。蕎麦殻も入れて製粉した粉を使う「手挽きそば」850円。

前出の『藪蕎麦宮本』(静岡県島田市)主人・宮本晨一郎さん(75歳)にとって、もり蕎麦とは“香り”だ。

「私が東京の『池の端藪蕎麦』で修業していた昭和30年代半ばから40年代半ば頃は、新蕎麦の時期に入荷した蕎麦は、むせ返るほどの香りがしたものです。最近は、ああいう蕎麦を手に入れるのが、本当に難しくなってきました。私がいちばん好きなのは、昔の新蕎麦のような強い香りの蕎麦なのです」

蕎麦の香りは、とても損なわれやすい。製粉や蕎麦打ちの際に熱が加わると失われ、茹で過ぎると湯の中に溶け出してしまう。

さらに、玄蕎麦(蕎麦の実)を倉庫で保存しても、低温にしてカビの生えない湿度に保たないと、香りは失われてしまう。蕎麦の実を粉に挽くと、香りが消えるのはもっと速い。

年間を通して、同じように香りを保たせるのは極めて難しい。

しかし、蕎麦には香りが欲しい。

この困難な課題を、少しでも解決しようと、宮本さんは現在行なっているやり方を考え出した。

重要なのは、蕎麦に備わっている香りを、できるだけ、消失させないようにすることだ。

天ぷら蕎麦から、蕎麦を抜いた「天ぬき」。天ぬきを肴に酒を飲み、「手挽きそば」で締める蕎麦好きは多い。「天ぬき」1700円、冷酒900円(1合)には「そば味噌」が付く。

「昔のような強い香りのする蕎麦に近づけるには、昔の技術で行なうのがいちばんです」

そう考えた宮本さんは、先人がやってきたように、石臼を使って自家製粉することを始めた。

石臼を手でゆっくり回し、中で砕かれていく玄蕎麦の様子を手の平で把握しながら、実に無用な力が加わることがないよう、回す力を微妙に調節する。

こうすることで、実が砕かれるときの摩擦による発熱が抑えられ、蕎麦の香りが製粉の段階で消えてしまうことは避けられる。ほかにも、玄蕎麦は産地で真空パックにして保冷庫に保存してもらうなど、様々な工夫を積み重ねてきた。

宮本さんが石臼を回して製粉した「手挽きそば」には、名人が対処した最良の蕎麦の香りが封じ込められている。

店で使う蕎麦粉は、すべて石臼で自家製粉する。挽いた蕎麦粉はすぐに使わず、1日置いてから使う。こうすることで、より味を引き出すことができると、宮本さんは言う。

篩(ふるい)を使い、石臼で挽いた蕎麦粉から殻からを取り除く。蕎麦の実を丸ごと挽いた全粒粉だが、殻のえぐみを出さない技術により、どこにもない『藪蕎麦宮本』だけの蕎麦粉ができあがる。

左から原料の玄蕎麦(蕎麦の実)、石臼から出てきたばかりの蕎麦粉、残った殻を篩で取り除いた蕎麦粉、蕎麦粉と分けた蕎麦殻。

【藪蕎麦宮本】
静岡県島田市船木253-7
電話:0547・38・2533
営業時間:11時30分~14時(売り切れじまい)
定休日:月曜(祝日は営業、翌日休み) 24席。
アクセス:JR島田駅よりバスで初倉中学入口下車、徒歩約1分。JR六合駅よりタクシーで約15分。

全国から多くの蕎麦職人も訪れる。この店で、蕎麦の見方が変わったという人は多い。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1

2

3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP