新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処」5選

築地市場には、市場で働く人や買い出しに来る人の“胃袋”を支えている料理店が多くあります。食材を見る目があり、舌も肥えている築地で働く人たちが日頃訪れるだけあって、その味は折り紙付きです。

しかし、そんな美味も、豊洲移転に伴って、もう味わえなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、『サライ』本誌2015年12月号の記事から、築地場内の美味処、それも食を極めた料理人も太鼓判を押す名店を5つ紹介します。

■1:極上の天然本マグロを気軽に楽しめる『磯寿司』

_39A0310B

築地市場正門の一番近くに位置する『磯寿司』。いつでも旬の海鮮が楽しむことができ、なかでも天然マグロがお薦めの店です。

元々は昭和26年に築地青果市場で食堂を開業、7年後に現在地に移転してきました。1階が寿司、2階が食堂という形態を50年間とっている老舗。朝6時の開店前には行列ができる人気店で、店内ではベテランの職人が寿司を握ります。

お薦めの本マグロは、アイルランド沖で獲れる150~200kgの天然のものを一本買いすることで、安価に提供しているとのこと。きれいなサシが入った本マグロ腹上の大トロは、濃厚な旨味ながら、脂はあっさりとしています。

本マグロ以外にも、これからの時期は鰤やヒラメなどの魚が旬を迎えます。築地といえばやはり寿司。期待を裏切らない名店です。

_MG_1334

【磯寿司】
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地市場内10号館
電話/03-3542-1954
営業/6:00〜21:00 土曜は6:00~16:00
定休日/日曜、祝日、市場定休日
11席 2階座敷と夜のカウンターは予約可 カード不可

■2:職人技が光る極上の魚料理『あんこう屋 高はし』

DSC_3237

大正12年に暖簾をあげた『高はし』は、和食の修業を積んだ3代目が受け継いだ店。プロも唸るほどの一級の魚を扱っています。カウンターは僅か10席の小さな店ですが、この店の魚でなければと通い詰めるお客さんは多いです。

料亭で使われるような高級な魚を仕入れ、傷をつけないように内臓を洗い、下ごしらえを徹底して行います。その一本気な仕事ぶりが、珠玉の魚料理を生み出しています。

DSC_3232

名物の「あなご丼」の穴子は、口に含んだ瞬間とけてしまうような柔らかさ。上品な脂が白飯とよく合います。他にも「赤めばる煮」など、職人技が光る一善に出会うことのできる店です。

DSC_3200

【あんこう屋 高はし】
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号館
電話/03-3541-1189
営業/8:00〜13:00
定休日/日曜、祝日、市場定休日
10席 カード不可

■3:魚と炊きたてのご飯!日本の朝食の本領を味わえる『かとう』

_39A0284

朝食は『かとう』の魚料理で、一日を元気にスタートしようという料理人が集まる店。その日一番の魚を仕入れ、一番おいしい調理法で提供するというこの店には20年以上の常連客も多いそうです。

50年以上築地で働き、うまい魚を知り尽くしたプロが、注文を受けてから一尾ずつ丁寧に調理します。

羽釜で炊いた新潟産コシヒカリによく合う、子持ち鰈の煮つけや、鰤の照り焼きといった魚料理に合わせ、みそ汁と小鉢、そして自家製の漬物。古き良き日本の朝食がこの店にはあります。

_39A0263

【かとう】
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号館
電話/03-3547-6703
営業/5:00〜13:00 土曜は5:30~13:00
定休日/日曜、祝日、市場定休日
17席 カード不可

■4:築地の隠れた名物ラーメン『やじ満』(やじま)

DSC_3380

朝早くから市場関係者が多く訪れるラーメン店「やじ満」は、鶏がらベースのスープを使った昔ながらの懐かしい味のラーメンが人気。中でも人気のメニューは、ニラやエビ、イカ、豚肉など具沢山のあんかけの上に半熟卵が乗ったニラ玉麺。これを目当てに通う常連客も多いとのこと。

庶民的ながら、使う食材には手は抜かないという店主の心意気が、たくさんの常連に愛され、支えられている所以です。

DSC_3391

【やじ満】
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号館
電話/03-3541-0729
営業/4:30〜13:00
定休日/日曜、祝日、市場定休日
10席 カード不可

■5:築地場内唯一のイタリア料理店『築地魚河岸 トミーナ』

DSC_3403

市場正門から最も遠い一角にある『トミーナ』は、場内唯一のイタリア料理店。市場から届く豊富な魚介を使ったピザとパスタが有名です。

その日の朝に仕込み、弾力が出るように少し寝かせた自家製ピザ生地を、外側は香ばしく、なかはふんわりと柔らかく焼き上げます。

エビ、タコ、イカ、ホタテ蟹の5種類の具材がのった「海鮮ピッツァ」はトマトソースの酸味と甘みが主役の魚介類を引き立ててている絶品。たっぷりのチーズと魚介を味わえる、食べごたえのあるピザです。

DSC_3610

【築地魚河岸 トミーナ】
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地市場内1号館
電話/03-5565-3737
営業/8:00〜14:30 火曜・木曜は17:00~20:00も営業 市場定休日は11:30~14:00
定休日/日曜、祝日、市場定休日の夜
14席 カード不可

以上、『サライ』が選んだ、築地市場内のとっておきの美味処を4軒ご紹介しました。

築地市場の雰囲気を味わうことができるのも今のうち。ぜひ場内の美味処に足を運んでみてください。築地の朝は早いですが、その苦労に見合った以上の価値はあります。

※この記事は『サライ』2015年12月号掲載の特集記事「一度は行きたい 築地場内の美味処」(取材・文/関屋敦子、岡本ジュン 撮影/宮地工、高橋昌嗣)を元に、Web用に再構成したものです。(Web版構成/堀江くらは)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 美しいサシが入る佐賀牛 食通が絶賛! 食材の宝庫、佐賀・唐津|「佐賀牛なかむら」のステー…
  2. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
  3. 大とろ(すきやばし次郎)  山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】
  4. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  5. サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る
PAGE TOP