新着記事

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

鴨鍋

一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦と鴨鍋を銀座で味わい尽くす[PR]

ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

「人間のできることの容量」は決まっている。【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

「人間のできることの容量」は決まっている。そう思っていれば人間関係はうまくいきます【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り【私のお気に入り124】

四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り。

四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り。

昨年、東京・四谷の「後楽寿司やす秀(みつ)」さんで、夏の貝の王様「あわび」の握りをいただいたとき、その香りの豊かさにびっくりしました。歯応えばかりのあわびからは想像もつかない美味しさで、あわびと酢めしが渾然一体となって消えてゆきました。

今年は「あじ」です。「あじ」もまた夏が旬の魚ですが、なかなか美味しい「あじ」に巡り合えません。なぜなら、仕込みが不十分で「あじ」の臭みを残している握りがほとんどだからです。

「やす秀(みつ)」のあじの握りは、下処理が完璧で、匂いがまったくありません。甘く溶けて、酢めしとなじんで、美味いの、なんの! 酢めしも1年で随分と変わりました。酢は心地よく感じられる酢めしに変貌しています。

フランス人のすし職人、グザヴィエ・パンセックさん。

フランス人のすし職人、グザヴィエ・パンセックさん。

先日、フランス・ブルターニュのブレストですし屋を営むグザヴィエ・パンセックさんをお連れしました。彼の握りも立派で、ブルターニュの海で獲れたあじやラングスティーヌの握りは忘れられません。

「やす秀(みつ)」のご主人、綿貫安秀さんとグザヴィエ・パンセックさんは、共にすし職人でありながら、サーファーでもあります。すぐに気が合い、なんと来年、この「後楽寿司やす秀」でコラボで鮨を握ることになりました。いまから、とても楽しみです。

意気投合しがっちり握手を交わす、綿貫安秀さんとグザヴィエ・パンセックさん。

意気投合しがっちり握手を交わす、綿貫安秀さんとグザヴィエ・パンセックさん。

【後楽寿司やす秀(みつ)】
住所/ 新宿区三栄町7-4
TEL/03-3351-3440
営業時間/17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日/日曜・祝日
http://www.kouraku-sushi.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る
  2. 『分とく山』野﨑洋光さん直伝!井上誠耕園「エキストラヴァージン緑…
  3. 移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処…
  4. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  5. 『分とく山』野﨑洋光さん直伝! この夏おすすめの「檸檬(レモン)…
PAGE TOP