新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

波葦蒔絵合口拵(なみあしまきえあいくちこしらえ)加納夏雄(かのうなつお)(金工)・柴田是真(しばたぜしん)(蒔絵)合作 日本・江戸時代 19世紀 根津美術館蔵(光村利藻旧蔵)

取材・文/藤田麻希

鐔(つば)、縁(ふち)、頭(かしら)など、刀の外装部分に使われている金具を刀装具(とうそうぐ)といいます。持ち手の先端部分を補強したり、刀が自分の手を傷つけないようにするといった役目がありますが、江戸時代以降は装飾性に富んだ華やかなものが盛んにつくられました。

そんな刀装具に魅了され、明治時代後半に日本最大級のコレクションを築いたのが光村利藻(みつむら・としも)です。

利藻は、明治10年(1877)、大阪で海運業を営む裕福な家に生まれ、最先端の写真技術を学び、美術印刷を手がける「関西写真製版印刷合資会社(のちの光村印刷株式会社)」を創業しました。そのかたわら、長男の初節句で刀剣に興味を持ったことをきっかけに、約10年の間に3000点以上にのぼる刀装具を収集します。当時としては、群を抜いて最大、かつ最高の質を誇りました。

しかし、明治41年(1908)、事業が行き詰まり、コレクションは利藻の手を離れ、海外流出の危機に直面しました。それを防ごうとしたのが、実業家の初代・根津嘉一郎です。嘉一郎は光村コレクションを一括購入し、のちに創設された根津美術館に1200点以上を引き継ぎました。

現在、その一部を公開する展覧会「特別展 鏨の華―光村コレクションの刀装具―」が東京・青山の根津美術館で開催されています(~2017年12月17日まで)。

芙蓉朝顔図目貫(ふようあさがおずめぬき) 吉田至永(よしだしえい)作 日本・明治時代 19-20世紀 根津美術館蔵(光村利藻旧蔵)

光村コレクションの刀装具は、幕末から明治時代にかけての、技巧を駆使した精緻な作品が充実しているのが特徴です。また、利藻が関西を中心に活動していたため、とくに京都の金工家のものが多いです。

京金工の荒木東明が江戸時代に製作した「粟穂図大小揃金具」について、光村コレクションについて研究している、大阪歴史博物館の内藤直子さんは次のように説明します。

「荒木東明は、金でつぶつぶとした粟の穂を表現する独自の技法で知られています。東明の粟穂を一つ持っているだけで、コレクターとしては鼻高々になれるものなのですが、じつは根津美術館の光村コレクションには、驚くべきことに、15件もの粟穂があります。人気が高いので、光村旧蔵のこの作品のように組物として残っているのは珍しいです」

粟穂図大小揃金具(あわほずだいしょうそろいかなぐ) 荒木東明(あらきとうめい)作 日本・江戸時代 19世紀 個人蔵(光村利藻旧蔵)

「鍾馗鬼図大小鐔」は、京都出身で幕末から明治にかけて活躍した、松尾月山による鐔です。鍾馗と、鍾馗に追いかけられる鬼が、さまざまな色の金属で立体的に表されます。大きい方の鐔には、本来あいているべき笄や小柄を通すための穴、切羽という金具を乗せるために平らになってなければならない部分にも装飾があり、実用性を度外視した美術品としての鐔であることがわかります。

鍾馗鬼図大小鐔(しょうきにおにずだいしょうつば) 松尾月山(まつおがっさん)作 日本・江戸~明治時代 19世紀 根津美術館蔵(光村利藻旧蔵)

また、利藻は同時代の職人たちに直接発注し、自分好みの刀装具も作らせました。明治時代は、廃刀令によって刀装金工の職人たちは苦しい状況に立たされていたため、利藻の注文は技術の伝承にも役立ちました。

「波葦蒔絵合口拵」も利藻が発注したもの。当時の名工である、漆芸家・柴田是真、彫金師・加納夏雄が合作しました。柄の部分が砂浜に、鞘の部分が海に見立てられています。岩場に潜む蟹を金属で、波間に漂う葦や波を漆で表現し、40数センチのなかに大海原が広がります。

刀装具の初心者にもやさしい、バランスよく優品が選ばれた展覧会になっています。この機会に刀装具の世界に親しんでみるのはいかがでしょうか。

【展覧会情報】
『特別展 鏨(たがね)の華 光村コレクションの刀装具
■会期/2017年11月3日(金・祝)~12月17日(日)
■会場:根津美術館
■住所:東京都港区南青山6-5-1
■電話番号:03・3400・2536
■公式サイト: http://www.nezu-muse.or.jp/
■開室時間:10~17時
※入館は閉館の30分前まで
■休館日:毎週月曜

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP