新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

 光秀の娘・細川ガラシャ不幸の始まり

数奇な運命を辿った細川ガラシャの像(宮津市大手川ふれあい公園)。写真提供/宮津市観光交流課

数奇な運命を辿った細川ガラシャの像(宮津市大手川ふれあい公園)。写真提供/宮津市観光交流課

さて、一色氏を謀殺した細川氏であるが、一貫して反光秀の立場を貫いたことになっている。そのため人生が暗転したのが、忠興の妻玉子だった。宮津市内の大手川ふれあい公園には、細川ガラシャ像が建っている。ここで、玉子のプロフィールを概観したい。

玉子は、永禄6年に越前一乗谷にほど近い東大味(福井市)の地で誕生した。光秀が、戦国大名朝倉義景に仕えていた下積み時代である。父光秀は、やがて一乗谷に亡命してきた足利義昭の近臣となり、永禄10年に義昭とともに岐阜の信長のもとに出向いた。

翌永禄11年には信長が義昭を奉じて入京し、室町幕府が復興した。その後、光秀は信長の家臣となり、近江坂本城(大津市)を預けられ、さらには丹波を領有する重臣にまで上り詰めた。玉子は、信長の仲介で天正6年8月に16歳で細川忠興の許に嫁す。

この結婚を勧めた書状で、信長は光秀の知謀と藤孝の文武兼備を褒め、忠興については器量に優れ将来は武門の棟梁になる人物であるとまで持ち上げている。婚儀は藤孝の居城山城勝龍寺城(長岡京市)でおこなわれ、子宝にも恵まれて結婚生活は順風満帆だった。ところが、本能寺の変の直後に、光秀の息女という理由から玉子は夫忠興によって味土野(京丹後市)に幽閉されてしまう。

味土野は、丹後半島のほぼ中央に位置する山間の地である。国道655線の終着点で、山深いこの地に人家は途絶えている。確かに「幽閉」という言葉に合致する環境であるが、「御殿」「女城」などの地名が残っていることから、それなりの施設があったと考えるべきだろう。信頼性にはいささか難があるが、江戸時代中期に成立した『明智軍記』によると、同地には明智家の茶屋があったという。

江戸時代、諸大名は領内の要衝に茶屋を設けた。これは、一国一城令によって領内に支城を維持することができなかったための方便でもあった。先の伝承地名「御殿」「女城」も、ここに城郭のような施設があったことを示唆するものではないか。

玉子の味土野行きは、細川氏の光秀縁者としての関係を絶ったことを広くアピールするのと同時に、彼女の命を守るという意味あいもあったのではなかろうか。要するに、ほとぼりが冷めるのを静かに待つための方策だったとみられる。

玉子を宮津城内に匿えば、細川氏の光秀荷担が明白になるし、かといって光秀の許に返すつもりもなかったのであろう。藤孝は玉子の教養を愛していたし、忠興も美しい玉子を手放したくなかったに違いない。

ページ:

1 2

3

4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾 信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島…
  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島 榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元さ…
  3. 越前産の石で造られた狛犬。 主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時…
  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。 サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「…
  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。 シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった…
PAGE TOP