新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

「本能寺の変」の真相と足利義昭の「鞆幕府」【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

教科書では、室町幕府の滅亡は元亀4年(1573)とある。けれど室町幕府の15代将軍の足利義昭は、足利家ゆかりの備後・鞆の浦(広島県福山市)を根拠地として、虎視眈々と京都復帰を窺っていた──今号から、舞台を鞆の浦の沼隈半島に移した「謎解き歴史紀行〜半島をゆく」。歴史作家・安部龍太郎さんに同行する、戦国期を専門にする歴史学者・藤田達生先生(三重大学教授)による歴史解説編をお届けします。

3FJ_95173FJ_9498

 

 

 

 

 

↑写真左/鞆城跡から海上を望む筆者(手前右)たち(左は歴史作家の安部龍太郎さん)。 写真右/夕暮れ時の鞆の浦。

筆者が備後鞆(とも)の浦(広島県福山市)に着目するようになったのは、今から約20年を遡る。

当時、紀伊の雑賀(さいか)一揆について調べる機会があったのだが、出会った古文書の推定年代が、従来とは異なって天正10年(1582)6月2日未明に勃発した本能寺の変直後のものとする確信を得たことが発端だった。それが、6月12日付土橋重治宛光秀書状写(森家文書、最近になって原本が出てきたことで、精度の高い写しだったことが確認された)である。

現代でもそうであるが、書状すなわち手紙には月日は書いても、わかりきっているため何年とわざわざ記すことはない。

したがって、作成年次を割り出す作業が必要になってくる。わずか一年でも推定を誤ると、まったく異なった歴史像を描くことになるので、研究者にとってもっとも慎重さがもとめられる作業となる。

この書状によると、光秀は「仰せの如く、いまだ申し通さず候ところに、(闕字)上意馳走申し付けられて示し給い、快然に候、然れども(平出)御入洛の事、即ち御請け申し上げ候、その意を得られ、御馳走肝要に候事―仰せのように、いままでに音信がありませんでしたが、(貴人の)ご意向をかなえるために奔走すべきことを命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(貴人の)ご入洛の件につきましては、既にご承諾しています。そのようにご理解されて、(貴人へ)ご奔走されることが大切です―」と、雑賀の反信長勢力のリーダーであった土橋重治に対して伝えている。

しかも、重治が光秀に高野山や根来寺とともに和泉・河内方面へ援軍を派遣することを申し出ている。これを従来のように、天正5年の2月から3月にかけておこなわれた信長の雑賀一揆攻撃に関係する史料とみるのは不自然であり、6月12日という記載からも天正10年とみるのが妥当である。

したがって闕字(文書中に貴人に関する語が現れたときに、これに敬意を表するため該当する用語の前に空白を設けること)や平出(文書中に貴人に関する語が現れたときに、これに敬意を表するため該当する用語の前で改行すること)の扱いを受ける貴人とは、もはやこの世にはいない信長ではなく、鞆の浦にあった足利義昭その人以外に考えられない。

本書状の脇付(「御中」などのように手紙の宛先に添えて敬意を表する言葉)には「御返報」とあることから、重治書状への光秀の返書とみられる。これからは、重治が義昭の指示によって行動していること、光秀も既に義昭の上洛戦への協力を約束していたことが判明する。

尚々書(なおなおがき。追伸のこと)で、「なおもって、急度御入洛の義、御馳走肝要に候、委細(闕字)上意として、仰せ出さるべく候由也、巨細あたわず候―必ず(将軍の)ご入洛のことについては、ご奔走されることが重要です。詳細は(将軍から)お命じになられるので、委細につきましては申し上げません―」と断っている。あらかじめ義昭を奉じていたからこそ、このような指令を発したのである。

光秀が信長を討滅するには、主君殺しを正当化するばかりか、反信長勢力を糾合するためにも、かつての主人である現職将軍を奉じたのであろう(当時の義昭は将軍職のままだった)。なによりも山崎の戦いの前日にあたる6月12日の切羽詰まった状況にもかかわらず、軍事指揮権が義昭にあり、その指示を仰ぐようにと伝えたことは重要である。

明智光秀を謀反に走らせた信長の「四国政策」

本能寺の変に関しては、昨年6月に大発見があったことは記憶に新しい。林原(はやしばら)美術館(岡山市)で昨年発見された「石谷家(いしがいけ)文書」のなかの(天正10年)5月21日付斎藤利三(としみつ)宛長宗我部元親宛書状に、決定的な内容が含まれていたのである。

変より10日前に認められた本書状は、光秀がクーデターに踏み切った最大の契機について、長年にわたり親密な関係にあった土佐の戦国大名長宗我部氏が、目前に迫っている信長の攻撃によって危機的状況に追い込まれたことを明示する。これについては、光秀の決起によって長宗我部氏が滅亡しなかったこと、山崎の戦いの直後に光秀方の縁者が少なからず土佐に落ち延びていったこととも無関係ではあるまい。

今回の発見によって、本能寺の変の主要な原因が確定したといえる。長らくいわれてきた光秀の個人的な感情にもとづく偶発的事件などではなく、信長の強引な四国統一策の変更がもたらした光秀の離反・反撃だったのである。光秀は、信長と元親との間に立って取次役を果たしてきた。これによって、本能寺の変に関する研究が織田政権論に直結することが確認されたと言ってもよいだろう。

クーデター直後に、近江山本山城主の阿閉貞征(あつじさだゆき)や北近江の分郡守護家の京極高次が長浜城を、また若狭守護家の武田元明(母が足利義晴娘)が佐和山城を占拠したものの、光秀が期待していた義昭と毛利氏ら反信長大名衆の上洛までには至らなかった。

彼らは、畿内から遠く離れ孤立し、信長との対戦で相当に消耗していた。しかも長宗我部氏は阿波の三好氏、毛利氏は備前の宇喜多氏、上杉氏は越前の柴田氏というように、眼前の敵対勢力を打破せねば上洛は不可能だった。変直後から秀吉が的確に行動したため、義昭を頂点とする旧勢力の連携が機能する時間を与えなかったのである。

問題は、冒頭で紹介した光秀書状にみられる義昭との連携である。鞆の浦にあった義昭は、どのようなルートで光秀に接近したのか。これまで最大の謎だったのが、「石谷家文書」の発見によって氷解した。それは、光秀の重臣石谷氏が天正10年正月以来土佐の元親のもとに下っていたからである。当時、義昭と元親は連絡を取り合っていた。すなわち元親を介して、義昭と光秀がつながっていた可能性が濃厚になったのである。

本能寺の変には、複雑な人間関係が交錯していた。その基底には、四国領有をめぐる長宗我部氏と三好氏との戦いがあった。長宗我部氏を支持する光秀、三好氏と入魂な秀吉、この生き残りをかけた派閥抗争が、最終的には主君を討滅するという歴史的クーデターへとつながっていったのである。

光秀が義昭を推戴したことからも、背景としては200年も続いた室町幕府体制と、信長を頂点とする新たな武家国家との相剋があったことは言うまでもない。その原点は、変の10年前の元亀4年(1573)7月に、義昭が山城槙島城(京都府宇治市)で信長に敗退したことにあった。亡命した義昭が落ち延びたのは、紀伊由良の興国寺(和歌山県由良町)だった。

ここは臨済宗妙心寺派の古刹として有名であるが、開山は法燈国師(ほつとうこくし)すなわち心地覚心(1207~98)である。しぶとくレジスタンスを試みた義昭だったが、畿内とその周辺地域が織田方となってしまったため、天正4年2月には鞆の浦へと移動する。

3FJ_0202

↑足利義昭居館のものとされる瓦。将軍家の威容を示す堂々とした造りになって
いる。 福山市鞆の浦歴史民俗資料館に展示されている。

筆者は、間違いなく熊野水軍の手を借りて海路で鞆の浦に入ったと思う。この地は、熊野信仰はもとより臨済宗法燈派とも深い関わりがあった。しかも、初代将軍足利尊氏と10代将軍足利義稙という二人の将軍が、ここに立ち寄った後に上洛して政権を奪取したという、きわめて縁起のよい土地柄だった。

読者の皆さんにはなじみが薄い将軍足利義稙であるが、管領細川政元のクーデターによって将軍職を廃され(この頃までは義材と名乗る)、13年にも及ぶ長い亡命生活の末に周防山口の戦国大名大内義興(よしおき)の支援を得て京都を奪還し、将軍職に復帰したという強者(つわもの)であった。義昭は、この佳例を知っていたに違いない。

今回、漁船をチャーターしてもらい寒風吹きすさぶ瀬戸内海から鞆の浦に入った。義昭一行も、寒空のもと当地に到着したに違いない。風光明媚な仙酔島の対岸に投錨した彼らは、尊氏と義稙が逗留した小松寺に入り、やがて後に鞆城が築かれる要害の地に御所を設けて、側近らとともに移り住んだ。「鞆幕府」の誕生である。

教科書には、相変わらず元亀4年7月の義昭追放を室町幕府の滅亡としているが、果たしてそうなのだろうか。現在の鞆の浦とその周辺地域への取材をもとに、当時の人々の歴史認識に迫りたい。

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

「謎解き歴史紀行」の記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴…
  2. 平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解…
  3. 紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴…
  4. 房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半…
  5. ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下…
PAGE TOP