新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

網野銚子山古墳

網野銚子山古墳。「日本海三大古墳」の中で最大規模を誇る前方後円墳。 全長198m。被葬者は丹後王国の支配者と考えられている。

歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」では本誌と連動した歴史解説編を、歴史学者・藤田達生先生(三重大学教授)がお届けしています。今回は、「丹後古代王国」の隆盛ぶりを今に伝える半島内の巨大古墳の謎に迫ります。

古代の丹後は強国だった。日本で一番古い―弥生中期後半(2世紀後半)―水晶玉作り工房跡(京丹後市の奈具岡遺跡)が発見されたり、これまた日本で一番古い―5世紀後半~6世紀後半―製鉄所遺跡(京丹後市の遠所遺跡)が確認されている。

さらに、日本で一番古い年号を記した銅鏡「方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう) 」(3世紀前半)が、大田南5号墳(京丹後市)から出土していることも有名だ。『魏志倭人伝』に記された中国の魏国王が邪馬台国の卑弥呼に贈った100枚の鏡のうちの1枚の可能性もあると、発掘当時は話題になった。

弥生時代以来、丹後半島にはガラス細工や製鉄など、きわめて高度な技術をもつ集団がおり、ヤマト王権(古墳時代の近畿地方を中心とする連合王権)に対しても容易に屈服しなかったといわれる。これが、古代「丹後王国」論である。

丹後半島の竹野(たかの)川流域には、網野銚子山古墳(国史跡、全長207m、京丹後市)・神明山古墳(国史跡、全長190m、京丹後市)・蛭子山(えびすやま)古墳(国史跡、全長14⒌m、与謝野町)などの大型の前方後円墳が集中している。

蛭子山古墳群 (1)

蛭子山古墳群。周辺は与謝野町立古墳公園として整備されている。

ちなみに、これらは日本海側ではナンバー1・2・3の墳丘規模である。高度な技術を持つ渡来人によって、この地方には古代に独立した勢力が存在していたと考えられるようになってきた。かつて、故門脇禎二氏(京都府立大学名誉教授)が提唱した古代丹波王国論である。

門脇氏は、古墳時代に丹後地方を中心に栄え、ヤマト王権や吉備などと並ぶ独立性があったと考えられる勢力を「丹後王国」と呼んだ。竹野川流域を中心とする丹後王国は、4世紀中頃ないし4世紀末頃から5世紀にかけてが最盛期で、6世紀中頃にヤマト王権による出雲攻撃に伴いヤマト王権の支配下に入っていったとされる。

筆者は、学生時代に門脇氏の集中講義を拝聴し、通説の枠組みにとらわれないダイナミックな古代史議論にワクワクした記憶がある。ただし、この時期に丹後は存在せず、和銅6年(713)に丹波から分立したことから、「丹波(タニワ)王国」というのが正確かもしれない。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆ…
  2. ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴…
  3. ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島…
  4. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴…
  5. 平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解…
PAGE TOP