新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

落語

  1. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第78回公演では、五街道雲助師匠が主任(トリ)を勤め、『つづら』を口演します。つづらとは大型の衣装箱。人も入れるほどの大きさゆ…

  2. 【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2018年4月の第77回公演では、柳家小満ん師匠が主任…

  3. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  4. 落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う

    取材・文/堀けいこ気鋭の真打として注目を集める、落語家の春風亭一之輔さん。寄席や劇場を忙しく…

  5. 五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木…

  6. 五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

  7. 落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名

  8. 春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

  9. 柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

  10. 究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

  11. 当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

  12. 古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

  13. 柳家さん喬師匠がトリで『夢金』を口演! 「第70回人形町らくだ亭」は1月17日に開催

  14. 春風亭一朝師匠がトリで『二番煎じ』を演る! 「第69回人形町らくだ亭」が12月5日に開催

  15. 当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

  16. 五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

  17. 現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

  18. 柳家小満ん師匠がトリで『応挙の幽霊』を口演! 「第67回人形町らくだ亭」が8月25日に開催

  19. 三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

  20. 90時間聴いても飽きない落語CDブック『人形町末広 圓生独演会』

  21. 古今亭志ん輔さん/落語家(61歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第15回】

PAGE TOP