新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

成長著しい企業は、そのトップが音頭を取ってバリバリ仕事をこなしていく、イメージを持っている人…

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

写真・文/石津祐介エアーズロックを後にし、再びブリスベンへ【前回はこちら】ブリスベン…

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美飼い主さんの自己中で愛犬の命が危険にさらされる街乗りをしていて気になるのが道…

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

写真・文/藪内成基2019年5月14日、文化庁より世界遺産登録に関する発表がありまし…

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

落語

  1.  

    【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。6月公演では柳家さん喬が主任(トリ)を勤め、『船徳』を演じます。大店の若旦那が、道楽が過ぎて勘当の末、にわか船頭となるが、操船はおぼつか…

  2. 前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?  

    前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン…

  3. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。  

    全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の名人 極めつき72席』

         

    サライ編集部が企画・編集し、1月8日に創刊したCDつきマガジン『落語 昭和の名人 極めつき7…

  4.  

    【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。3月公演では…

  5.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CD…

  6.  

    【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

  7.  

    【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若伊之助』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。今年最後となる11…

  8.  

    【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5…

  9.  

    【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年8月の第…

  10.  

    【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

  11.  

    【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2018年4月の第77回公演では、柳家小満ん師匠が主任…

  12.  

    古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  13.  

    落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う

         

    取材・文/堀けいこ気鋭の真打として注目を集める、落語家の春風亭一之輔さん。寄席や劇場を忙しく…

  14.  

    五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木…

  15.  

    五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  16.  

    落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名

         

    今秋、大名跡「桂三木助」が復活する。三代目桂三木助の孫が五代目を襲名するのだ。三代目の祖父は…

  17.  

    春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  18.  

    柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

         

    古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」…

  19.  

    究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

         

    文/鈴木隆祐今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さ…

  20.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  21.  

    古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

  22.  

    柳家さん喬師匠がトリで『夢金』を口演! 「第70回人形町らくだ亭」は1月17日に開催

         

    江戸に大雪の降りしきる晩、 大川を下る舟の上での出来事『サライ』が主催する落語会「人形町らく…

  23.  

    春風亭一朝師匠がトリで『二番煎じ』を演る! 「第69回人形町らくだ亭」が12月5日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。12月の公演では春風亭一朝が主任(トリ)を勤め、『二番…

  24.  

    当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

         

    この『サライ.jp』でも「ひと皿の歳時記」連載でおなじみの山本益博さんプロデュースによる落語…

  25.  

    五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。10月の公演では五街道雲助が主任(トリ)を勤め、『淀五…

  26.  

    現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

         

    スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのスト…

  27.  

    柳家小満ん師匠がトリで『応挙の幽霊』を口演! 「第67回人形町らくだ亭」が8月25日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。8月の公演では柳家小満んが主任(トリ)を勤め、『応挙の…

  28.  

    三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

         

    「七代目圓生」の名跡をいったい誰が継ぐのか、という問題が落語界のみならず、ワイドショーまで賑わわせた…

  29.  

    90時間聴いても飽きない落語CDブック『人形町末広 圓生独演会』

         

    サライ9月号で「9月30日発売」とアナウンスしながら、諸般の都合で「10月9日発売」に繰り延べになっ…

  30.  

    古今亭志ん輔さん/落語家(61歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第15回】

         

    「ひとりの人との出会いが、私の人生を決めた」高校2年生の時に古今亭志ん朝の高座に出会い、落語家になる…

PAGE TOP