新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

落語

  1. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。  

    【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。10月公演は創刊30周年を記念して、レギュラー5人が勢揃い。最年長の柳家小満んがトリで『らくだ』をサゲまで演じる。“らくだ”とあだ名され…

  2.  

    【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。8月の納涼公…

  3.  

    【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。6月公演では…

  4. 前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?  

    前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン…

  5. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。  

    全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の名人 極めつき72席』

         

    サライ編集部が企画・編集し、1月8日に創刊したCDつきマガジン『落語 昭和の名人 極めつき7…

  6.  

    【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。3月公演では…

  7.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CD…

  8.  

    【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

  9.  

    【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若伊之助』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。今年最後となる11…

  10.  

    【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5…

  11.  

    【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年8月の第…

  12.  

    【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

  13.  

    【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2018年4月の第77回公演では、柳家小満ん師匠が主任…

  14.  

    古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  15.  

    落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う

         

    取材・文/堀けいこ気鋭の真打として注目を集める、落語家の春風亭一之輔さん。寄席や劇場を忙しく…

  16.  

    五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木…

  17.  

    五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  18.  

    落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名

         

    今秋、大名跡「桂三木助」が復活する。三代目桂三木助の孫が五代目を襲名するのだ。三代目の祖父は…

  19.  

    春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  20.  

    柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

         

    古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」…

  21.  

    究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

         

    文/鈴木隆祐今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さ…

  22.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  23.  

    古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

  24.  

    柳家さん喬師匠がトリで『夢金』を口演! 「第70回人形町らくだ亭」は1月17日に開催

         

    江戸に大雪の降りしきる晩、 大川を下る舟の上での出来事『サライ』が主催する落語会「人形町らく…

  25.  

    春風亭一朝師匠がトリで『二番煎じ』を演る! 「第69回人形町らくだ亭」が12月5日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。12月の公演では春風亭一朝が主任(トリ)を勤め、『二番…

  26.  

    当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

         

    この『サライ.jp』でも「ひと皿の歳時記」連載でおなじみの山本益博さんプロデュースによる落語…

  27.  

    五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。10月の公演では五街道雲助が主任(トリ)を勤め、『淀五…

  28.  

    現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

         

    スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのスト…

  29.  

    柳家小満ん師匠がトリで『応挙の幽霊』を口演! 「第67回人形町らくだ亭」が8月25日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。8月の公演では柳家小満んが主任(トリ)を勤め、『応挙の…

  30.  

    三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

         

    「七代目圓生」の名跡をいったい誰が継ぐのか、という問題が落語界のみならず、ワイドショーまで賑わわせた…

PAGE TOP