新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

アウトドア用品で知られるモンベルは、高品質なダウンジャケットで人気のメーカー。この品もモンベ…

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)冬のドイツの最大の楽…

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

2019年3月にモバイル社会研究所が発表したデータによると、スマホの所有率は60代は70%、70代は…

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

写真・文/矢崎海里せりは、早春の水辺に生える山菜で、1月~4月に旬を迎える山菜です。…

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

鍋をつつきながら燗酒をいただくのが楽しみな季節である。だが、酒の燗を頃合いよくつけるのは、な…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

明智光秀が初めて大河ドラマの主人公となった『麒麟がくる』。久方ぶりの王道戦国大河への期待は高く、第一…

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

睡眠中の体の状態をバランスよく保つマットレスをご紹介。マットレスの芯は、体を支える「3Dファ…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

落語

  1. 古今亭志ん輔  

    【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

         

    落語世界のヒーロー、佐平次が縦横無尽に躍動する『サライ』本誌が主催する「人形町らくだ亭」。令和2年最初の公演では古今亭志ん輔が主任を勤め、『居残り佐平次』を演じる。「居残り」とは、遊廓で勘定の払えない客を人質として留め置…

  2. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。  

    【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

         

    大雪の夜、大川に漕ぎ出した一艘の屋根船が舞台本誌が主催する「人形町らくだ亭」。今年最後の公演では…

  3. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。  

    【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。10月公演は…

  4.  

    【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。8月の納涼公…

  5.  

    【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。6月公演では…

  6. 前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?  

    前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン…

  7. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。  

    全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の名人 極めつき72席』

         

    サライ編集部が企画・編集し、1月8日に創刊したCDつきマガジン『落語 昭和の名人 極めつき7…

  8.  

    【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。3月公演では…

  9.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CD…

  10.  

    【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

  11.  

    【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若伊之助』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。今年最後となる11…

  12.  

    【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5…

  13.  

    【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年8月の第…

  14.  

    【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

  15.  

    【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2018年4月の第77回公演では、柳家小満ん師匠が主任…

  16.  

    古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  17.  

    落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う

         

    取材・文/堀けいこ気鋭の真打として注目を集める、落語家の春風亭一之輔さん。寄席や劇場を忙しく…

  18.  

    五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木…

  19.  

    五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  20.  

    落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名

         

    今秋、大名跡「桂三木助」が復活する。三代目桂三木助の孫が五代目を襲名するのだ。三代目の祖父は…

  21.  

    春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  22.  

    柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

         

    古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」…

  23.  

    究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

         

    文/鈴木隆祐今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さ…

  24.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  25.  

    古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

  26.  

    柳家さん喬師匠がトリで『夢金』を口演! 「第70回人形町らくだ亭」は1月17日に開催

         

    江戸に大雪の降りしきる晩、 大川を下る舟の上での出来事『サライ』が主催する落語会「人形町らく…

  27.  

    春風亭一朝師匠がトリで『二番煎じ』を演る! 「第69回人形町らくだ亭」が12月5日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。12月の公演では春風亭一朝が主任(トリ)を勤め、『二番…

  28.  

    当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

         

    この『サライ.jp』でも「ひと皿の歳時記」連載でおなじみの山本益博さんプロデュースによる落語…

  29.  

    五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。10月の公演では五街道雲助が主任(トリ)を勤め、『淀五…

  30.  

    現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

         

    スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのスト…

PAGE TOP