新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初演は“古今亭志ん生に捧げる会”をテーマに、孫弟子3人(古今亭志ん輔、五街道雲助、古今亭志ん橋)による志ん生ネタの豪華競演をお目にかけます。

トリを勤める古今亭志ん輔(65歳)。昭和47年、志ん生の次男・志ん朝に入門。志ん生の長男は金原亭馬生(十代目)で親子3人が揃って名人と賞されるのは落語界では稀。

2019年1月8日に『サライ』が創刊する隔週刊CDつきマガジン『落語 昭和の名人 極めつき72席』(全25巻)にちなんだ特別企画。中入りでは雲助が『火焔太鼓』を口演し、トリでは志ん輔が『唐茄子屋政談』を口演します。

志ん生の孫弟子3人による、志ん生の得意ネタの競演。八方破れと称される志ん生だが、売れるまでの膨大な稽古が芸の骨格を作った。それがどう継承されているか、わが目と耳で確かめていただきたい。

【第82回「人形町らくだ亭」公演 開催概要】

公演日:2019年1月29日(火)
開場:18時30分
開演:18時50分(21時終演予定)

出演・演目:
古今亭志ん輔(主任)『唐茄子屋政談』
古今亭志ん橋『風呂敷』
五街道雲助『火焔太鼓』
金原亭馬治

会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)
住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら

交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。

料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
※全席指定

チケット入手方法:
チケットぴあ(電話 0570-02-9999)にて発売。

チケットぴあPコード=490-786
電子チケットぴあでも発売中
↓↓↓
http://t.pia.jp/pia/event/

主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  2. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  3. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  4. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  5. ジョン・スコフィールド ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド…
PAGE TOP