新着記事

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

映画のロケーションガイドブック

映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

20代女性1,058人一斉調査! マスクシーズン到来!! マスク=風邪対策?すっぴん隠し?おしゃれ対策?

マスク=風邪対策だけではない!? 20代女性1,000人のマスク事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

文/小坂眞吾(『サライ』編集長)

サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン『落語 昭和の名人極めつき72席』。創刊号の志ん生から始まって、今日は早くも第4号、立川談志(壱)が発売となりました。

前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?

CDに収録の2席は、いずれもTBSラジオ『ビアホール名人会』の音源で、初商品化。銀座6丁目「ライオンビル」6階ホールで、昭和60年代に収録されたものです。

つい先日、マスコミ向けの福井県のセミナーがこのホールであり、初めて足を踏み入れましたが、壁の装飾もシャンデリアもじつにクラシックな西洋式の内装で、こんなところで落語を公開収録していたのか、と感無量でした。

さて、CDの音源の1席目は『道灌』です。音源の中で談志自身が語っているように「いい真打が演る噺じゃない」んですが、それを本人が演じているという、珍しいものです。しかも40分以上。

ふつうに演じれば15分で充分なんですが、この音源では噺の合間にたくさんの「注釈」が入ります。それも、金馬はこう演った、圓生はこうだった、志ん生は……、と、名人の声色を使ってじつにみごとに再現してくれる。とくに金馬の口調などは、完コピと言えるほどにクリソツです。

昭和の名人たちと落語の歴史を、笑いのうちに一望するその語り口に、私も腹を抱えて笑ってしまいました。

談志といえば、落語の伝統を否定した人と思われがちです。でもこの『道灌』を聴けば、それが大きな誤解だということはすぐにわかります。

談志は、昭和の名人たちの落語を、誰よりも愛していました。ところが自分が生きた時代には、落語は衰え、名人たちは忘れられていくいっぽうだった。それが許せなかったから、落語が大衆芸能として生き残る道を、タブーを犯してまで探ったのでしょう。

じつは私自身、談志の凄みを理解していたとは言えません。今回収録の『道灌』を聴いて初めて、談志という落語家が何を考えていたのか、理解できたような気がします。

談志ファンはもちろんですが、むしろ「談志は嫌いだ」という人に聴いてもらいたい。本日発売の『極めつき』第4号『七代目立川談志』は、そういう内容になってます。

『サライ』編集長/小坂眞吾

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  2. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  3. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  4. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  5. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。 全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の…
PAGE TOP