新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

文/小坂眞吾(『サライ』編集長)

サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン『落語 昭和の名人極めつき72席』。創刊号の志ん生から始まって、今日は早くも第4号、立川談志(壱)が発売となりました。

前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?

CDに収録の2席は、いずれもTBSラジオ『ビアホール名人会』の音源で、初商品化。銀座6丁目「ライオンビル」6階ホールで、昭和60年代に収録されたものです。

つい先日、マスコミ向けの福井県のセミナーがこのホールであり、初めて足を踏み入れましたが、壁の装飾もシャンデリアもじつにクラシックな西洋式の内装で、こんなところで落語を公開収録していたのか、と感無量でした。

さて、CDの音源の1席目は『道灌』です。音源の中で談志自身が語っているように「いい真打が演る噺じゃない」んですが、それを本人が演じているという、珍しいものです。しかも40分以上。

ふつうに演じれば15分で充分なんですが、この音源では噺の合間にたくさんの「注釈」が入ります。それも、金馬はこう演った、圓生はこうだった、志ん生は……、と、名人の声色を使ってじつにみごとに再現してくれる。とくに金馬の口調などは、完コピと言えるほどにクリソツです。

昭和の名人たちと落語の歴史を、笑いのうちに一望するその語り口に、私も腹を抱えて笑ってしまいました。

談志といえば、落語の伝統を否定した人と思われがちです。でもこの『道灌』を聴けば、それが大きな誤解だということはすぐにわかります。

談志は、昭和の名人たちの落語を、誰よりも愛していました。ところが自分が生きた時代には、落語は衰え、名人たちは忘れられていくいっぽうだった。それが許せなかったから、落語が大衆芸能として生き残る道を、タブーを犯してまで探ったのでしょう。

じつは私自身、談志の凄みを理解していたとは言えません。今回収録の『道灌』を聴いて初めて、談志という落語家が何を考えていたのか、理解できたような気がします。

談志ファンはもちろんですが、むしろ「談志は嫌いだ」という人に聴いてもらいたい。本日発売の『極めつき』第4号『七代目立川談志』は、そういう内容になってます。

『サライ』編集長/小坂眞吾

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  2. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  3. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。 全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の…
  4. 【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様…
  5. 志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊…
PAGE TOP