新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?

文/小坂眞吾(『サライ』編集長)

サライの企画・編集で1月8日に創刊した隔週刊CDつきマガジン『落語 昭和の名人極めつき72席』。創刊号の志ん生から始まって、今日は早くも第4号、立川談志(壱)が発売となりました。

前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか?

CDに収録の2席は、いずれもTBSラジオ『ビアホール名人会』の音源で、初商品化。銀座6丁目「ライオンビル」6階ホールで、昭和60年代に収録されたものです。

つい先日、マスコミ向けの福井県のセミナーがこのホールであり、初めて足を踏み入れましたが、壁の装飾もシャンデリアもじつにクラシックな西洋式の内装で、こんなところで落語を公開収録していたのか、と感無量でした。

さて、CDの音源の1席目は『道灌』です。音源の中で談志自身が語っているように「いい真打が演る噺じゃない」んですが、それを本人が演じているという、珍しいものです。しかも40分以上。

ふつうに演じれば15分で充分なんですが、この音源では噺の合間にたくさんの「注釈」が入ります。それも、金馬はこう演った、圓生はこうだった、志ん生は……、と、名人の声色を使ってじつにみごとに再現してくれる。とくに金馬の口調などは、完コピと言えるほどにクリソツです。

昭和の名人たちと落語の歴史を、笑いのうちに一望するその語り口に、私も腹を抱えて笑ってしまいました。

談志といえば、落語の伝統を否定した人と思われがちです。でもこの『道灌』を聴けば、それが大きな誤解だということはすぐにわかります。

談志は、昭和の名人たちの落語を、誰よりも愛していました。ところが自分が生きた時代には、落語は衰え、名人たちは忘れられていくいっぽうだった。それが許せなかったから、落語が大衆芸能として生き残る道を、タブーを犯してまで探ったのでしょう。

じつは私自身、談志の凄みを理解していたとは言えません。今回収録の『道灌』を聴いて初めて、談志という落語家が何を考えていたのか、理解できたような気がします。

談志ファンはもちろんですが、むしろ「談志は嫌いだ」という人に聴いてもらいたい。本日発売の『極めつき』第4号『七代目立川談志』は、そういう内容になってます。

『サライ』編集長/小坂眞吾

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  2. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。 全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の…
  3. 【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様…
  4. 志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊…
  5. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
PAGE TOP