新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5日開催の第80回公演では、隅田川馬石から五街道雲助への師弟リレーで、『お富与三郎』より『稲荷堀』『島抜け』を続けて口演します。

主任(トリ)を勤める五街道雲助(70歳)。昭和23年、東京生まれ。同43年、十代目金原亭馬生に入門。今年で芸歴50年を迎えた。一昨年、紫綬褒章を受章。

『お富与三郎』は、幕末に大当たりを取った歌舞伎狂言『与話情浮名横櫛』の落語版で、十代目金原亭馬生(1928~82)が得意にしていました。それが弟子の雲助へ、そのまた弟子の馬石へと受け継がれているのです。芸の継承という落語の醍醐味を、生の舞台で体感してください。

【第80回「人形町らくだ亭」公演 開催概要】

公演日:10月5日(金)
開場:18時30分
開演:18時45分(21時終演予定)

出演・演目:
五街道雲助『島抜け』(お富与三郎)
隅田川馬石『稲荷堀』(お富与三郎)
春風亭一朝
春風亭正太郎

会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)
住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら

交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。

料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
※全席指定

チケット入手方法:
チケットぴあ(電話 0570-02-9999)にて発売。

チケットぴあPコード=488-811
電子チケットぴあでも発売中
↓↓↓
http://t.pia.jp/pia/event/

主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
  2. 【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若…
  3. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
  4. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  5. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
PAGE TOP