新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5日開催の第80回公演では、隅田川馬石から五街道雲助への師弟リレーで、『お富与三郎』より『稲荷堀』『島抜け』を続けて口演します。

主任(トリ)を勤める五街道雲助(70歳)。昭和23年、東京生まれ。同43年、十代目金原亭馬生に入門。今年で芸歴50年を迎えた。一昨年、紫綬褒章を受章。

『お富与三郎』は、幕末に大当たりを取った歌舞伎狂言『与話情浮名横櫛』の落語版で、十代目金原亭馬生(1928~82)が得意にしていました。それが弟子の雲助へ、そのまた弟子の馬石へと受け継がれているのです。芸の継承という落語の醍醐味を、生の舞台で体感してください。

【第80回「人形町らくだ亭」公演 開催概要】

公演日:10月5日(金)
開場:18時30分
開演:18時45分(21時終演予定)

出演・演目:
五街道雲助『島抜け』(お富与三郎)
隅田川馬石『稲荷堀』(お富与三郎)
春風亭一朝
春風亭正太郎

会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)
住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら

交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。

料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
※全席指定

チケット入手方法:
チケットぴあ(電話 0570-02-9999)にて発売。

チケットぴあPコード=488-811
電子チケットぴあでも発売中
↓↓↓
http://t.pia.jp/pia/event/

主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
  2. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  3. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  4. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  5. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
PAGE TOP