新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

文/編集部 

落語 昭和の名人 極めつき72席

お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CDつきマガジンの第3弾『落語 昭和の名人 極めつき72席』(全25巻)を本日創刊しました。

昭和30~60年代、寄席とラジオの黄金時代に活躍した噺家を中心に、もう生では聴けない東京落語界の名人たちの十八番が、デジタル・リマスターでよみがえります。

創刊号の口開けはやはりこの人! 人生そのものが落語だった昭和の大看板、古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう)です。

落語 昭和の名人 極めつき72席 創刊号 古今亭志ん生

CDには志ん生の十八番「火焔太鼓」を幻のマクラ付きで復原収録するほか、皿の価値に目がくらんだ古物商の悲劇を滑稽に描く「猫の皿」も収録しています。ボーナストラックにはNHKラジオに残された貴重な芸談「志ん生、芸を語る」も収録!

本体ブックレットには、志ん生を深く知るための人物伝、CD収録の口演の観賞ガイドとともに、矢島裕紀彦氏による連載「名人の舌鼓」(今回は志ん生が愛した『多古久』のおでんを紹介)、ドイツ文学者・池内紀氏による落語エッセイも収録し、読み応えたっぷりの内容です。

落語 昭和の名人 極めつき72席 創刊号 古今亭志ん生

綺羅星のごとき東京落語の名人達。
初出音源を含む「極めつき」72席、たっぷりと!

以後、『落語 昭和の名人 極めつき72席』では、志ん生、圓生ら昭和の大看板、東京落語界を震撼させた立川談志はもちろん、「江戸前の男」柳朝、「山のアナ」の三遊亭圓歌、マスコミの寵児となった橘家圓蔵(月の家円鏡)を新たに加え、各々が十八番とした音源をCDに収め、続々とご紹介してまいります。

前シリーズと音源のダブリは一切ありません。ラジオ局秘蔵のテープから、本シリーズのために発掘・CD化した音源も多数。今までにない、昭和落語の集大成です。

三遊亭円生

柳家小さん

立川談志

三遊亭円歌

金原亭馬生

春風亭柳朝

柳家円蔵

桂三木助

収録した音源は、出来る限り初心者向けの聴きやすいものを選び、名人の、十八番の、入門に最良の口演集となっています。また1席15分〜30分程度で、初心者も気軽に自然に、落語の世界に入って行けます。

落語通をも唸らせる大看板の名演を、1年25巻72席、心ゆくまでご堪能ください。

※シリーズの詳細は下記特設サイトをご覧ください。
https://www.shogakukan.co.jp/pr/rakugo72/

※確実にお求めいただけるよう、全巻予約をおすすめします。全巻予約をお申し込みの方全員に、寄席文字の第一人者、橘左近氏による東京の落語家の師弟系図を差し上げます。明治の大圓朝から平成30年までの名跡の流れや噺家の師弟関係が一目瞭然。本シリーズのために書き下ろしたオリジナルです。お申し込み締め切り:2019年6月末日

橘左近氏による東京の落語家の師弟系図

※系図の一部です。デザインは変更になる場合があります。

全巻ご予約はお近くの書店まで。お近くに書店がない場合は、小学館PS定期購読係(下記)へお問い合わせください。

〈小学館PS定期購読係〉フリーダイヤル:0120-494-656
(受付時間 月曜~金曜9時30分~17時30分 土曜・日曜・祝休日休)

※シリーズの詳細は下記特設サイトをご覧ください。
https://www.shogakukan.co.jp/pr/rakugo72/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  2. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  3. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  4. 前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか? 前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?…
  5. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。 全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の…
PAGE TOP