新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の名人 極めつき72席』

自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。

自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。

サライ編集部が企画・編集し、1月8日に創刊したCDつきマガジン『落語 昭和の名人 極めつき72席』。昭和30~60年代に活躍した東京の落語家の十八番をCDに収め、今年12月までに全25巻を発刊する。買い逃しのないよう、書店店頭では全巻予約も募っている。

全巻予約をしていただいた方、全員への特典が、寄席文字の第一人者・橘左近(たちばな・さこん)師の書き下ろす「明治~平成 東都落語家師弟系図」だ。

幕末から明治前半に活躍し、『牡丹燈籠』や『真景累ケ淵』などの大作を創った三遊亭圓朝から、平成31年初時点での前座まで、東京の落語家の系譜を一望する系図である。

制作する橘左近師は、昭和9年生まれの84歳。落語好きが高じて信州から上京。寄席文字書家・橘右近の弟子となり、落語家の系譜の研究に打ち込んできた。

だから系図づくりは、師のライフワークといってもよいのだが、作業は難航を極めた。なにせ近年の落語ブームで、入門者が急増。どの一門に前座が何人在籍しているか、ひとりひとり確認しなくてはならない。

「もう、これが最後の仕事だよ」。そうボヤきつつ、師匠が昨年末にとりかかった作業は、およそ2か月かけてようやく完成。落語立川流と圓楽一門会を独立させ、3段組となった系図は、約60センチ四方。さっそく印刷所で、汚れやカスレを直す作業が進められている。3月中には印刷が終了し、4月上旬から順次、全巻予約者のもとに届けられる見込みだ。

この系図は、『落語 昭和の名人 極めつき72席』の全巻予約者だけのオリジナル。系譜研究に打ち込んできた左近師の集大成でもある。この機会にぜひ、手に入れていただきたい。

文/『サライ』編集部

『落語 昭和の名人 極めつき72席』詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い…
  2. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/古典の名作『おせつ徳三…
  3. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  4. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP