新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

多くの人はやりがいを求めて就職先を考えたり、転職したりすることだろう。だが、「やりたい仕事」…

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

ギラギラと容赦なく照りつける太陽……。熱中症予防のためにも、夏の外出に帽子は必須アイテムです…

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

文・絵/牧野良幸今回は5月に惜しくも亡くなった降旗康男(ふるはた・やすお)監督の作品…

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

登山・ハイキングの意欲がわいてくる夏が近づいてきました。日本には山登りに適した景勝地が数多く…

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

現在日本には高血圧対象者が約4,300万人(※1)いるとされている。2019年4月25日に発表さ…

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

畳のあの香りって、なんであんなに安らげるのでしょう! そんなすばらしい香りにつつまれてまどろ…

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

文/印南敦史スーパーやコンビニではさまざまな食品が売られているが、それらはすべて2種類の…

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

親族をはじめ、友人・知人、仕事関係などの葬儀に参列することは幾度かあっても、人生の中で、自分…

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

『サライ』7月号では「焼酎」を大特集していますが、こちらではお気に入りの焼酎をさらにおいしく…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

日本ワイン

  1. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。  

    日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」の現在

         

    取材・文/鳥海美奈子山梨県甲州市勝沼には、約30ものワイナリーがあります。勝沼はもともと生食用ブドウの生産地だったことから、全国でもいち早く産業としてワイン造りに取り組んできました。その歴史は古く、始まりは明治時代のこと。国の近代化…

  2. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。  

    人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたのか?|長野県高山村の挑戦

         

    取材・文/鳥海美奈子個性的な生産者が多々登場し、質も向上していることから、ブームが続く日本ワ…

  3. 新しい表示基準で日本ワインはこう変わる  

    ー原材料や生産地などがより明確にー新しい表示基準で日本ワインはこう変わる|『第5回 日本ワイン祭り~JAPAN WINE FESTIVAL~』

         

    国産葡萄を100%使用することが「日本ワイン」の絶対条件。産地呼称など生産者は対応を余儀なくされてい…

  4. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。  

    【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

         

    取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

  5.  

    【日本ワイン生産者の肖像5】中澤一行・由紀子さん夫妻(ナカザワヴィンヤード)|会社員からワイン生産者に。次代へと繋ぐワイン造りの理性と情熱

         

    取材・文/鳥海美奈子その白ワインは、可憐な少女のような佇まいを持っている。決して大胆に、飲み…

  6.  

    【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

         

    取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

  7.  

    【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイナリー)|北海道・空知でつむぐ理想のワイン造り

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワイン“中興の祖”。ブルース・ガットラヴさんには、そんな形容…

  8.  

    【日本ワイン生産者の肖像2】佐々木賢さん・佳津子さん(農楽蔵)|自然と調和した「北海道らしいワイン」を求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子身体になんの違和感もなく、するりと喉から胃腑へと滑り落ちていく。…

  9.  

    【日本ワイン生産者の肖像1】曽我貴彦さん(ドメーヌ・タカヒコ)|日本の風土に合うピノ・ノワールを求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワインにおける、ピノ・ノワールの可能性を切り拓いた人物。ドメ…

PAGE TOP