新着記事

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

写真・文/石津祐介エアーズロックを後にし、再びブリスベンへ【前回はこちら】ブリスベン…

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美飼い主さんの自己中で愛犬の命が危険にさらされる街乗りをしていて気になるのが道…

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

写真・文/藪内成基2019年5月14日、文化庁より世界遺産登録に関する発表がありまし…

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夫と妻

  1.  

    嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。神保町シアター 特集上映「にっぽん家族の肖像─映画で辿る昭和の家庭風景」より嵐(昭和31年)選・文/川本三郎…

  2.  

    前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

  3.  

    高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得

         

    取材・文/坂口鈴香長年連れ添った妻を亡くし、途方にくれる夫。そん…

  4.  

    「いろんな男の人をみてきたけど…」(夏目漱石の妻)【漱石と明治人のことば342】

         

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5.  

    武者小路実篤が病床の妻にあてて綴った愛のことば【漱石と明治人のことば328】

         

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6.  

    成瀬巳喜男『稲妻』|全員“問題あり”の家族を描く凄いドラマ【面白すぎる日本映画 第13回】

         

    文・絵/牧野良幸『稲妻』は成瀬巳喜男監督の1952年(昭和27年)作品である。成瀬が…

  7.  

    定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年本イッキ読み17】

         

    文/印南敦史『妻と夫の定年塾』(中日新聞社)の著者・西田小夜子さんは、長きにわたって…

  8.  

    「幸せは辛抱と思いやりの果てにくる」(井上靖の妻)【漱石と明治人のことば275】

         

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  9.  

    「私の夫のお嫁さんに、娘さんをいただきたい」(竹久夢二の妻)【漱石と明治人のことば270】

         

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  10.  

    『悦ちゃん』獅子文六が亡き妻との日々を思って綴ったことば【漱石と明治人のことば259】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  11.  

    うまくいかない夫婦の間に素敵な女性が現れたら?|成瀬巳喜男『妻』【面白すぎる日本映画 第10回】

         

    文・絵/牧野良幸成瀬巳喜男の映画には似たような設定の作品がいくつかあって、既視感を覚…

  12.  

    【相続事件簿05】まさか前妻との子がいたなんて!父の死後に判明した不都合な真実

         

    あらゆるパターンの相続トラブルを目撃してきた相続問題の専門家・曽根惠子さんに、これまであった相続トラ…

  13.  

    旧日本兵が戦地から妻へ毎日送り続けた哀しい葉書【漱石と明治人のことば227】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  14.  

    詩人サトウハチローの妻が旦那の浮気記事を読んで呟いた一言【漱石と明治人のことば224】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  15.  

    作家・佐藤春夫の「晴れ男伝説」を裏付ける妻のことば【漱石と明治人のことば188】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  16.  

    作家・山本周五郎が死の前々日に妻に打ち明けた大事なこと【漱石と明治人のことば185】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  17.  

    与謝野鉄幹が病気の妻・晶子への究極の愛を詠んだ歌【漱石と明治人のことば171】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  18.  

    60代半ばで娘ほど年下の人妻と恋に落ちた歌人の切なすぎる歌【漱石と明治人のことば162】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  19.  

    西郷隆盛の妻が亡夫の銅像を見てつぶやいた衝撃の一言【漱石と明治人のことば156】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  20.  

    ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)12月26日、33歳の漱石は英国ロン…

  21.  

    死期迫る病床の夏目漱石に、妻・鏡子が見せた気丈な優しさ。【日めくり漱石/12月7日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)12月7日、東京・早稲田南町の…

  22.  

    筆が進まぬ夏目漱石、妻・鏡子と一緒に義太夫を聴きに出かける。【日めくり漱石/12月3日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月3日、45歳の漱石は妻の鏡子を連…

  23.  

    夏目漱石、妻・鏡子と外出時間をめぐって夫婦喧嘩する。【日めくり漱石/11月9日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち大正3年(1914)11月9日、47歳の漱石は昼過ぎに妻の…

  24.  

    夏目漱石、うら若き禅僧のことについて妻・鏡子に相談する。【日めくり漱石/9月24日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)9月24日、49歳の漱石は妻の…

  25.  

    胃痛に悩む夏目漱石、妻への手紙でグチをこぼす。【日めくり漱石/9月22日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)9月22日、ロンドン留学中の34歳の…

  26.  

    負けん気強くて夫思い!夏目漱石の妻・夏目鏡子さんに関する記事まとめ【日めくり漱石 号外編】

         

    サライ.jpで連載中の『日めくり漱石』(文/矢島裕紀彦)では、漱石先生ありし日々の逸話を毎日…

  27.  

    夏目漱石、妻を亡くした友人のため弔問に駆けつける。【日めくり漱石/8月16日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月16日、42歳の漱石は朝一番で小…

  28.  

    夏目漱石、逗留中の宿にて妻との電話がトンチンカン。【日めくり漱石/8月12日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月12日、伊豆・修善寺の菊屋旅館に…

  29.  

    夏目漱石、妻・鏡子のさりげない気遣いにホンワカする。【日めくり漱石/1月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP