新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

詩人サトウハチローの妻が旦那の浮気記事を読んで呟いた一言【漱石と明治人のことば224】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「私という本妻がいるのに」
--佐藤くら

佐藤くらは、詩人で作詞家のサトウハチローの最初の妻である。旧姓は間瀬。ハチローの父・佐藤紅緑の勧めで、ふたりが結婚し東京・西巣鴨に家庭を構えたのは大正11年(1922)、ハチローが19歳のときだった。紅緑は居所も定まらない息子を心配し、家庭を持たせたら少しは落ち着くのではないかと考えたのだった。

くらは、もともとは紅緑の再婚相手である女優・三笠万里子の付き人をしていた女性だったという。

しかし、ハチローはあてがわれた結婚で、おとなしく家庭におさまっているような人物ではなかった。

結婚後、23歳の頃にはラリルレロ玩具製作所というオモチャの制作会社を作り、ほとんどそちらに入り浸りとなってしまった。当時、ハチローはニセ学生として上野の美術学校に通っていて、10人ほどの美校の学生たちといっしょに巣鴨に家を借り、2階を寝室、1階を工房とし、湯殿に釜をすえて粘土でこしらえたオモチャを焼いたのである。

出来上がったのは、よだれかけをかけたカバや、襟巻きをまいたキリン、クマの筆立て、ポケットがドロップ入れになっているカンガルー、だんだらのジャケットを着た泥棒の人形(銭入れになっている)などだった。すでにくらとの間に子供も生まれ、詩人として仕事をはじめていても、家庭に縛られるより、自由に仲間たちと過ごす時間の方が、ハチローにはどうにも愉しいらしかった。

ハチローと美校生たちは、日本橋や新宿の三越、上野と銀座の松阪屋、大阪大丸、福岡の玉屋といった百貨店で展示即売会を開き、これらの玩具を並べた。値段が安いこともあっておおむね好評で、玩具はほとんど売り切れた。日本橋三越で開催された第1回の展示即売会では、招待日に劇作家の小山内薫がやってきて、泥棒の人形に予約の赤札をつけていったという。

親から押しつけられた結婚への反発もどこかにあったのだろうか。ハチローはその後、女優の歌川るり子(本名・加藤芳江)や江川蘭子(本名・熱田房枝)とも恋仲になった。しかもこれは同時並行の恋愛で、半ば公然と周囲の人にも知られていた。あるとき、都新聞が「蘭子は憂鬱」という見出しのついた記事を掲載した。記事には沈んだ表情の蘭子の写真が付され、ハチローがるり子と新しい所帯を持ったため、蘭子が憂鬱になっていると伝えていた。

西巣鴨の本宅でこの新聞記事を読んだくらは、掲出のように一言、「私という本妻がいるのに」と呟いたという。その呟きの底には、もはや寂しさを通り越して、あっけらかんとした諦めの感情も萌していたのかもしれない。昭和9年(1934)10月には、くらとハチローの協議離婚が正式に成立している。

るり子はその後、懐妊したこともあってハチローの妻として正式に入籍。先妻くらの子も引き取って一緒に暮らした。一方で、欄子とハチローの関係も切れることがなかった。

欄子なしには仕事もできないとハチローは言い張り、確かに秘書的な役回りも果たしていなくはない。しまいには、るり子も嫉妬を捨てて欄子のことを認め、自宅の近所に住まわせるという不思議な関係がつづいていったという。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP