新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【相続事件簿05】まさか前妻との子がいたなんて!父の死後に判明した不都合な真実

あらゆるパターンの相続トラブルを目撃してきた相続問題の専門家・曽根惠子さんに、これまであった相続トラブルの実例と、その解決策をご紹介していただく連載企画です。

親のことはもとより、自分自身も“終活”を意識する年齢にさしかかっているサライ世代にとっては大切な知識です。後戻りできない骨肉の争いを避けるためにも、ぜひ読んでおいてください。

【相続事件簿05】異母姉の存在を妹たちに知らさずに相続の手続きをする方法

さて、今回の相談者は、原田裕子さん(仮名・48歳)。先日、80代のお父様を亡くし、お母様と一緒に相談に来られました。

「父が亡くなってから、相続の手続きをするために、生まれた時からの戸籍が必要だと言われて取り寄せました。すると母との結婚は2度目で、しかも、前妻の間には、娘が1人いることがわかったのです。現在58歳になる方で、私にとっては異母姉です。

これにはまったくの想定外のことで、本当に驚きました。相続人は、母と私と妹2人の3姉妹ですから4人だということしかありませんでした。」

「父は実直な人柄で、私たち娘にもやさしくていい父親でしたので、そんな大事なことを隠しているとは想像もできませんでした。私よりも母のほうがショックが大きく、あんなに取り乱した姿は見たことがないくらい混乱していました。父からは結婚歴があることや子供がいることも一切知らされていなかったのです。

50年の結婚生活がすべて否定されるようで、なぜ、言っておいてくれなかったのかと父に恨み言を言っています。」

父親は遺言書を残しませんでしたので、相続手続きには相続人全員の合意のもとに分割協議をする必要があります。異母姉も父親の実子ですから、当然、相続人になります。

「父は法曹関連の仕事をしていましたし、いろいろと交際範囲も広く、相続の知識もあったはずなのに、遺言書は残していませんでした。

母も私も夜、眠れないほどでまだ気持ちの整理がついていません。2人の妹にもこの事実を伝えないといけないのですが、父が亡くなったことで悲しんでいる姿を見ると伝える決断がつきません。知らせても混乱するだけですし……なにより私たちのことを愛してくれた父のイメージを壊すことが残念でなりません。

なので、妹たちには知らせずに、長女である私と母親だけで手続きがしたいのです。

それに今まで会ったこともない人に、どういって連絡して会えばいいかわからないし、どんな人かもわからないので、それを考えるだけで夜も眠れませんし……会うのも怖いので……いったいどうすればいいでしょうか。」

原田さんとお母様は、穏やかな口調ながらも、異母姉との距離感をつかめず、気持ちの整理もついていない様子がわかりました。

*  *  *

お父様の財産は、自宅と預金と株式で総額5000万円ほどだとわかりました。相続人は1人増えて5人になりますので、基礎控除額は6000万円となります。

相続税の基礎控除は、3000万円が基本で、法定相続人の数×600万円を加えたもの。この計算の結果、遺産が基礎控除の金額より低い場合、相続税は発生せず、申告も必要ありません。

原田さんのケースで基礎控除を確認すると、3000万円 + 5人×600万円=6000万円となります。財産が5000万円ですので、基礎控除以下となり、相続税はかかりません。

「相続税の基礎控除の範囲内ですので、相続税の申告は不要だとわかり、安心しました」と原田さん。しかし、それで相続の手続きが不要になるわけではなく、異母姉の協力が得られないと不動産の名義も変えられないのです。

さて、次のページで、曽根さんの解説とアドバイスを聞いてみましょう。

>>次ページ「異母姉の存在を妹たちに知らせることなく相続の手続きをすすめる方法」

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シニア 「車の運転」「振り込め詐欺対策」「財産の承継」シニア2000名の…
  2. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
  3. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  4. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  5. 【相続事件簿11】相続税額を知ってパニックに!急場をしのぐ秘策と…
PAGE TOP