新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『悦ちゃん』獅子文六が亡き妻との日々を思って綴ったことば【漱石と明治人のことば259】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「共に生きる時間、触れ合う時間が長いと、小石を積み上げるように、愛情の山ができてくるのであろう」
--獅子文六

NHKの土曜時代ドラマ『悦ちゃん』が秘かな人気を呼んでいる。今日はその最終回(第8回)の放送が予定されている。原作者は獅子文六である。

獅子文六は明治26年(1893)横浜生まれ。本名は岩田豊雄。獅子文六というペンネームは、百獣の王であるライオン(獅子)と、文豪(文五)の上をいく文六との組み合わせ。洒落とはいえ、豪気なものだ。

獅子は慶応義塾文科を中退し、大正11年(1922)、貿易商をしていた父の遺産を留学資金にしてフランスへ渡航。パリで演劇を学び、帰国後、岸田國士の誘いで新劇協会に入り演出家として出発した。やがて岸田らとともに文学座を旗揚げ。傍ら、生計を立てるため、フランス風のユーモアとエスプリをきかせた小説を書きはじめ、『悦ちゃん』『てんやわんや』『自由学校』などで人気作家となっていく。

その一方、私生活では、獅子文六は、妻に先立たれるという悲哀を二度までも味わっている。最初の妻はフランスから連れ帰ったマリイ・ショウミイ。帰国から7年目の昭和7年(1932)、フランス人妻は長女の巴絵を残して病死した。文六はまだ幼い娘の養育を思い、2年後に愛媛県出身の富永シヅ子と再婚。16年連れ添ったあと、そのシヅ子をも亡くしたのだった。

掲出のことばは、シヅ子を亡くしてしばらくのち、文六が夫婦としてともに積み重ねた年月をしみじみと振り返り綴ったもの。「生起した事実を、順々に、できるだけ、克明に書いた」という小説『娘と私』の中からの引用である。

シヅ子と再婚するとき、文六は、自分のことは脇に置き、ともかく娘の養育のことを最優先にして母親となるのに最適の人を選んだ。それが亡くなられてみると、知らぬまに、自分にも最良の妻となっていたことに、いまさらながら気づかされる。

夫と妻は、それぞれのやり方で愛情の小石を積み上げ、それがいつしか大きな山となっていた。文六は、伴侶をうしなって、その山の前に茫然と立ち尽くすのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  2. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  3. 高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得
  4. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  5. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
PAGE TOP