新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

成瀬巳喜男『稲妻』|全員“問題あり”の家族を描く凄いドラマ【面白すぎる日本映画 第13回】

文・絵/牧野良幸

『稲妻』は成瀬巳喜男監督の1952年(昭和27年)作品である。成瀬が好んで取り上げることが多かった林芙美子の原作をもとにした文芸作品。

『稲妻』は家族ドラマである。しかしその状況たるや、かなり凄い。年老いた母親おせい(浦辺粂子)には4人の子どもがいた。長女の縫子、二女の光子、長男の嘉助、そしてこの映画の主人公、三女の清子(高峰秀子)である。

この4人兄妹の父親が全部違うのである。しかし、おせいは「おまえのおとっつぁんは、お巡りさんで、そりゃ立派な男だったよ」「あの子のおとっつぁんは気の弱い人だったねえ」とことあるごとに語り悪びれていない。となれば「家族で助け合って生きよう!」となるのが今のドラマであろうが、この映画は違う。観光バスの案内嬢をしている清子以外は、全員が“問題あり”の人間なのだ。

結婚している長女の縫子はどん欲な女だ。夫がいるのにやり手のパン屋、綱吉と付き合っている。まあ縫子の夫も妻の家族に金や酒をせびるくらいだから、これまた“問題あり”の男であるが。男といえば、長男の嘉助もそうで、戦争から帰ってからずっとブラブラしている。

唯一、二女の光子だけが誠実で、清子も信頼しているのだが、その光子も夫が急死してしまう。この夫も“問題あり”だった。生前に浮気をしていて子どもまで作っていたことが発覚する。愛人が突然、金をせびりにあらわれたからである。この愛人のずうずうしさも“問題あり”だ。

光子の夫の保険金を当てにしていたのは、愛人だけではなかった。母親のおせいや、長男の嘉助、そして金にめざとい縫子もそう。ひとり清子だけは光子を支えるが、肝心の光子は「夫のしたことは私が償わなければ……」と愛人にお金を差し出し、さらには清子が嫌っているパン屋の綱吉に入れ込んでしまう(綱吉は縫子とも付き合っていたから二股)。

とうとう清子は「こんなズルズルべったり、だらしない家族とはやってられない!」と、家を飛び出してしまうのであった。

ここまでは“問題あり”の人間たちによる群像劇が繰り広げられるが、清子が一人暮らしを始めてから出会うのが、逆に“いい人”ばかりとなるから面白い。そのコントラストはハッキリしていて、下宿は山の手であろうか、上品な住宅の二階。大家は善良な老女であり、隣には仲睦まじい兄妹が住んでいる。それも庭付きで、二人ともピアノも弾くというのだから健全この上ない。

下宿には姉の光子が訪れ、この環境をうらやましく思う。母親のおせいも心配してやってくる。この二人も清子の下宿にいる間は、何だかしっかりした人物のようである。こうして清子に笑顔が戻り、映画を観ている僕らも明るくなれるのであった。

よく考えたら、清子以外の誰も生き方は変わっていないのに、映画の終わりはすがすがしい余韻を持って終わる。これもまた成瀬映画の妙であろう。

ちょうど神保町シアターでは11月25日より《女優で観る〈大映〉文芸映画の世界》と題して、大映の文芸作品が上映される。『稲妻』も含まれるので、ご覧になってはいかがか。

『稲妻』
■製作年:1952年
■製作・配給:大映
■白黒/88分
■キャスト/高峰秀子、三浦光子、村田知英子、 植村謙二郎、香川京子、 根上淳、小沢栄、 浦辺粂子ほか
■スタッフ/監督: 成瀬巳喜男、原作:林芙美子、脚本: 田中澄江、音楽: 斎藤一郎

【女優で観る〈大映〉文芸映画の世界】
■期間:2017年11月25日(土)~12月22日(金)
■上映館:神保町シアター
■住所:東京都千代田区神田神保町1-23
■電話:03-5281-5132
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/daieijoyu2.html
※「稲妻」の上映は12月16日(土)~12月22日(金)です。上映時間については、上記サイトをご確認ください。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  2. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  3. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
  4. 『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白す…
  5. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
PAGE TOP