新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

神保町シアター 特集上映「にっぽん家族の肖像─映画で辿る昭和の家庭風景」より
(昭和31年)
選・文/川本三郎

妻に先立たれた文学教授の水沢(笠智衆・中央)は、親戚に預けていた子供4人を引き取り男手ひとつで育てる。(C)1956東宝

妻に先立たれた男が四人の子供を育てあげる。その「嵐」のなかにいるような父親の苦労、そして親子の情愛を優しくとらえた家庭劇の秀作。島崎藤村の実体験を踏まえた中篇小説を『無法松の一生』(昭和18年)で知られる稲垣浩が映画化。脚本は菊島隆三。

大正から昭和にかけて。フランス文学の大学教授(笠智衆)は七年前に妻を亡くした。四人の子供を親戚に預けてフランスに行っていた。帰国後、子供たちを引取って自分で育てようと決心する。

三人の男の子と娘。徐々に引取ってゆき、やがて四人が揃う。麻布の飯倉片町の借家で暮すことになるが、男やもめには子育ては大変。大学教授を辞め、家で出来る文筆の仕事に打込む。

生活描写が丁寧。大八車での引越し、おねしょ、柱での背比べ、ひな祭り、お盆の迎え火……雨の日、父親は娘のために小学校に傘を持って迎えにゆく。兄二人は、自分たちは放ったらかしにされたとすねる。子供の気持は難しい。

幸い、働き者の「婆や」(田中絹代)が来てくれるようになって家事が少し楽になる。

子供たちは成長してゆく。長男(山本廉)は故郷の家を継ぎ、農業を営む。次男(大塚国夫)と三男( 久保明)は美術学校へ。末娘(雪村いづみ)は女学校に。

娘が初潮を迎えた時、父親はどうしたらいいか分らずおろおろするばかり。婆やはきちんと処置して「おめでとうございます。おんなになられました」と頼もしい。

昭和の家庭には「ねえや」や「婆や」が家族のなかで大きな役割を果していたものだった。

島崎藤村にはよく知られている事件がある。妻に先立たれたあと姪と過ちを犯し、世間の批判を浴びた。そして逃げるようにフランスに旅立った。「嵐」にはこの事件の意もあるだろう。

映画の最後、子供たちの成長を見た父親は、これから仕事に打込むと決意するが、実際、藤村はこのあと再婚し、大作『夜明け前』を書きあげた。

次男の島崎鶏二は太平洋戦争に従軍画家として出征、南方洋上で戦死。三男の蓊助は画家として立った。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『嵐』
昭和31年(1956)日本
監督/稲垣浩
出演/笠智衆、田中絹代、雪村いづみ、久保明ほか
上映時間/1時間48分

【上映スケジュール】
期間:5月26日(土)~6月1日(金)
*上映日時は要問い合わせ
会場:神保町シアター
東京都千代田区神田神保町1-23
地下鉄神保町駅より徒歩約3分
電話:03・5281・5132

http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

※神保町シアターでは5月5日(土)(祝日)から6月8日(金)まで特集「にっぽん家族の肖像─映画で辿たどる昭和の家庭風景」を上映。戦前から現代まで、名監督たちが様々な時代を背景に紡つむいできた家族模様を特集します。

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの…
  2. 狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白す…
  3. ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作…
  4. 市川崑監督『犬神家の一族』|黒々しさが味わい深い傑作ミステリー映…
  5. 市川崑監督『鍵』|入り口はエロス、出口はブラック【面白すぎる日本…
PAGE TOP