サライ.jp

動画

動画に関する記事34

趣味・教養 「顰蹙」は何と読む? 人から買うものです【脳トレ漢字15】

正しい意味を理解し、適切に漢字が使えているのか、疑問を感じることが増えていませんか? Google先生やデジタルデバイス…

2020/10/17
NEW
趣味・教養 【古都の名水散策 第4回】桃太郎の國の名水、備前岡山藩主池田…

日本は島国であるとともに、国土の大半が山地であり山国でもある。山地に降った雨は、川となり海へと流れる。一部の水は地下にし…

2020/10/11
趣味・教養 「瀟洒」の正しい読み方は? さらに熟語「満目瀟然」「洒洒落落…

正しい意味を理解し、適切に漢字が使えているのか、疑問を感じることが増えていませんか? 適当に漢字を使ってしまい、気付かな…

2020/10/10
趣味・教養 人間なんて、しょせんこの程度のもの…。馬生落語のスターはとに…

文/小坂眞吾(小学館プロデューサー・前『サライ』編集長) 噺家を他人と比べちゃいけません 落語というのは、噺家の個性を味…

2020/10/9
趣味・教養 憧れのお膝猫! ツンデレの猫さんがお膝猫になる魔法みたいな方…

猫とひとくちにいっても、好みも性格もみんな異なります。筆者も猫を2匹(麦わら猫と黒猫)飼っていますが、それぞれ好きな食べ…

2020/10/4
趣味・教養 「毬栗」って、なに栗? 正しい読み方は? 秋の味覚ですね【脳…

「あれ? なんて漢字だったけ」と悩むことが多くなっていませんか? 少しだけ思い出す努力をしてみるものの、結局は「まあ、い…

2020/10/3
趣味・教養 没後38年。十代目金原亭馬生、復活の予感

文/小坂眞吾(小学館プロデューサー・前『サライ』編集長) 志ん生の長男に生まれたばっかりに 結婚相手や友だちは選べても、…

2020/10/1
趣味・教養 【古都の名水散策 第3回】信長の臣が築いた、戦国時代からの水…

日本は島国であるとともに、国土の大半が山地であり山国でもある。山地に降った雨は、川となり海へと流れる。一部の水は地下にし…

2020/9/27
趣味・教養 「瘡蓋」の正しい読み方は? 体に“できる”ものです【脳トレ漢…

「あれ? なんて漢字だったけ」と悩むことが多くなっていませんか? 少しだけ思い出す努力をしてみるものの、結局は「まあ、い…

2020/9/26
趣味・教養 「扨措」の正しい読み方は? 日常的に使う言葉です【脳トレ漢字…

「あれ? なんて漢字だったけ」と悩むことが多くなっていませんか? 少しだけ思い出す努力をしてみるものの、結局は「まあ、い…

2020/9/19
趣味・教養 濡れた革靴のケア:100円ショップ活用靴磨き術

みなさん、雨に濡れた革靴をそのまま放置してはいませんか? 乾かしたから大丈夫、なんて大間違い。実は濡れて乾いたあとが、革…

2020/9/13
趣味・教養 “つばきごと”?「椿事」の正しい読み方は? 最近の政局でも起…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/9/12
趣味・教養 【古都の名水散策 第2回】阿波徳島の発展を支えた眉山の湧水(…

日本は島国であるとともに、国土の大半が山地であり山国でもある。山地に降った雨は、川となり海へと流れる。一部の水は地下にし…

2020/9/5
趣味・教養 「吃逆」、この漢字なんと読みます? ちょっと困った体の異変…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/9/5
趣味・教養 “われまたくれない”と書く「吾亦紅」の正しい読み方は? 晩夏…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/8/29
趣味・教養 「痙攣」読めますか? 漢字の生い立ちを知れば、もっと覚えやす…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/8/22
趣味・教養 “こうり”?「胡瓜」の正しい読み方は? 夏野菜の一つでもあり…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/8/15
趣味・教養 夏到来で気をつけたい 愛猫の健康を左右する〈飲み水問題〉。猫…

暑い夏がやってきました。この季節、特に気をつけたいのが愛猫さんの水分補給問題。お水を容器に入れて置いておくというお宅が多…

2020/8/13
趣味・教養 “はとお”と書く「鳩尾」の正しい読み方は? 人間の急所の一つ…

最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか、「読めるけれども…

2020/8/8
趣味・教養 ぜんじ? ざんじ?「漸次」の正しい読み方は? 混同しやすい「…

最近、書くとことが面倒臭いなあと思うこと、多くなっていませんか? 例えば、アンケートの「その他」欄とか、なんか億劫になっ…

2020/8/1
1 2

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア