精神科医の和田秀樹さん(63歳)の新刊『シン・老人力』が話題を集めています。和田医師は停滞するニッポンを救うのは、高齢者の新たな力だと説きます。発売を記念して行なわれた「世界最高齢プログラマー」の若宮正子さん(88歳)との対談の一部を、全7回でお届けします。第4回は、高齢者の成長のために必要なことなどについて語り合います。

精神科医の和田秀樹さん。

●対談を収録した動画は下記より視聴できます。

高齢者は年金よりも日常生活が大事

和田秀樹(以下、和田) 日本は高齢者のバリアフリーとか言うわりに、例えば歩道橋とかがいっぱいあってね。「シルバー民主主義」とか言った時に、年金の話なんかよりも、本当は日常生活をもうちょっと楽にしてくれよという人が多いと思うんです。

若宮正子(以下、若宮) そうそう。歩道橋のね、雨ざらしの階段を買い物の荷物なんかを持って、上り下りするのは本当に危ない。

和田 危ないですよね。だから、そういう初歩的なことを何とかしてくれよとみんなが言った時、これからの時代は答えが出るまでの時間はずっと短縮されるんですね。それがAI時代のすごさですから。

若宮 そうなんです。もっと声をあげないと。それと高齢者という人種が別にいるわけじゃなくて、若い人もいずれは高齢者になる。でね、もっと自分のお父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと仲良くして、意見交換すべきだと思うんです。

和田 その通りですよね。若宮さんも若い頃に会社の意見箱にずっと入れ続けて、ある時期にそれが認められて、いろんなチャンスが生まれたわけじゃないですか。

若宮 そうです。

「世界最高齢プログラマー」の若宮正子さん。

「80歳以上だから」と断られる

和田 人間っていい環境が与えられれば、その人の「芽」がずっと出てくると思うんですよ。例えば、大谷翔平さんだって、たぶん昔の古い頭の人が最初に入ったチームのコーチだったら、どっちかにしろって言われていたかもしれない。

若宮 そうですよね。

和田 そうなったら、もうその人のバッティングの才能もピッチングの才能もそこで終わっちゃうわけじゃないですか。そんなことがあっていいわけない。

若宮 そうそう。

和田 やっぱり、どんな人に対しても本当は環境が悪いから成長できないとか、認めてくれる人がいればいい成長できるのにとか、もっと寛容になるべきだと思うんです。とくに高齢者は、いろいろな個人差がずっと大きいのに、一括りにされやすい。

若宮 わかります。私もスマホのね、新しい契約をするわけじゃないんですよ。機種変更をするだけなのに、「80歳以上は付き添いがないとダメです」と言われることがあります。きっと、もっと専門的なシステムエンジニアの方なんかでもね、80歳以上だからと断られると思いますよ(笑)。

エクセルを使って模様を描く「エクセルアート」を始めた若宮正子さん。洋服やバック、団扇などの作品がある。

●対談を収録した動画は下記より視聴できます。

●和田秀樹医師の新刊『シン老人力』の情報はこちらから。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09389117

* * *

『シン・老人力』(和田秀樹 著)
小学館

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

和田秀樹(わだ・ひでき)
精神科医。1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は川崎幸病院精神科顧問、ルネクリニック東京院院長などを務める。高齢者専門の精神科医として、30年以上にわたって高齢者医療の現場に携わっている。著書に『80歳の壁』『70歳が老化の分かれ道』など多数。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店