新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインタ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ニッポンの国宝ファイル

  1.  

    国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニッポンの国宝ファイル13】

         

    奈良・斑鳩の法隆寺で、「夢殿」の秘仏『救世観音(くせかんのん)』が秋期公開中だ(〜11月22日まで)。普段は夢殿の奥に安置され、公開されるのは年に2回、春季(4月11日から5月18日)と秋季のみである。その顔と体は1400年前のものとは思え…

  2.  

    国宝「雪松図屏風」雪を描かずに雪を描いた天才・円山応挙の傑作【ニッポンの国宝ファイル14】

         

    徹底した写生で絵画史を塗り変えた絵師、円山応挙(まるやま・おうきょ、1733~1795)。彼が残した…

  3.  

    国宝『鳥獣人物戯画』に盛り込まれた“日本人が大好きなもの”とは【ニッポンの国宝ファイル12】

         

    誰もが見て「カワイイ!」と声を発するであろう国宝『鳥獣人物戯画』(京都・高山寺蔵)は、絵巻なのに詞書…

  4.  

    なぜ十字架が!? 国宝「姫路城」に残された謎のキリシタン瓦の怪【ニッポンの国宝ファイル11】

         

    2015年春、5年半にも及ぶ平成の大修理を終えて、美しく生まれ変わった国宝・姫路城(兵庫県)。世界遺…

  5.  

    京都をまるごと屏風に!国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」は細部が面白い【ニッポンの国宝ファイル10】

         

    山形県米沢市の上杉博物館に所蔵されている、国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」。なぜ都を描いた洛中洛外図屏…

  6.  

    国宝「三十三間堂」の“33”という数字に秘められた意味とは【ニッポンの国宝ファイル9】

         

    日本一大きな歴史的木像建造物は東大寺大仏殿。では、日本一長い歴史的木像建造物は何かご存じだろうか? …

  7.  

    現存3点がすべて国宝「曜変天目」瑠璃色のミステリー【ニッポンの国宝ファイル8】

         

    テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)に鑑定のため持ち込まれた茶碗が「曜変天目(ようへん…

  8.  

    国宝「伝源頼朝像」誰が誰を描いたのか?謎すぎる肖像画【ニッポンの国宝ファイル7】

         

    源頼朝と聞いてイメージするのは、長い間歴史教科書に載っていたあの端正な肖像画、国…

  9.  

    国宝「燕子花図屏風」に秘められた光琳の斬新すぎるアイデア【ニッポンの国宝ファイル5】

         

    絢爛たる画面にリズミカルな群青と緑色。そのモダンなデザイン性は一度見たら忘れられない。それが…

  10.  

    最も小さな国宝「金印」には可愛い蛇がとぐろを巻いている【ニッポンの国宝ファイル6】

         

    数あるニッポンの国宝のなかで“最も小さな国宝”が、「金印」(福岡市博物館蔵)である。「漢委奴…

  11.  

    国宝・松林図屏風は靄と謎に包まれた水墨画の最高峰【ニッポンの国宝ファイル4】

         

    取材・文/まなナビ編集室色は墨の濃淡のみ。描かれるのは松のみ。これが水墨画の最高傑作…

  12.  

    国宝・金剛力士像とヘラクレス像の腹筋対決!【ニッポンの国宝ファイル3】

         

    腹筋が割れてなければ男にあらず、と言わんばかりの腹筋ブーム。じつは誰でも腹筋は割れていて、脂肪が上に…

  13.  

    国宝・風神雷神図屏風の雷神様の「愛嬌」のヒミツ【ニッポンの国宝ファイル2】

         

    圧倒的な躍動感が見るものを魅了する、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の傑作、国宝「風神雷神図屏風」(京都…

  14.  

    国宝・阿修羅像の「三面六臂」の意味するものとは【ニッポンの国宝ファイル1】

         

    日本美術の中でも特別な人気を誇る国宝・阿修羅像(興福寺蔵)は、“三面六臂(さんめんろっぴ)”…

PAGE TOP