新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

まぐろ

  1. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

    取材・文/北吉洋一自宅で楽しめ、贈り物にも向く“お取り寄せまぐろ”の逸品まぐろは加工しても美味しい。老舗料亭の名物惣菜に、まぐろを使った削り節、独創的な加工食品など、取り寄せできる名品を選りすぐった。※表示価格はすべて税…

  2. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

    日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の…

  3. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

    取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや…

  4. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ

    旨いまぐろを食べるには、漁の盛んな港町を訪れるのがいちばん。水揚げされたばかりの見事なまぐろが待って…

  5. 何だコレ!? マグロで有名な大間町で見つけた世にも珍しい「マグログッズ」たち

    文/鈴木拓也「本州最北端」あるいは「本州最果ての地」と枕詞がつく大間町。人口5千人強…

  6. 【口福みやぎ丸 第6回】気仙沼のメカジキ――刺身でも火を通しても旨い、美しき桜色の身肉【PR】

  7. 東京の名店で味わえる「とっておきの名物まぐろ料理」4つ

  8. これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

  9. まぐろの目利きになる!日本で食べられている「まぐろ」の種類と部位の違い

  10. 下等な魚だった「まぐろ」が日本人の「ご馳走魚」に成り上がった理由

  11. まぐろ好きなら巡礼したい!極上まぐろを満喫できる日本の3つの港町

  12. 【口福みやぎ丸 第5回】塩竃(しおがま)のメバチマグロ――三陸東沖で漁獲される香り高き生まぐろ【PR】

  13. サライ12月号は「まぐろ」を味わい「書」を楽しむ2つの特集に北斎カレンダー付きです!

  14. 実は国内きってのマグロ天国!沖縄・那覇で味わう「沖縄美ら海まぐろ」の贅沢【沖縄ぬちぐすい紀行6】

  15. 大間のマグロに合う日本酒はこれ!

PAGE TOP