新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

まぐろ

  1. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

    取材・文/北吉洋一自宅で楽しめ、贈り物にも向く“お取り寄せまぐろ”の逸品まぐろは加工しても美味しい。老舗料亭の名物惣菜に、まぐろを使った削り節、独創的な加工食品など、取り寄せできる名品を選りすぐった。※表示価格はすべて税…

  2. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

    日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の…

  3. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

    取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや…

  4. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ

    旨いまぐろを食べるには、漁の盛んな港町を訪れるのがいちばん。水揚げされたばかりの見事なまぐろが待って…

  5. 何だコレ!? マグロで有名な大間町で見つけた世にも珍しい「マグログッズ」たち

    文/鈴木拓也「本州最北端」あるいは「本州最果ての地」と枕詞がつく大間町。人口5千人強…

  6. 【口福みやぎ丸 第6回】気仙沼のメカジキ――刺身でも火を通しても旨い、美しき桜色の身肉【PR】

  7. 東京の名店で味わえる「とっておきの名物まぐろ料理」4つ

  8. これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

  9. まぐろの目利きになる!日本で食べられている「まぐろ」の種類と部位の違い

  10. 下等な魚だった「まぐろ」が日本人の「ご馳走魚」に成り上がった理由

  11. まぐろ好きなら巡礼したい!極上まぐろを満喫できる日本の3つの港町

  12. 【口福みやぎ丸 第5回】塩竃(しおがま)のメバチマグロ――三陸東沖で漁獲される香り高き生まぐろ【PR】

  13. サライ12月号は「まぐろ」を味わい「書」を楽しむ2つの特集に北斎カレンダー付きです!

  14. 実は国内きってのマグロ天国!沖縄・那覇で味わう「沖縄美ら海まぐろ」の贅沢【沖縄ぬちぐすい紀行6】

  15. 大間のマグロに合う日本酒はこれ!

PAGE TOP