新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

まぐろ

  1. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

    取材・文/北吉洋一自宅で楽しめ、贈り物にも向く“お取り寄せまぐろ”の逸品まぐろは加工しても美味しい。老舗料亭の名物惣菜に、まぐろを使った削り節、独創的な加工食品など、取り寄せできる名品を選りすぐった。※表示価格はすべて税…

  2. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

    日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の…

  3. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

    取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや…

  4. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ

    旨いまぐろを食べるには、漁の盛んな港町を訪れるのがいちばん。水揚げされたばかりの見事なまぐろが待って…

  5. 何だコレ!? マグロで有名な大間町で見つけた世にも珍しい「マグログッズ」たち

    文/鈴木拓也「本州最北端」あるいは「本州最果ての地」と枕詞がつく大間町。人口5千人強…

  6. 【口福みやぎ丸 第6回】気仙沼のメカジキ――刺身でも火を通しても旨い、美しき桜色の身肉【PR】

  7. まぐろ好きなら全部食べたい!東京の名店で味わえる「とっておきのまぐろ料理」4つ

  8. これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

  9. まぐろの目利きになる!日本で食べられている「まぐろ」の種類と部位の違い

  10. 下等な魚だった「まぐろ」が日本人の「ご馳走魚」に成り上がった理由

  11. まぐろ好きなら巡礼したい!極上まぐろを満喫できる日本の3つの港町

  12. 【口福みやぎ丸 第5回】塩竃(しおがま)のメバチマグロ――三陸東沖で漁獲される香り高き生まぐろ【PR】

  13. サライ12月号は「まぐろ」を味わい「書」を楽しむ2つの特集に北斎カレンダー付きです!

  14. 実は国内きってのマグロ天国!沖縄・那覇で味わう「沖縄美ら海まぐろ」の贅沢【沖縄ぬちぐすい紀行6】

  15. 大間のマグロに合う日本酒はこれ!

PAGE TOP