新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

取材・文/北吉洋一

自宅で楽しめ、贈り物にも向く
“お取り寄せまぐろ”の逸品

まぐろは加工しても美味しい。老舗料亭の名物惣菜に、まぐろを使った削り節、独創的な加工食品など、取り寄せできる名品を選りすぐった。※表示価格はすべて税込みです。

■1:『季膳味和』(東京・中野の「ご馳走茶漬け 鮪のづけ出汁茶漬け」
――醬油ダレに漬けたまぐろと出汁が絶品

仕出し料理店による、まぐろのご馳走茶漬けである。醬油ダレに漬けられたまぐろは大振りで、これでご飯茶碗に2膳は食べられる。茶漬けにしなくてもまぐろを酒肴に、また出汁をかけずにヅケ丼にして食べてもいい。

【鮪のづけ出汁茶漬け】
5袋4860円(送料別)
電話:0120・030・668
FAX:0120・038・668
ネット通販はこちら

 

■2:『うを徳』(東京・神楽坂)の「鮪角煮」
――江戸前の料理の粋を集めたまぐろ煮物の白眉

『うを徳』は東京・神楽坂の老舗料理店。初代の徳次郎が泉鏡花に愛され、名作『婦系図』の「めの惣」のモデルになった。注ぎ足しながら長年使ってきた特製タレで、丁寧に炊き上げた、古き良き東京の味わいだ。

【鮪角煮】
225g2袋木箱入り4225円(送料別)
電話:03・3269・0360
FAX:03・3269・0373

■3:『串本食品』(和歌山県串本町)の「まぐろの生ハム」
――日本近海で獲れたまぐろを低温燻製に

まぐろのハムは全国にあるが、ほとんどがカジキを使用。この製品は那智勝浦で揚がったビンナガマグロを原料とする珍味である。ねっとりした口当たりの天然ビンナガの生ハムは酒肴として上出来だ。

まぐろの生ハム
スライス1パック480円、ブロック1400円(送料別)
電話:0735・62・5510
FAX:0735・62・4114

■4:『カネニニシ』(鹿児島県指宿市)の「まぐろ節糸削り」
――あっさりした中に上品な味の出汁が出る

日本の出汁といえば鰹かつお出汁が一番だが、まぐろ節の出汁も美味しい。鰹に較くらべるとあっさりと軽く、上品な出汁が引ける。また、そのままサラダなどのトッピングにすると、料理の味をぐっと引き立てる。日常使いしたい一品である。

まぐろ節糸削り
200g615円(送料別)
電話:0993・35・2323
FAX:0993・34・2963

■5:『下鴨茶寮』(京都市南区)の「きんぴらまぐろ」
――まぐろと牛蒡の出逢いが美味しさを生む

京都でまぐろの佃煮を作ると、このように洗練されるかという良き見本である。笹掻きにした牛蒡がまぐろの旨みを引き出し、佃煮の域を超える逸品となった。やや甘めの味付けで、そのまま食べても、ご飯の友としても、酒の肴としてもじつによい。

きんぴらまぐろ
1袋180g入り1836円、木箱入り3240円(送料別)
電話:075・692・2003
FAX:075・692・2002

■6:『羽床総本店』(神奈川県三浦市)の「本まぐろ大トロ味噌漬」
――大トロの脂と秘伝の漬け味噌が生みだす上々吉の味

カジキ味噌漬けが看板の店だが、贅沢なホンマグロの味噌漬けも旨い。刺身で食べられる新鮮な大トロを味噌漬けにした。食べるときは両面をさっと焼いてレアで味わう。

本まぐろ大トロ味噌漬
1切れパック2592円(送料別)
電話:046・882・2337
FAX:046・882・5389

取材・文/北吉洋一 撮影/高橋昌嗣

※この記事は『サライ』本誌2016年12月号より転載しました。情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 書家・岡本光平さんに聞いた「書」を創作して遊ぶ楽しみ
  2. 古来の名筆から書を磨く「臨書」基本の心得《動画あり》
  3. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ
  4. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ
  5. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ
PAGE TOP