新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

取材・文/北吉洋一

自宅で楽しめ、贈り物にも向く
“お取り寄せまぐろ”の逸品

まぐろは加工しても美味しい。老舗料亭の名物惣菜に、まぐろを使った削り節、独創的な加工食品など、取り寄せできる名品を選りすぐった。※表示価格はすべて税込みです。

■1:『季膳味和』(東京・中野の「ご馳走茶漬け 鮪のづけ出汁茶漬け」
――醬油ダレに漬けたまぐろと出汁が絶品

仕出し料理店による、まぐろのご馳走茶漬けである。醬油ダレに漬けられたまぐろは大振りで、これでご飯茶碗に2膳は食べられる。茶漬けにしなくてもまぐろを酒肴に、また出汁をかけずにヅケ丼にして食べてもいい。

【鮪のづけ出汁茶漬け】
5袋4860円(送料別)
電話:0120・030・668
FAX:0120・038・668
ネット通販はこちら

 

■2:『うを徳』(東京・神楽坂)の「鮪角煮」
――江戸前の料理の粋を集めたまぐろ煮物の白眉

『うを徳』は東京・神楽坂の老舗料理店。初代の徳次郎が泉鏡花に愛され、名作『婦系図』の「めの惣」のモデルになった。注ぎ足しながら長年使ってきた特製タレで、丁寧に炊き上げた、古き良き東京の味わいだ。

【鮪角煮】
225g2袋木箱入り4225円(送料別)
電話:03・3269・0360
FAX:03・3269・0373

■3:『串本食品』(和歌山県串本町)の「まぐろの生ハム」
――日本近海で獲れたまぐろを低温燻製に

まぐろのハムは全国にあるが、ほとんどがカジキを使用。この製品は那智勝浦で揚がったビンナガマグロを原料とする珍味である。ねっとりした口当たりの天然ビンナガの生ハムは酒肴として上出来だ。

まぐろの生ハム
スライス1パック480円、ブロック1400円(送料別)
電話:0735・62・5510
FAX:0735・62・4114

■4:『カネニニシ』(鹿児島県指宿市)の「まぐろ節糸削り」
――あっさりした中に上品な味の出汁が出る

日本の出汁といえば鰹かつお出汁が一番だが、まぐろ節の出汁も美味しい。鰹に較くらべるとあっさりと軽く、上品な出汁が引ける。また、そのままサラダなどのトッピングにすると、料理の味をぐっと引き立てる。日常使いしたい一品である。

まぐろ節糸削り
200g615円(送料別)
電話:0993・35・2323
FAX:0993・34・2963

■5:『下鴨茶寮』(京都市南区)の「きんぴらまぐろ」
――まぐろと牛蒡の出逢いが美味しさを生む

京都でまぐろの佃煮を作ると、このように洗練されるかという良き見本である。笹掻きにした牛蒡がまぐろの旨みを引き出し、佃煮の域を超える逸品となった。やや甘めの味付けで、そのまま食べても、ご飯の友としても、酒の肴としてもじつによい。

きんぴらまぐろ
1袋180g入り1836円、木箱入り3240円(送料別)
電話:075・692・2003
FAX:075・692・2002

■6:『羽床総本店』(神奈川県三浦市)の「本まぐろ大トロ味噌漬」
――大トロの脂と秘伝の漬け味噌が生みだす上々吉の味

カジキ味噌漬けが看板の店だが、贅沢なホンマグロの味噌漬けも旨い。刺身で食べられる新鮮な大トロを味噌漬けにした。食べるときは両面をさっと焼いてレアで味わう。

本まぐろ大トロ味噌漬
1切れパック2592円(送料別)
電話:046・882・2337
FAX:046・882・5389

取材・文/北吉洋一 撮影/高橋昌嗣

※この記事は『サライ』本誌2016年12月号より転載しました。情報は掲載時点のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 書家・岡本光平さんに聞いた「書」を創作して遊ぶ楽しみ
  2. 古来の名筆から書を磨く「臨書」基本の心得《動画あり》
  3. 保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ
  4. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ
  5. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ
PAGE TOP